teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


5月21-22日は、砂川一泊錬成会

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 4月19日(火)18時45分55秒
  皆さん、お元気ですか。

今年も恒例の「砂川一泊錬成会」を開催いたします。砂川市にある「北海道立砂川少年自然の家」で21日(土)午後1時から、22日(日)午後3時頃まで、居合三昧の時を過ごしていただきます。

各地区の剣連を通してお知らせが届くかと思いますが、時間・日程の調整をしていただき、ぜひとも参加していただければと思います。

各人の技量に合わせて指導が行われますので、「ついていけない」ということはありません。必ず何か「参加して良かった」というものを持って帰っていただくことを企画する側も願っていますし、参加される方々も「何か学び取ってやろう」という意気込みで取り組めば、たくさんの収穫が得られるはずです。

食事・宿泊料込みで2500円です。高いと思うか安いと思うかは、取り組む姿勢によって違ってくるでしょう。「毎年恒例の砂川一泊錬成会」ではありますが、当管理人は、「今年はいつもより多くのものを学び取るぞ」という気概で参加しようと思います。

皆さん、一緒に楽しみましょう。
 
 

居合道後期講習会、お疲れ様でした

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 2月 9日(水)17時27分42秒
  皆様、土曜日・日曜日に西区体育館で開催された後期講習会、お疲れ様でした。

とても熱のこもった講習会でしたね。やはり、真剣に体を動かして学ぶことは、学生時代から遠く離れたこの身にとっては、とても新鮮です。体は疲れますが、頭はスッキリと冴えきっています。この状態がずう~っと続けばいいのですが。

1日目の最後に行われた本年度の総会で、来年度からの居合道第二種の方法が変更になることが承認されましたね。いままでの北海道の昇段審査の規定は、おそらく日本で一番(?)難しいく制限がきつかったのでは?(はっきり調べたわけではありませんが。)

これまでの四段および五段の受審は、古流3本、全剣連居合4本の計7本を8分以内で演武することになっていました。古流も、もちろん全剣連居合も、技を指定されます。他県などで多く採用されている「古流の技は自由」というわけではありません。審査会の開会式が始まってから指定技は発表になります。ですから、古流についてはどの技が指定されても大丈夫なように勉強・練習しておかなければなりません。これは大変なことです。ですから「難しい」と上で表現したのです。

来年度からは、古流2本、全剣連居合3本の計5本となります。古流はそのまま「指定」されることなります。

指定技が減ったことで合格へのハードルは低くなったように感じるかもしれませんが、一概にそうとはいえませんよ。第二種の審査は「基本」だけではなく「練度」などの基本を超えた修行の深さや気持ちの在り方などの面からも審査されますので、それらを5本の中で表現しなければならないのです。さらに密度が濃くなると考えるべきでしょうか。

いずれにしても、合格レベルが低く簡単になったわけではなく、安易な気持ちで審査を受けても合格できないということです。稽古をたくさんするしかないのです。

皆さん(私も含めて)もっともっと、さらにもっと稽古をしましょうね。
 

新しい年です

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 1月 5日(水)13時06分3秒
  あけましておめでとうございます。

皆様、今年も新しい年が始まりました。

当管理人自身としては、なかなか進歩していないと感じるこの道ではありますが、
・止まらずに
・自分の頭で考え理解しながら
・ケガをせずに(ムリをしないで)
・病気をせずに(病気になっても早く回復するよう努力して)
・楽しく
・時には必死に(汗をいっぱいかきながら)
・多くの方々とお話しをして
趣味の居合道を続けていきたいと思います。

本ホームページをご覧の皆様も、それぞれの今年一年の目標をお持ちでしょう。その目標に向けて、また、頑張りましょう。

今年もどうぞよろしくお願いします。
 

Re: 道場稽古

 投稿者:崩四郎  投稿日:2011年 1月 3日(月)22時44分11秒
編集済
  m様、はじめまして。

m様が書いていらっしゃった下記のくだりがちょっと気になりましたので参考になれば、幸いです。

>モット地味に、こつこつと技を稽古して、10年後、自信を持ちて・・・




以前に自分の所の掲示板に載せた内容ですが「徒然草」の一節に下記のようなものがありました。


徒然草 第百五十段

能をつかむとする人、「よくせざらむ程は、なまじひに人に知られじ、内々(うちうち)よく習ひ得てさし出でたらむこそ、いと心にくからめ。」と常にいふめれど、かくいふ人、一藝もならひ得ることなし。いまだ堅固かたほなるより、上手の中にまじりて、譏(そし)り笑はるゝにも恥ぢず、つれなくて過ぎてたしなむ人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず妄(みだ)りにせずして、年を送れば、堪能の嗜(たしな)まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ人に許されて、ならびなき名をうることなり。天下の物の上手といへども、はじめは不堪(ふかん)のきこえもあり、無下(むげ)の瑕瑾(かきん)もありき。されどもその人、道の掟(おきて)正しく、これを重くして放埒(ほうらつ)せざれば、世の博士(はかせ)にて、萬人の師となること、諸道かはるべからず。

<訳>
技芸を身につけようとする人は、「下手くそな時期には、あえて人に知られまい。陰でよく練習して上手くなってから、人前で披露したほうが、格好がいいものだ」と、よく言っているようだが、こんなことを言っている人は、一芸も習得することが出来ない。

まだまるっきり未熟なうちから、上手い人達の中にまじって、けなされても笑われても恥ずかしいと思わずに、平然と押しとおして稽古に励む人は、生まれつきセンスがなくても、稽古を怠らず、自分勝手にせず、年月を過ごせば、上手いからといって稽古をサボっている人を追い越し、最後には名人と言われるレベルに達して、人望も十分にそなわり、人に認められて、比類のない名声を得るであろう。

 世に超一流といわれる一芸の達人といっても、初めは下手だという噂もあり、ひどい欠点もあったものである。けれども、その人が、技芸の道の規律を正しく守り、これを重視して、気ままにふるまうことがなければ、一世の模範となり、万人の師匠となることは、どんな分野であっても、かわりのあるはずがない。
 

ちょっと遅くなりましたが

 投稿者:管理人  投稿日:2010年12月 4日(土)08時20分5秒
  フォトギャラリーのページに、11月3日に行われた「札幌北区剣道連盟居合道練成稽古会」のページを登録しました。

写真はもちろん、コメントをお送りいただきましたK先生、ありがとうございました。お送りいただいた写真の一部ですがご紹介させていただきました。

道内の剣道連盟の方々へお願いです。
居合道の講習会や大会や錬成会の写真とコメント(写真だけでは内容がよく判りませんのでコメントがどうしても必要です。説明・解説文で結構です。)を居合道部会へお送りください。

多くの方々に自分達の活動を知ってもらう一助になればと思っています。
 

お二人の先生が六段に合格!!

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月22日(月)19時34分54秒
  先週土曜日に東京で開催されました、居合道六・七段審査会において、北海道から2名の先生方が六段に合格されました。

先生方、おめでとうございます。

今後もどうぞご指導をよろしくお願いいたします。
 

Re: 道場稽古

 投稿者:田舎侍  投稿日:2010年11月12日(金)09時52分9秒
  m様、はじめまして。
私自身、一人で稽古をしていますが、正直限界が有ります。
一人で地味にコツコツと稽古をすると技が時代遅れになります。
そして、変な癖がついて、いざ講習会などに出た時には、基本から注意を受けることになります。

私自身、10年近く、道場で一人で練習し、講習などにも参加していませんでしたが、
5年ほど前から講習や大会に出るようにしました。
講習に出るようになった当初は、「技が時代遅れだ」と何度も注意されました。
最近は、技が何とか時代に追いついたようですが、今度は基本的な所を注意されています。
しまいには冗談でしょうが「現在の段を返すか?」などと言われます。

一人でコツコツと稽古をするのは、あまりいいことはありません。
自分の技を見てもらうことも大事ですし、他人の技を見るのも稽古です。
大会の応援などは強制ではないと思いますが、できる限り見に行った方がいいのではないでしょうか?

現在やむを得ず、一人さびしく稽古をしている者の愚痴でした。
 

Re: 道場稽古

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月 8日(月)18時11分9秒
  m様、書き込みをありがとうございます。

いろいろな考え方がありますよね。

普通の指導者ならば、自分の関与する道場で学ぶ人達を「自分の子供」のように思っておられるはずです。年齢など全く関係なく。たくさん稽古して、早く上達して欲しいと願っているはずです。

自分に子供がいたら、どうなって欲しいと考えますか?

いろんなことを見て聞いて体験して、たくさんの事に挑戦して多くの失敗をして、恥をかいて、世間の荒波にもまれて、ゆくゆくは立派な大人になって欲しいと親は願うものでは?

家の中でウジウジしていないで、多くの人と議論し自分の実力を確認し、他の人の良いところを吸収し、帰ってきた時には見違えるように成長していて欲しいと、親は思うのでは?

それと同じようなものではないでしょうか。

昇段審査や大会への出場などを「いろいろな義務」とネガティブに受け取るかどうかは別にして、視野を広げる意味でもフットワークを軽く、脳みそをリフレッシュするためにも多くの人と会い情報交換し、自分の目指す先輩の居合を自分の目に焼き付ける。

趣味として始めた居合道であれば、発想を転換してポジティブに受け止めてみませんか。

もちろん、他人との関係を絶って一人で稽古するのも面白いかも知れませんね。でも、多くの指導者は、上のように子供達の成長を願うタイプだと思いますので、一人で稽古するためには専属の先生を雇い入れる必要があるのでは?

道場で稽古したいのであれば、その道場での代表者・指導者の意向にあからさまに反することはやはり慎まなければなりませんね。その道場に馴染まなければ、自分だけの場所を確保しなければなりません。自分の家に道場を作るとか、自分だけで公共の場所を借り切るとか。公共の道場を個人的に借りるのは不可能ではありません。安いところを借りて、私も以前、一人で稽古していましたから。

> そんな稽古をゆるしてくれる道場、先生はおられますでしょか?
というm様の問いかけには、残念ながら当管理人は回答を持っておりません。

m様にとって、良い先生・道場が見つかるといいですね。
 

道場稽古

 投稿者:m  投稿日:2010年11月 8日(月)10時20分10秒
  道場稽古をしたい。でも、団体に参加すると、いろいろな義務が生じる。大会の応援、参加、昇段試験。

それも、指導者側の経験から、参加者の指導上に効果あると判断されてのことかもしれません。
でも、モット地味に、こつこつと技を稽古して、10年後、自信を持ちて、団体の行事
等に参加したい。

そんな稽古をゆるしてくれる道場、先生はおられますでしょか?

老人より。
 

「皆様の安全のため」の「皆様の」がなくなった

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月 6日(土)17時41分43秒
  先日、飛行機に乗った。着陸後のアナウンスに注目していた。札幌・東京往復のANAの便でした。

9月に乗った時には「皆様の安全のため、シートベルトは・・・・」という大きなお世話(黒羊さんの表現)のアナウンスではなく、「安全のため、シートベルトは・・・・」と言っていました。「皆様の」という言葉は聞きませんでした。いつ、変更になったのでしょう?

もしかしたら、この居合道部会のHPをANA関係者のうち何人か見ている人がいて、機内アナウンスに変更を加えたのでしょうか。それほど影響があるのでしょうか、このHPは?

・・・・・などと、変なことを考えています。
 

レンタル掲示板
/43