teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


てす

 投稿者:てす  投稿日:2016年 4月20日(水)19時38分28秒
  てす  
 

越百山②

 投稿者:hiro,h  投稿日:2015年12月21日(月)23時10分7秒
  前掲の訂正と追加です
①南アルプス全景の富士山は中央より右側です。訂正いたします。
日の出の瞬間二枚の映像です。
①6:57日の出直前
②6:58日の出の瞬間
③モルゲンロート(朝焼け)の仙涯嶺、南駒ヶ岳、コルに少し見えるピークは赤なぎ岳
山の写真としては日の出の時のバラ色に染まる雪山が最も美しいと思います。
 

中央ア・越百山

 投稿者:hiro,h  投稿日:2015年12月21日(月)22時54分54秒
  今年は雪が少なくラッセルのリベンジを考えていましたが、ワカンは全く不要でした。
当然夏時間よりも少し早めに行動は終えて、小屋での食事は盛り上がり、翌朝の越百山山頂には30分以上早く到着、ご来光までの待ち時間が長く寒かったですねー。しかし風も弱かったのでラッキーでした。
12月20日越百山からのご来光は、6:57悪沢岳の肩から出てきました。6:45頃を想定していましたが、三伏峠側の低いところからのご来光であればもう少し早く日の出になったのでしょうね。
今年の初めに膝を痛めて、トレーニング不足の私ですが、みなさんに助けていただきまた越百山を踏むことができました。季節の良いころ、越百から仙崖嶺、南駒ヶ岳を回って縦走したいですね。今回の登山口福栃橋へ集会のコースなので、1泊二日です。
写真の説明
①越百山山頂からの南アルプス前景です。真ん中より左に富士山はわかると思います。富士山の左が塩見岳、右が悪沢岳です。北の甲斐駒、鋸岳~光岳まで、地図を元に山座特定してみてください。
②山頂で日の出を待つ仲間
③テント撤収、朝食を終えて下山開始前に集合写真を
 

平日山行 三上山

 投稿者:ミーコ  投稿日:2015年12月16日(水)10時26分25秒
  12月というのに快晴の紅葉日和、三上山(近江富士)に登ってきました。
①縦走路は後ろからずーっと三上山がついてきます
②三上山でのショット
③古代峠の石門
 

11/13虫倉山続き

 投稿者:山人  投稿日:2015年11月27日(金)17時49分18秒
  山頂で中条山岳会の方と出会いました。
上:崩壊のあと 中:天狗の大下りから白馬三山 下:鹿島槍から五竜です この日は天気に恵まれました
 

地震1年後の11/13虫倉山

 投稿者:山人  投稿日:2015年11月27日(金)17時40分0秒
  旧中条村(いまは長野市に合併)にある虫倉山。白馬からは長野市へ向かう途中に小川村を越え、旧中条村に入ります。里山としては展望がよく人気の山です。私は2度目ですが、同じルートを6人で。実は地震でルートが限られていたとは知らず、たまたま前回と同じ比較的優しいルートを選択。去年の地震は白馬村の被害が大きかったので、マスコミでは長野市などほとんど報道されていませんが、善光寺あたりまで被害が出ています。
上:山頂の半分が崩壊 中:山頂にクラック(人は大町労山のKさん) 下:立ち入り禁止の看板
 

黒小道は黒河道が正解

 投稿者:Hiro.H  投稿日:2015年11月25日(水)17時19分33秒
  投稿してしまって気が付きました。
黒河道(クロコミチ)は地元の高野山への昔の道を守り保存するために整備ができ今年「雑事登り」を一般募集し高野山へのお供えものを高野山高校の野球部の学生が籠に入れて担ぎ上げました。
又来年も取り組まれるのかもしれませんが、私はこの道沿いにあった桂の古木に花が咲く4月1日前後に訪れたいと思います。
写真は桂の古木で階段まで作られていて、由緒ある桂です。
 

お助けセットトレと黒小道

 投稿者:Hiro.H  投稿日:2015年11月25日(水)17時00分50秒
  お助けセットが宝の持ち腐れにならないように、そのための山行を組みましたが、旗尾岳への登りは一般道、下りは訓練地へ直行の地図読み下降、夜はビバーク。翌日は橋本駅から高野山へ登る「黒河道」をたどりました。なかなか充実した2日間の行動でした。
写真は①旗尾岳山頂にて。この山頂の稜線は「府庁山」十字峠をへてダイトレ「金剛山」へと続く稜線でもあります。
②訓練の成果あり初心者も懸垂下降が上手になりました。
③高野山へは子継峠からたどり着き、奥之院手前の大杉にて、8時から歩き始め奥之院には15時過ぎまでの7時間行動でした。
 

笠置山

 投稿者:わらじ  投稿日:2015年11月15日(日)19時26分22秒
  ②みんなで石を動かしてます。
 

平日山行 笠置山

 投稿者:わらじ  投稿日:2015年11月15日(日)19時18分44秒
  ①柿の収穫お手伝い
 

たまには、こんな1日も・・

 投稿者:YU-KOりん  投稿日:2015年11月11日(水)22時42分27秒
  「日本2百名山ひと筆書き~グレートトラバース2~」に挑戦中の田中陽希さんが9日金剛山へ登り10日はノースフェイス堀江店に来店、交流会が開催されるとHiroさん、Mi-koさんからお誘いを受け、行ってきました。200名を越す人たちとの握手会の後、質問を交えての交流もあり、偶然にもすぐ目の前でお目にかかることができ(決して人を押しのけて前に行ったわけではありません)Mi-koさんも「着替えはどうされているのですか?洗濯はどうされていますか?」と質問していました。午後はあまちん、タルタル、7ちゃんと難波のクライミングジム・グラビティリサーチで合流、13時~17時まで楽しくトレーニングしてきました。たまには仕事をサボってこんな1日もいいものです。。。

①大阪のおばちゃんのパワーはすごいと話されている陽希さん
②ビレー検定合格のため特訓中のタルタル、登っているのはMi-koさん
③余裕のHiroさんと7ちゃん
 

会創立50周年無事終了

 投稿者:Hiro.H  投稿日:2015年11月 8日(日)17時31分16秒
  会員みんなの協力で、50周年のイベントは無事終了しました。会創立の山「岩湧山」は紀見峠駅を出るころはポツリポツリと雨が降り出しまずいなと思いつつも、元気に出発。山頂に着く頃には雨も上がりました。山頂は大勢の登山者が昼食のために大勢が集まっている。写真を撮る場所がない。しょうがないので山頂方面をバックに全員集合、OBのメンバー5名は先に到着、私たちの到着を待っていました。
紀伊見荘へ下り汗を流した後4階で50周年レセプションを粛々と進め、乾杯と会食は2階へ会場を移してにぎやかに交流を深め、セーラー服のアトラクションも交え、大変な盛り上がりでした。集まった仲間と楽しい思い出のほんの一部を紹介します。
①A班登山道入り口の紅葉にて
②山頂にてOBの方も一緒に
③楽しい仲間のアトラクション、祝賀パーティの一幕、お疲れ様でした。百周年も大丈夫
 

10/10燕岳

 投稿者:山人  投稿日:2015年10月29日(木)10時05分59秒
  UPの順番が違うけど10/10(土)、3連休の初日日帰りで燕へ。駐車場は満杯。山麓登山者用Pにおいてタクシー分乗。6000円3人で割り勘(帰りはバスで1200円)。バスの時間を気にしながらの行程はきゅうくつです。この日の天気予報はいいはずだったのに、明るい曇り。まあまあでした。  

雪彦山

 投稿者:クライムひろちゃん  投稿日:2015年10月27日(火)08時12分22秒
  夏に中級コーチの小山内さんと竹やんと雪彦山にクライミングに行きました。
後ろは不行岳(いかずだけ)かな?
 

ダイトレ縦走大会

 投稿者:親バカひろちゃん  投稿日:2015年10月26日(月)13時58分59秒
  親子で完走!いつか孫も一緒に参加したいなぁ!
 

弥山川

 投稿者:かんちゃん  投稿日:2015年10月25日(日)23時27分15秒
編集済
  10/23夜~25大峰山系の弥山川へ6名で。弥山川は紅葉真っ盛り。弥山名物の長大鉄梯子や、鎖梯子など楽しい工程。双門を見物して狼平へ。谷では沢山のイワナ。同宿の留学生と交歓。アタック朝は0℃雲中強風のため山頂はあきらめて下山し天女の舞へ。二日間全行程を経験浅いメンバー先頭で実践読図。
①双門探訪②同宿ゆかいな留学生達③冬支度の天女の舞。
 

10/6栂池自然園の紅葉

 投稿者:山人  投稿日:2015年10月23日(金)23時33分39秒
  2週間以上前の撮影です。自然園は平日でも観光客でいっぱい。ビジターセンターの話では、この時期だけ、つまり紅葉の時期だけ。紅葉祭りは最盛期を過ぎていました。
田の写真は、30daysをごらんください。
 

湯俣2

 投稿者:山人  投稿日:2015年10月23日(金)22時06分35秒
  上:吊り橋の板は崩壊し、ワイヤー直下の角材に足をおいて渡る。
中:結構急流で、深い。徒渉できません。補助ロープを持って行きましたが、あきらめました。
下:晴嵐荘の小屋番は買いだしに出て、帰ってくるまで温泉はフリー。いい湯でした。
憤湯丘近くの川原で所々湯気が出て、手を入れると50度くらいでしょうか、風呂温度よりかなり高く火傷します。
 

10/16クラシックルート

 投稿者:山人  投稿日:2015年10月23日(金)21時58分35秒
  槍北鎌尾根のクラシックルートの入山口湯俣へ。今年からレンジャーで東京電力から許可証をもらって車止めまで入れるようになり、入山が近くなったので行ってきました。
上:こんな感じで壊れた橋を渡っていく
中:崖の横はホールドがあるようでない、無いようである。下は急流。
下:憤湯丘はこんな感じです。残念ながらそばまで行けず。
 

初冠雪2

 投稿者:山人  投稿日:2015年10月23日(金)21時37分19秒
  上・中:白馬三山 下:雲海の間に白馬鑓と杓子岳
 

レンタル掲示板
/77