投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 白内障手術

 投稿者:hino  投稿日:2016年10月28日(金)23時08分51秒
返信・引用
  > No.1631[元記事へ]

Kさんさんへのお返事です。


ご無沙汰しております。相変わらずパワフルに描いておられますね。田久日の甍の波、いいです。洗濯物やタオルなど小道具も絵を引き締めているような気がしました。

Kさんも2013年に手術されたのですか、私の今井町スケッチに同行していただいたのが2012年なので、その翌年ということですが、そういうアクシデントをまるで感じさせないように更新されていたのだと思うとあらためてその情熱に感じ入ってしまいます
私もそろそろとは思うのですが、気がついたらもう冬の気配、どうしたものかと思案投げ首です

http://ameblo.jp/blog1510

 

白内障手術

 投稿者:Kさん  投稿日:2016年10月27日(木)18時01分38秒
返信・引用
  しばらくブログの更新もないのでどうされたかなと心配していたら、白内緒の手術をされたようですね。私も2013年に手術し、翌日眼帯を取ったときの感激が忘れられません。もっともその後、涙目になるなど、いろいろありますが、私の場合は車の運転に不都合があるぐらい見えなくなっていましたので、その後、スケッチ意欲も出ました。
また、スケッチの新作を期待しております。
 

Re: お洒落な街角スケッチ展

 投稿者:hino  投稿日:2016年10月26日(水)13時00分21秒
返信・引用
  > No.1629[元記事へ]

さっぽろ やまぐちさんへのお返事です。


白内障の手術やなんかで、しばらくパソコンから遠ざかっていて失礼しました。(__)

服部久美子さんとは喜多先生のクロッキー教室でお会いしていたので今回案内ハガキを出し、来ていただきいろいろお話させていただきましたが、さすがにこの世界での有名人でいろいろな方から挨拶されたりして30分ぐらいご一緒させていただきました
絵のほうはヨーロッパのほうにスケッチ旅行の先生として同行することはあっても、あまり早く描ける方ではないので皆さんの絵をみてまわるほうで手いっぱいで、ほとんど描いていないとのことでした
画集のほうも予定はしているのだけど、この不況で出版社のほうがなかなか決断してくれないでいるとのことでした

http://ameblo.jp/blog1510

 

お洒落な街角スケッチ展

 投稿者:さっぽろ やまぐち  投稿日:2016年10月17日(月)19時43分27秒
返信・引用
  「午後の自由時間」の記事を読ませて頂きました。「お洒落な街角スケッチ展」遠くて観れないのが残念です。記事の中に服部久美子氏の名前があり羨ましくなっての投稿です。手元に「淡彩で描く街角スケッチ」、「現地で役立つスケッチ術」、「人物スケッチ…」などを持っていて、どんな方かなーと思いつゝ模写させてもらい、ブログに載せました。刺激があっていいですね。私はマンネリ化して要注意中です。ゴチャゴチャしていますが一枚貼らせて下さい。

http://machiinokeshiki.blog13.fc2.com/

 

Re: ご無沙汰しておりますが、

 投稿者:hino  投稿日:2016年 7月 4日(月)17時21分44秒
返信・引用
  > No.1627[元記事へ]

さっぽろ やまぐちさんへのお返事です。

ご無沙汰しています
これは札幌車両基地ですか
私ももう何十年も前ですが、札幌に向かう途中函館で乗り換える時に跨線橋の上からこんな景色を写真に撮ったことがあります。線路って旅情を誘ってくれていいですね

私もきた先生の絵にひかれて「東京を描く会」や「彩の国を描く会」で何度か先生の横で描いたことがあります。立ったままで、和紙に下描きなしでいきなり描かれ、着色はその場にしゃがんでされて椅子も使いません。サイズにしてF10ぐらいはあると思いますが、1時間半ぐらいで出来上がります
とても真似できませんでしたが、もうそれも見ることが出来なくなりました

こちらは梅雨の真っ最中で、今は稲光がなって時々ゴロゴロとすごい音がしています
早く梅雨明けしてほしいのですが、ダムのほうにはあまり水が溜まっていないみたいです

http://ameblo.jp/blog1510

 

ご無沙汰しておりますが、

 投稿者:さっぽろ やまぐち  投稿日:2016年 7月 3日(日)16時48分59秒
返信・引用
  ときどき覗かせていただいております。
先日久しぶりに喜多としたか氏の検索をしてみて知ったのですが、
昨年10月にお亡くなりだったんですね。
「珍駝の酒」はじめ数冊の画集を通じて勉強させてもらい、機会があったら、
東京を描く会などでお見かけしたかったのですが残念です。ここ2,3年周りの人が先に逝っています。これから暑さ益々でしょう。ご自愛ください。モノですが貼らせてください。

http://machiinokeshiki.blog13.fc2.com/

 

Re: 川越

 投稿者:hino  投稿日:2016年 5月 4日(水)00時03分18秒
返信・引用
  > No.1625[元記事へ]

Kさんさんへのお返事です。

川越もまだ京都ほどではありませんが、人力車も目立つようになったし、着物姿の若い女の子がちらほら見られるようになりました。なんだか日本の観光地は東南アジアパワーが席巻しているような感じですね。このブームが過ぎ去ったら観光地は閑古鳥が鳴き始めるのではないかと他人事ながら心配になります

季節の移り変わりは本当に早くて、今日は久しぶりに「東京を描く会」に出席し東京駅を描いてきましたが、もう木陰で描くような季節になっていました。
そうですね、私の場合もホームページに絵がアップできなくなって〝描かなければならない〟という気持ちが薄れ、これまで以上に気楽に描けるようになったような気がしています。

http://ameblo.jp/blog1510

 

川越

 投稿者:Kさん  投稿日:2016年 5月 3日(火)07時34分14秒
返信・引用
  久しぶりに川越に行かれたようですね。大変な観光客の数だと思います。円高が進んでいますので、インバウンドブームもしぼむかも知れませんね。

スケッチに行かなくなると、再開するのは億劫なものですね。私の場合はとにかくホームページの更新を絶やさないことだけを目指してスケッチを続けています。馬鹿みたいな動機ですが、これをやめれば退屈すること間違いなしですから。
 

Re: 産寧坂

 投稿者:hino  投稿日:2016年 2月17日(水)18時06分52秒
返信・引用
  > No.1623[元記事へ]

Kさんさんへのお返事です。

Kさんが描かれたころはまだ枝垂桜も緑の葉っぱを残していたけど、そのわずか3か月あとにはもうすっかり枯れ木で何の木だかわからないまま描いていました(^^ゞ  それにしても凄い人込みで気にしないつもりでいてもやっぱり疲れますね。新潟の棚田を描いているときが懐かしくなりました

新しいパソコン引っ越しが完了し新しい絵がアップされましたね(^^♪ おめでとうございます!(^^)!
私もつい1年前にウィンドウズ8,1になった時、ジャストシステムに変わったことを知り、えらい苦労したものですからその達成感よくわかります。お疲れさまでした。
この年になってああいう苦労はもう2度としたくないというのが実感でした(´・ω・`)

http://ameblo.jp/blog1510

 

産寧坂

 投稿者:Kさん  投稿日:2016年 2月17日(水)07時29分6秒
返信・引用
  私自身はパソコンが壊れ、懸命に乗り換え作業をしていますが、京都へ行かれたというhinoさんの絵がいつ登場するのかと首を長くして待っていました。

産寧坂は最近外国人観光客で溢れかえっています。舞妓姿や着物姿の男女でも言葉は日本語ではありません。考えてみたら日本人のペアが着物姿でうろうろするなんて、正月以外ではあまり考えられませんよね。また、昼間にあんなところを歩く舞妓なんて入るわけがありません。
 

/78