teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


第28回、三頭山登山(3)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月18日(土)10時57分22秒
返信・引用
  写真上、中、下山途中の紅葉。
写真下、平泉寺南谷の中世の発掘現場を見て来ました。石垣、石畳が再現されていました。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 
 

第28回、三頭山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月18日(土)10時51分45秒
返信・引用
  写真上、三頭山山頂。
写真中、三頭山山頂から見るスキージャム勝山、ベース基地。手前の紅葉が綺麗。
写真下、下山途中の紅葉。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第28回、三頭山登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月18日(土)10時46分22秒
返信・引用
  前回の法恩寺山の下の部分に当たる平泉寺からの越前禅定道を三頭山(みつがしらやま・778m)までを歩いて来ました。早朝まで雨が降っていて、どうしょうかと思いましたが福井を出発する頃には青空も覗いて来ました。
平泉寺の石段の境内を歩いて行くと青々とした苔の庭園となり幾つかの社が立っている。拝殿を見学しながら最奥の三の宮に着く。この後ろの金網を開けて禅定道の山道になって行く。ここでコースは2手に分かれるが、左の沢沿いのコースを行く。明け方の雨で水が多く、草も濡れていたので靴は泥だらけになったが、傾斜が緩いので正しい選択だった。
その後、尾根道からのコースと合流して1時間半で小雪の残る山頂に到着した。ここからはスキージャム勝山が見渡せるように伐採されていて、ベンチも設置されていた。
寒いのでお湯を沸かしてカップ麺の昼食と食後のコーヒーで温まった。青空が出ていたが、やはり山は寒い。帰りは尾根コースで下りて行ったらモミジやカエデの紅葉で綺麗だった。
余り名前はメジャーな山ではないが、紅葉の綺麗な山道だった。帰って来たら平泉寺の観光客が増えていた。

写真上、平泉寺の入り口。
写真中、左側の白く見える谷川沿いの山道を上がって行く。
写真下、三頭山手前の分岐点。右へは法恩寺山へと続く。三頭山は左へ、雪が残る。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第27回、法恩寺山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月13日(月)22時39分46秒
返信・引用
  写真上、法恩寺山頂上から見る白山。
写真中、白山をズーム。右手前の山は大長山。
写真下、伏拝みから白山を見る。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第27回、法恩寺山登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月13日(月)22時31分31秒
返信・引用
  勝山市のスキージャム中腹の林道を行き、中の平からの法恩寺山(1,360m)登山に行って来ました。
この登山口からだと法恩寺山頂上まで1時間、そこから先の伏拝みまで20分で到着。お手軽登山だ。
福井市上空は雲があったが、奥越は雲無し青空。経ヶ岳は冠雪していた。法恩寺山も登って行くと薄らと雪化粧している。平凡な山だが県外ナンバーの登山者の車が多かった。
頂上には新しく山頂標柱や櫓の展望台が設置されていた。そこから冠雪している白山が青空にくっきり見えて素晴らしかった。雪で滑らないように少し下って伏拝みまで行って昼食にした。
手前の経ヶ岳、赤兎山、大長山、取立山などを眺めて、次は何処の山にしようかと話し合っていた。

写真上、登り始めて直ぐに登山道脇が雪化粧していた。標高は1,000mを越えていた。
写真中、この登山道1番の急登を上がる。
写真下、法恩寺山頂上。真新しい大きな標柱と櫓の展望台。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第26回、三ツ谷ー小原峠(3)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月 6日(月)16時07分15秒
返信・引用
  写真上、崖の淵を行く所もある。
写真中、小原峠の地蔵祠前で拝む。
写真下、目的地の小原峠に到着。安堵で一安心する所でもある。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第26回、三ツ谷ー小原峠(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月 6日(月)15時55分18秒
返信・引用
  写真上、登山道の紅葉。黄色はミネカエデ。
写真中、川上御前社の祠の前で休憩。
写真下、沢の上流に行くと渡渉が何回かあった。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第26回、三ツ谷ー小原峠(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月 6日(月)15時47分49秒
返信・引用
  三ツ谷から小原峠を経由して赤兎山に登る予定だったが、登山口までの林道が台風の影響でどうなっているか分からないので、林道を歩きに変更した。なので最終目的地を小原峠までに変更したのだった。しかし、実際歩いてみて通行に支障となる落石や倒木箇所は無かった。
谷川の両サイドの紅葉を眺めながら1時間林道を歩いて登山口に着いた。そこから沢を渡渉して山道に入る。標高が上がると期待していた紅葉は終盤になっていて枯れている木が多くなった。以前はこの時期で紅葉盛りだったのだが、どんピシャリの時期を当てるのは難しい。
登山道にも倒木を切って除去した跡が何ヶ所かあった。整備してくれたので感謝です。
1時間10分で小原峠に到着、木々の間から見える冠雪した白山が青空に映えて綺麗だった。少し大長山方向に行って昼食とした。昼食休憩を45分とり、下山した。帰りの林道も長く感じた。

写真上、冠雪した白山を背に林道歩き。
写真中、林道終点に広い駐車場がある。
写真下、登山口へ沢を飛び石伝いに渡渉。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第25回、矢良巣岳登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月 3日(金)18時05分5秒
返信・引用
  時間的に昼食には早いので、越前海岸へ林道を下りてみる事になった。舗装された林道だが頂上から海岸までは5,5kmあるように看板に書かれていた。途中山肌に梅林が続いていた。林道はぐねぐね廻り込んでいて長く感じた。下りだが1時間半掛ったように思う。
河野村今泉地区に下りて、海岸の公園の東屋で12時半に昼食となった。皆帰りの辛さが心配になった。帰りは谷川沿いを行く馬借街道を歩いて戻る事にした。以前ウオーキングでこのコースを歩いているので心配はしていなかった。だが台風の影響で道が荒れていたのが難だった。
谷川に沿って遡るのでちょっとした峠越えである。このコースも意外と長く感じて、皆さんバテ気味。林道に出た所で、乗用車が来たので頼み込んで乗せて貰った。疲れていたので助かった。
やはり計画に無い事をすると、勢いでオーバーワークになりがちなので注意が必要だ。
ー終りー
写真上、林道出口。海辺の漁村という風景だ。
写真中、海岸の東屋で海を見ながら昼食。
写真下、馬借街道入り口。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第25回、矢良巣岳登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年11月 3日(金)17時26分53秒
返信・引用
  越前海岸の山・矢良巣岳(472m)登山に行って来ました。台風一過で青空の日でした。
越前市坂口地区からの登山でつい先日、この山やこの近辺を通る馬借街道でトレイルランがあったので登山道は整備されていました。それに標識も分岐点に立派なものが立てられていました。
40分で西部林道と合流し、300mほど歩いて右の登山道へ入り20分で山頂へ。登山口から合計1時間で山頂着。山頂は刈り払われて広く、大変見晴らしが良い。正面に鬼ヶ岳、右側に越前市、鯖江市の町並み。遠くは初冠雪した白山が望める。ここには1等3角点が埋設されていた。
ここの景色を堪能して尾根沿いに南方面へ行くと東屋があった。ここからは日本海が一望でき、敦賀湾、若狭湾の奥に丹後半島が延び、青葉山まで見る事が出来ました。
ー続くー
写真上、登山口の標識。登山口を示すものと、トレイルランコースを示すものと2つあった。
写真中、山頂で標高が低いのに1等3角点があるのに驚く。
写真下、尾根南側の東屋に座って敦賀半島、若狭湾方向を見る。
   (写真上でくっくすると拡大して見れます)
 

レンタル掲示板
/105