teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ロードバイクで登山口を下見

 投稿者:代表  投稿日:2017年 6月21日(水)17時39分43秒
返信・引用
  越前海岸の山・下見パート2で、福井市内自宅から国道416号線を佐野町経由で鷹巣海岸に出て、国道305号線を南下、鮎川、大味と海岸線を進み、大味から県道6号線で殿下、宿堂方面に向けて内陸部に入って行く。福井市内は猛暑の予報が出ていたが、海岸線は海風が吹いていて涼しい。
殿下の集落手前で金毘羅山(624m)に入って行く林道4号線を発見。だが道幅が1車線分しかなく、落ち葉も結構落ちているので進入することは止めた。県道に戻って殿下から武周ヶ池へ4,2kmの標識があったので行って見る。登りが続くので長く感じた。池の上流に行くと越知山へ3,6kmの標識があった。歩いて3,6kmは長い。う~ん、このコースはパスだな。
県道への戻りはダウンヒルなので、あっという間に県道分岐に着いた。11時45分だったので、殿下かじかの里レストランで1,000円のランチバイキングで腹一杯食した。
帰りは宿堂までの緩い登り坂が苦しい。そこの峠を過ぎると清水町までダウンヒルで高速区間は楽しい。それに福町への平坦区間も追い風だったので楽だった。
走行距離74km。
写真上、鷹巣海岸から左奥の亀島を望む。
写真中、大丹生の海岸線にある弁慶の洗濯岩。
写真下、殿下かじかの里・レストラン。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 
 

登山口を下見にロードバイクで(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 6月18日(日)16時52分29秒
返信・引用
  写真上、左奥方向に若須岳登山口。
写真中、登山口に咲いていたスハマソウ?
写真下、解雷ヶ清水の入り口。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

登山口を下見にロードバイクで(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 6月18日(日)16時41分18秒
返信・引用 編集済
  越前海岸にある山を下から登る企画確認の為にロードバイクで登山口を見に行って来ました。
これらの山は西部林道が走っているが、自動車で登ってしまっては登山者としては面白くない。
越前市中心部の体育館駐車場まで自転車を車に積んで行って、ロードバイクを組み立てて出発。
国道8号線の春日野から県道205号線に入り、中津原の坂口小学校横から山の方へ行くと突き当たりに矢良巣岳(472m)の登山口標識があった。ここまで登り坂中心で辛かった。
続いて、県道206号、19号線と進んで白山(しらやま)地区に入り金華山(397m)を下見。グリーンランドのキャンプ場やコテージが並んでいたが、登山道は草刈りがなされていなかった。
サクランボ狩りのハウスが並んでいてお客さんが沢山来ていた。
金華山グリーンランドの中を西部林道が貫いていて、2,2kmの林道をダウンヒルして県道3号線に下りて直ぐに菖蒲谷町の天城山(てんじょうやま・451m)の登山口標識を見つけた。少し登ってみたが、綺麗に草刈りされていた。
続いて二階堂町に移動し、若須岳(664m)の登山口を確認した。階段状に整備された山道が見えたので安心した。二階堂町はトンネルを潜ると直ぐ越前海岸である。トンネル手前にある解雷ヶ清水まで行って引き返した。越前市内に戻ってボルガライスを食して帰った。
これらの山は日本海側と白山等東側の景色が良いとのことで、秋の登山計画に入れよう。
自転車の走行距離45km。

写真上、左奥に矢良巣岳が見える登山口。
写真中、金華山グリーンランドの絵看板。
写真下、天城山の登山口。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第9回、取立山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 6月14日(水)22時40分49秒
返信・引用
  写真上、こつぶり山(1,264m)頂上。
写真中、雲が流れた、斑模様の白山をズームアップ。
写真下、大滝周辺はより一層新緑が綺麗だった。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第9回、取立山登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 6月14日(水)22時28分56秒
返信・引用
  地球温暖化による水芭蕉の開花は年々早まり先月末に終わってしまったが、遅ればせながら新緑の取立山(1,307m)に登山に行って来ました。取立山は冬のイメージが強いが、上の駐車場まで林道を車で上がると、頂上まで1時間20分なのでハイキング的に楽な登山が出来るので初心者や脚力の弱い人には好まれている。それに山道も広い。(平日は駐車料金の徴収が無かった)
この時期に来て、冬の直登をしたコースを見上げたら、急登だったのを改めて実感した。
1時間15分で山頂に着き、斑模様の残雪の白山をバックに集合写真を撮って、取立平の水芭蕉群生地に行った。葉っぱが大きくなっていて花はほとんどが終わっていたが、沢水が流れている所に2輪のみ咲いていた。
其の後、こつぶり山に登り返してより近くなった白山を眺めながら昼食にして、まったりした。
女性陣はここの山頂でワラビ採りに精を出して、かなり多く摘んでいた。
帰りは岩場の急下りがある、涼しい大滝コースで下って1時間15分だった。
勿論、水芭蕉温泉に寄ってすっきりして帰りました。

写真上、上の駐車場の登山口。
写真中、取立山頂上。
写真下、花が残っていたお化け水芭蕉。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第8回、武奈ヶ岳登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 6月 5日(月)14時47分26秒
返信・引用
  写真上、ドウダンの赤い実と後方に武奈ヶ岳。
写真中、頂上から見る琵琶湖。琵琶湖の中央部。
写真下、頂上から見る琵琶湖。琵琶湖の北側(湖北)と手前の町は高島市。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

第8回、武奈ヶ岳登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 6月 5日(月)14時37分34秒
返信・引用
  滋賀県大津市にある日本200名山「武奈ヶ岳、1,214m」に登山に行って来ました。登山口は坊村明王院である。福井から北陸道、舞若道を上中ICで下りて熊川宿横を通り、国道367号の鯖街道を南下する事2時間で着いた。朝早かった(6時出発)ので交通量が少なかったのが幸いした。大きな駐車場があったが半分ほど埋まっていた。
前山846m峰まで上がるのが九十九折れの急登で辛かった。いつまで続くのかと思うほど長かった。植林され間伐された杉林が綺麗で、上部はブナ林やモミジで秋も綺麗だなと思った。
御殿山(1,097m)まで2時間5分、ようやく武奈ヶ岳本峰が見えてきた。ワサビ峠に一度下って、登り返して40分で頂上だった。琵琶湖はほぼ全部が見えて素晴らしいパノラマが待っていた。
青空に映えて、琵琶湖の対岸の山々も見えて、流石200名山の事はあると思いました。
頂上まで標準2時間40分だが、2時間50分で着いたのでまづまづだった。
頂上に着いたのが11時だったが、風を避けた窪みで昼食にした。12時近くになると続々人が増えて来て、賑やかになっていった。

写真上、坊村の広い登山口駐車場。
写真中、途中の御殿山で武奈ヶ岳本邦が見えるようになる。バックの右のピークの後方が頂上。
写真下、武奈ヶ岳頂上。大きな標柱がある。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

若狭路センチュリーライド2017(3)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 5月29日(月)11時37分16秒
返信・引用
  写真上、ゴール地点には自転車ラックが設置されていた。。大変な数の自転車だ。
写真中、ゴール後の昼食に豚汁にサザエの壺焼きとスイーツが出た。右は完走証。
写真下、体育館の中で一休みして、近くの三方温泉に向かった。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

若狭路センチュリーライド2017(2)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 5月29日(月)11時27分13秒
返信・引用
  写真上、美浜の三方湖畔の第3エイド。ドラ焼きと梅ジュースがあった。
写真中、若狭町熊川宿の第4エイド。ハヤシライスと熊川葛羊羹が出た。
写真下、三方町のゴール。6時間35分で完走。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

若狭路センチュリーライド2017(1)

 投稿者:代表  投稿日:2017年 5月29日(月)11時18分47秒
返信・引用
  嶺南一帯でサイクリングを楽しむイベントに若狭町に行って来ました。ロング160km、ミドル120km、ハーフ80kmの3コースあるが、私はミドルコースに参加した。コースはレンボーラインを上がり、水晶浜から敦賀半島を横断して敦賀市に出て、美浜町、若狭町熊川宿まで行き、三方町まで戻って来る。
朝方は涼しく、日中も暑くならず、風光明媚な若狭の自然を楽しむ事が出来ました。

写真上、朝6時25分ミドルコースのスタート。
写真中、レインボーライン山頂からの眺め。
写真下、水晶浜でのエイド。へしこ茶漬けが振る舞われた。
   (写真上でクリックすると拡大して見れます)
 

レンタル掲示板
/97