teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


街路樹が泣いている

 投稿者:無知な一市民  投稿日:2017年11月17日(金)20時23分57秒
  サッパリとした頭の、駅前周辺のクスノキや、八間通のケヤキ。
貧弱な栄養失調の、中央通り(郵便局前)の名の知らない木。
そんな中、私のお気に入りなのが、法務局前(星見ヶ丘)の街路樹。
桑名市にあって、色鮮やかな紅葉を眺められる道だからです。
でも、昨日通ったら、道の東側は晩秋、西側は冬景色。
剪定により、全ての葉を除去したようです。
景観条例を制定している桑名市。
あぁ~これが「本物力」なのか?と落胆しきりの私でした。
 
 

表に出す(出るところへ出す)こと

 投稿者:元市議会議員  投稿日:2017年11月16日(木)14時45分21秒
  被害届、告発、告訴など、日本人も「じっと我慢」から「訴訟」へと権利の行使を行う、いわゆる先進国民になってきたようです。

河口堰差し止め訴訟や、石取祭訴訟、そしてこの下に紹介された介護事件など、国家機関や三重県、桑名市を相手にした訴訟を躊躇しない権利意識の高い市民が桑名市にも存在していることが、それを物語っています。

昨日から貴乃花親方が横綱日馬富士を弟子に対する暴行の被害届を出したことを各マスコミが取り上げています。
これに関して、内輪の恥を外に出した云々の低レベルの評価をする化石人種が居ますが、
貴乃花親方の、角界浄化の一念を私は感じてエールを送ります。

私も1期目の議員時代に、先輩の川口議員から暴行を受けました。
酒席で、同僚議員や市の職員も居る中での奇襲攻撃でした。
議会毎に適切な質問で当局を追及する新人議員が生意気で、嫉妬していたのでしょう。
全治1か月の裂傷を顔面に負ったのですが、同僚議員の被害届提出の進言を退けて、津坂議員の仲介で和解を受け入れました。

この議員はその後も他の議員に暴行を働いたことが伝わってきました。
内輪の恥(桑名市議会の議員間の暴力沙汰)を表に出さないという体質を容認してしまった自分自身を反省したことを、いま思い出しています。

会津の藩訓にあるように「ならぬものはならぬ」という戒めが今の自分を奮い立たせています。
 

桑名市長また被告です。(今日、11月8日 中日新聞朝刊の社会面より)

 投稿者:桑名の介護保険を良くする会  投稿日:2017年11月 8日(水)20時43分18秒
  「家裁 (精神)鑑定行わず違法」、認知症女性の成年後見審判、名高裁 取り消し決定

三重県桑名市が一時保護した市内の認知症女性(77)への成年後見人の選任を巡り、名古屋高裁が「本人の精神鑑定を経ておらず、手続きに違法がある」として、後見開始を決めた津家裁四日市支部の審判を取り消し、家裁に審理を差し戻す決定をしていたことが分かった。家裁の決定を不服として、女性の家族が即時抗告していた。後見開始決定が覆るのは異例。
女性と家族は11月7日、本来不必要な後見の申し立てによって精神的な苦痛や金銭的な損害を受けたとして、申し立てをした桑名市と、国(家裁)に約513万円の損害賠償を求めて津地裁四日市支部に提訴した。
高裁の決定で、藤山雅行裁判長は、市が提出した診断書や認知症の簡易診断の結果から「女性が高度の認知症を示すとまで言えない」と指摘。家事事件手続法が「(意思表示が全くできないなど)明らかにその必要がないと認めるとき以外、鑑定をしなければならない」と定めている一方、家族が提出した女性との面会記録からは「対話が一応成立」していることから、「明らかに鑑定の必要がないとは認められない」と結論づけた。決定は1月10日付。
高裁の決定後に行われた鑑定で、女性は軽度の認知症で、後見より軽い「補助」で足りると診断された。市はあらためて女性に補助人を付けるよう家裁に申し立てたが、女性が拒んだため、取り下げた。
女性は同居の次女(46)から虐待を受けている疑いがあるとして、市が昨年9月に一時保護し、後見人を付けるよう家裁に申し立てた。
本紙の取材に、次女は「母の認知症が進行する中で、対応に戸惑ったことはあるが、虐待した覚えはない。そもそも母は後見を望んでおらず、意思に反した市の行動は許せない」と話した。
一方、桑名市は「訴状が手元に届いておらず、その内容を確認した上で判断したい」としている。

<成年後見制度>
認知症や精神障害などで物事を判断する能力が十分でない人に、援助者を付ける制度。既に判断に支障がある際の法定後見、将来判断能力が失われた場合に備える任意後見の2種類がある。法定後見の場合、症状の重い順に後見人、保佐人、補助人が付く。後見人などは本人や家族、市町村の申し立てに基づき裁判所が決定し、財産管理や契約行為を代行する。

鑑定実施 全体の1割
成年後見制度で実施を原則義務付けながら、精神鑑定が実際の運用現場で行われているのは、全国の家庭裁判所が後見人や保佐人を選定した案件全体の1割にすぎない。法の形骸化とも言える状況が生じており、背景には、後見人の選任や監督を担う家裁の過剰な負担などの課題が浮かぶ。
最高裁家庭局の資料によると、後見開始の審判で鑑定が行われた割合は、現在の統計方式になった2008年度の27.3%をピークに、一貫して減少している。昨年は9.2%で過去最低を更新した。
一方、後見開始の申立件数(補佐や補助などを含む)自体は、社会の高齢化を背景に、3万4000件台を維持。10年前の1.4倍に相当し、高止まりの状況だ。家裁の申立件数が減る一方、市町村と、市町村の関与を背景にした本人の申し立てが増加している。昨年5月の成年後見制度利用促進法の施行を追い風に、市町村絡みの申し立てはさらに増える見込みだ。
制度に詳しい佐藤彰一国学院大教授(権利擁護)は「裁判所の負担過剰を背景にした(鑑定を義務付けた)手続法の形骸化は深刻だ」と指摘。申立件数の増加に加え、後見人の監督業務も年間1万人前後の規模で増えており、家裁の業務を圧迫しているという。
佐藤教授は「監督業務を家裁以外が担うなど、制度の見直しが必要。精神鑑定に過大に頼った判断のあり方も、本人や家族が置かれた支援の環境などを反映できる仕組みを加えるなど、改めるべきだ。現行制度のむやみな推進は状況を悪化させかねない」と訴える。

全国的の評判の悪い桑名の介護保険、寄ってたかっての応援会議で介護保険を受けさせない、介護保険から卒業させ何処かにデビューさせる、安上がりな総合事業、お金を与えて介護保険を受けさせない、それに今度の成年後見制度の問題、桑名市はどうするのか。3年目に国からの方針を忠実に強制的に桑名市に桑名市にあてはめていった前副市長の無きあと、誰が対応するのだろうか。(やっぱり優秀なコンサルがついているのかな)     
 

傲岸不遜な桑名市(長)

 投稿者:原告  投稿日:2017年11月 8日(水)13時25分26秒
  しばらく、よその石取祭専門サイトに書き込みしておりました。
桑名市(長)に対する批判が噴出していますね。

来る11月15日午前10時から四日市の地裁支部で、桑名市を訴えている石取祭の「重要無形民俗文化財指定」証書返還裁判の公判があります。

官僚役人の第1の責務は憲法と法令の遵守であるのは、採用試験の必須条件ですが、
桑名市とその構成員は見事に法律(文化財保護法)を犯しています。

地裁裁判官からの和解勧告も全く拒絶。
子供達を教育する責務の頂点にある、教育委員会が盗みや万引きをしているような現象に、
なんの反省もない事実をご確認下さい。

TVの水戸黄門が超長期人気番組なのも、日本中にはびこる「悪代官と御用商人」がなくなっていないからでしょう。
 

後出しジャンケン

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 8日(水)12時40分32秒
  今日の朝日新聞に所得税控除の変更議論が本格化。

確かに、先の衆議院選挙選挙で、与党勢力が歴史的な大勝利をおさめた。

しかし、これも現在の選挙制度の仕組みからの勝利であって、自民党が

国民から圧倒的な支持があったとは、イエナイ。

総得票数の内自民党に投票した者は、有権者の僅か25%に過ぎないのだ。

それにも関わらず、早速の大増税の布石がうたれようとしているのだ。

そして、国会では野党の質問時間の削減を企んでいる。

モリカケ問題も何処までも、謙虚に丁寧に答えていくと言っているが、

果たして、その正体は、IKANI。

さて、我が市役所は、どうだろうか?

市長の傲慢さと不誠実な行政運営がまかり通る。
 

桑名市へ

 投稿者:市民  投稿日:2017年11月 8日(水)11時18分31秒
  固定資産税14年間の差し押え。私の主張との食い違いやっとわかりました。
我が家には二つの宅地が同じところに作られていたのです。
1つは戦死した父親が分家した当時からある家屋敷、現在も住んでいます。換地計画書にも住所と成っている宅地。

もう1方は役所が貴女の住所の地番はこれに変わったと連絡それに従っただけの現在の地番。
それを換地として登記簿が作られたのです。つまり現地の無い宅地登記簿です。
現在桑名市はその登記簿を正当として課税台帳を作っています、宅地の面積は690・90㎡半分以上は畑 .勿論この宅地の登記簿は我が家所有と主張出来る内容ではありません。今桑名市何を目的に無謀な課税をしているのでしょうか。私にはさっぱりわかりません。


税務課に対する今までの私の抗議内容
住んでいる家屋敷に課税されていない。課税対象に成っている家屋の地番も、持ち主の住所氏名も、正確に知らせ長良導水、移転の為、現存して居ない等知らせたのに、自分の登記自分で直せ、の一点張りでした。
桑名市職員は、私の抗議あざ笑って居たでしょうね、承知の上だと。

不可解な出来事
11月1日桑名法務局へ矛盾多い登記を調べに行きました。部屋に入って話して、暫くしたら、二人の職員が出たので。私もついて出た。そこへ支局長が、帰ってくれと言って、帰らなければ警察を呼ぶ。問答する暇もない速さで、警官入ってきました。男性1女性2人が居残り登記の事を話したり、ネットで調べたり、税務課へ電話もかけていました。私への態度も不愉快な態度はしませんでした。しかし本日税務課長に尋ねました。11月1日の電話何と答えられましたか?それは云えない。改めて法務局の行為と警官職務以外の話で、何故長居出来たのかと 不思議になりました
法務局は策略による人権侵害が目的だったのでしょうか何日も前から日時も決めて連絡していたので不信感増すばかりです。
 

桑名のホンモノ力

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 8日(水)10時20分25秒
  桑名には、スポーツに限らず、素晴らしい逸材や豊富な資源が多数ある。

しかし、肝心カナメの市役所が、それらの貴重な逸材や資源を生かしきれていない。

さらに言えば市役所の逸材にも気付かずにいて、全く活用出来ていない。

例えば、各種の資格や経験を持つ職員が居るのに、その適性を無視した

人事異動が頻繁に行われている。

おかげで、それらの職員は、実力を発揮する機会を奪われた上に、

ヤル気まで失わせ、現職に嫌気を覚え職場のお荷物に変貌させているのだ。

これらは、所管課の管理職の人心掌握術の欠如に一端が有るが、人事課の情収集能力が、

足らないのだ。

職務遂行には、何を差し置いても適材適所が当たり前なのだが、、、、、、、、

追記     又もやの誤字

  生得  →   成徳
 

愛郷心

 投稿者:パトリオット  投稿日:2017年11月 6日(月)11時45分49秒
  kusabiさま、政治行政に関する辛口の投稿からは想像できない駅伝キチの面が垣間見れる投稿でしたね。

しかし、愛郷者として私も一言。
塩澤選手ほどの逸才であれば区間5位なんぞで奇跡というのは失礼ですよ。
区間賞をとれる素質を持っています。

また皇學館の監督に日比勝俊君の名をみて懐かしく思いました。
彼が桑名西高3年の名古屋でのインターハイに応援に行ったことがあります。
5000mの優勝候補だったと僕は密かに考えていたのですが、なんと予選で16分掛かって落選。
夏の大会での暑さに極端に弱かったことが分かりました。
大学に進んでからは箱根駅伝、活躍したことはよく知られています。

暑さ寒さといえば、さらにその前、上野工業(現伊賀白鳳)より四日市工業のほうが強かった(速かった)時代のことです。
高校3000m障害に敵無しのスピードランナーだった愛敬(父)が、瀬古以来の1区区鑑賞を取るだろうと応援していた、京都の全国高校駅伝で、待てども、待てども2区中継所にやって来ません。
やっと二桁順位でタスキをつないだ彼の口から「寒かった、、、、。」の言葉、風や温度は全選手に平等なのに、固体としては適性の有る無しを理解する出来事でしたね。

高校卒業後の19歳で陸上世界選手権に出場した愛敬選手は3000m障害で、当時のジュニア世界記録に匹敵する8分31秒で走りました。
私は400mランナーとしてトップクラスの愛敬(息子)にも800mを走らせたいと願っています。
前東京オリンピックのメダル候補だった森本葵を抜くのは彼だと思いますが、愛敬(父)どう思いますか?

その他にも光風中学校から稲生高校に進み全国高校駅伝で走った後は、中央大学で活躍した池上誠悟選手がいました。

さらに古くは、明正中学校から中京高校に進学して第41回全国高校駅伝3区で24分丁度の区間新記録を打ち立てた山内朋之選手の記録はアフリカ人留学生のジョン・マイタイに破られましたが、その後も永く彼を超える日本人高校生はいませんでした。
ちなみに現在の3区記録は仙台育英のワンジルが22分台の驚異的記録で不滅でしょう。
何しろオリンピック金メダリストですから。

明正中卒業の瀬古選手にいたっては、何も書くことはありませんが、判明したことが、「ホンモノ力は桑名力」なんてほざいている桑名市長の掛け声とは裏腹に、彼ら全国レベルの桑名出身のアスリートのデータは桑名市には残っていないことでした(残そうともしていない)。
 

安倍首相の謙虚さって何?

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 6日(月)05時17分13秒
  ●いきなり始まった、国会質疑の野党への

質問時間の削減。

謙虚に丁寧委に説明するといった鼻から、モリカケ問題封じ。

発言した言葉と実際やっていることの、この落差。

我が市長は、どうか横柄さがまかりとおり、

次々と離れる民心。
 

全日本大学駅伝、華の2区

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 5日(日)09時33分0秒
  桑名出身の東海大学、塩澤選手

見事な走法で。5位で襷リレー

キセキの走りでした。

あっぱれ!!!!!!!!
 

全日本大学駅伝快走中!!!

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 5日(日)08時23分51秒
  2区に生得中学校出身の若者が出場している

桑名市内も通過する彼らに熱い声援を送ろう。

ちなみに、解説者はご存じの世故利彦さんです・
 

kusabi さんへ

 投稿者:市民  投稿日:2017年11月 4日(土)22時36分46秒
  先日は失礼しました。  

文化祭が、花盛り

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 4日(土)09時36分4秒
  文化の日を中心にして、市内の各所で文化祭が賑やかに開催されている。

今や人生100年時代と言われており、定年後の人生が勤務年数を上回るように

なってきた。

 その意味からも生涯学習の充実が、今以上に求められている。

しかし、各公民館では、受講生の停滞や受講生の固定化により、

その規模が縮小されたり、中央公民館に集約されると言う事態におちている。

だが、各公民館は、地域住民には身近な施設で有るのに、経済性から閉鎖や廃止」

また、中央公民館の事業に統合されている。

それで良いのか?

高齢者となって。自動車の運転に不安を覚える方や、足腰の衰えにより

自分一人で行動がしづらい老人が増えている。

老人介護施設や老人ホームに入所して、余生を過ごす方が増えているが

趣味の世界に没頭し、元気に生活ている方々の学習意欲を削ぐような

現象がある。

施設に入所したり、医療機関に通院したり、入院という方も多いが、そのために要する多額の

医療費負担が、自治体の財政運営に危機をもたらす事態になっている。

それよりも、趣味の世界に意欲を燃やす生涯学習で人生を全うするほうが、

財政的には遙かにに低廉であるし、生きがいを与える機会を増やす方が賢明と考えるのだが、

如何か????????????
 

名誉毀損

 投稿者:もっと書けよ  投稿日:2017年11月 4日(土)00時04分42秒
  楔さま&kuzabiさま。
名誉毀損を恐れて、k田とか0森なんて書いてらっしゃいますが、元々手を挙げて立候補した政治家(屋)には一般人のようなプライバシー(個人情報)保護はありません。

税金を使った選挙ポスターや政務調査費のダイレクトメール、新聞チラシなど、自分から公表しているのですから、堂々と倉田、大森、中村、伊藤恵一等々、はっきり書いて下さい。

但し「加齢臭強し」はかわいそうです。
年齢は、本人の責任ではありません。
厚化粧で、「脂粉の香り濃し」ならかまわないと思います。

たしか石原慎太郎も小池知事のことを公共の場でそう表現していた記憶があります。

大森の万引きや伊藤恵一のアウスビッシュ観光旅行の政務調査費不正使用事件は新聞に載って広く公になっていることですから、守秘すべき個人情報ではないですね。
 

もっと書けよ

 投稿者:kuzabi  投稿日:2017年11月 3日(金)23時27分35秒
  K田 一般常識無し
   恥知らず
   酒飲み
   態度デカし
   加齢臭 強し
     
 

国費の無駄使い

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 3日(金)23時17分39秒
  市議会議員

N村   名古屋大学卒業 パナソニック勤務
           パナソニックの職場風土に馴染めず、惜しまれることもなく退職

O森    一橋大学卒業    一般常識欠如

I藤ki一  富山大学卒業   アウシュビッツに傾倒 家業の布団店経営
              自治会推薦無くも立正佼成会の支援で堂々の当選

以上、国費の無駄使いとして、会計検査院からカイゼン要求される。
 

桑名市には、ビジョンが全くない

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年11月 3日(金)19時38分54秒
  桑名市には、本当に将来を見据えたビジョンが感じられない。

開発行為は、ほとんどが民間主導で、無秩序の開発がまかり通っている。

本来なら、地域ごとの特性なり、地域性を考慮して開発が行われて当然なのだが、、、

大山田の住宅団地開発を始めとし、行政主導では何も存在しない。

民間主導で、経済が活性化して、人や金や経済活動がバブルの時は問題が見えていないが、

その開発が中座すると、行政が主導で計画が事前に準備されていたら

二重投資や余分な事は不要なのだが、その時の言ってみれば「成り行き」にまかせているものだ

から、余計な事をしなくてはならなくなっている。

大山田団地の、学校用地取得等は、その典型であろう。

今や負の財産となっている「学校用地取得」がそうだ。

地域の特性を考えて亜、長期総合計画が何も樹立されていないから、

民か事業を後追いすると言う、その場シノギの行政運営が平気で続けられている。

市の将来を見据えた、政策が無いに等しい。
 

自治体議員に求められるもの

 投稿者:元自治体議員  投稿日:2017年11月 2日(木)14時01分38秒
  議員はその自治体の特別職であって、職員ではありません。
市民からの訴えや問いかけに対して、市民の側に立って(市民を背に)行政に向かうことがまず第1です。

それには、少なくとも自分が立候補した時の公約部分では行政側を凌駕する知識と行動実績を持っていなければなりません。

えてして、職員上がりの議員は行政側に立つ者が殆どです。
残念なのは、他の議員より行政に精通していることです。
議会報告会でもまともに答えられるのは自治体出身の議員でしょう。
でも、それは議員の答えではなく職員の答えです。

行政職員が、苦手なのは病院や鉄道などの専門的分野で、これは議員も同じでしょう。
次に、商業活性化があります。物を売って利益を出した経験の無い役人にそれを求めるのは無理です。
さらに議員も知っているようで実は経験知を持った議員に会った事がありません。
「民間が」「民間に」などと口癖のようにしゃべりますが、
本当に民間に任すと、利益第1主義で公共の部分を蔑ろにするイナカッペ業者が多いことは駅前のマンション群を見れば明らかですね。

真実の「公」とは「民」+「官」の配分がその場所に適切に成立しているかです。
無規制の資本主義が日本を蝕んでいった原因こそ「規制緩和」だったのです。
 

自治体に求められるものの基本

 投稿者:市民  投稿日:2017年11月 1日(水)22時34分6秒
  ・2010年太田被告「桑員環境保全推進協議会」運営資金約六百五十万円着服発覚
・2010年水道部ぐるみの架空工事と不適正支出250万円
・2011年新たに水道部ぐるみによる架空工事で裏金250万発覚
・2013年市清掃センターの男性技師が病気休職中の海外旅行発覚、懲戒処分へ。
・2016年来庁した女性約50人の提出書類から個人情報を控え、私的に連絡。
 

有権者さんに賛同

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年10月31日(火)20時31分39秒
  自治体に求められるものの基本

民間が、やらない・やれないことするのが基本理念

民間がやっている事業を、公務がすれば民業の圧迫となる。

 

精義公民館での報告会

 投稿者:旧市街住民  投稿日:2017年10月31日(火)17時34分17秒
  そうですか、多度の皆さんはそんんなに熱いのですね。
それとも、その議員がよほどアホな答弁をしたのかな?

精義の皆さんはみな大人(良い意味で)でしたよ。
I田議員はベテランのくせして漢字が読めないことをばらしてしまいました。
あれでは、資本論や共産党宣言は読解不能でしょうね。

H田議員は資料を無難に読み終えましたが、
基金の年度末現在残高の内、「その他の特定目的基金」が平成22年の24億円からずっと増え続け、28年には40億円を超えて、全残高の半分近くになっていることについて、「その他特定目的」とは具体的に何を指すか?
と言う質問に全く答えることが出来ませんでした。

資料を棒読みするだけなら、議会報告とはいえません。
議員の代わりに担当職員が居るほうが良かったと思います。
しかし、予算案その他について市民が直接当局に質疑をするなら、議員は不要だということになります。

ところがこの女性議員二人を庇うべくナイト役に立ったM田議員は現在の議員報酬を下げると議員の質が維持できないとおっしゃるのです。
現在の議員の質が調査費含め約800万円の値打ちがあるとの認識ですよ。

最後の結論として、副市長2人は不要だということでは全会一致で異論者はいませんでした。
これだけが正しいことなのでしょうね。

私が要望した介護保険料の公平化については議員さんたちは、「知らなかったが、善処する」と言ってくださいました。
体験しないことに無知なのは恥ではありません。それを知ってからどう行動するかで議員の値打ちがはかられるのだと思います。

 

多度町・長島町は、カタルーニャになる

 投稿者:笑止千万  投稿日:2017年10月31日(火)13時06分19秒
  スペインで起きている、独立運動と正に

同じ境遇なり。
 

N村議員一喝される!!!

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年10月30日(月)23時56分47秒
  ●10月30日 多度町総合支所での議員報告会の一コマ

N村議員が、参加者の質問に答えた時に、自身の持つ

生半可な情報を発言したため、会場には不穏な空気が流れて

参加者から大声で喝を入れられ、参加者全員に失笑を

巻き起こして、一時騒然となった。

公人として、発言する以上いい加減な事言っては、

とんでも無い事だ。

市議会議員のLevelも、随分と低下したものだ。

今回の失態は、市民はキモに刻み、次回の選挙では明確な

答えがでるだろう。     シッカリせいや。
 

今の市長

 投稿者:有権者  投稿日:2017年10月30日(月)14時16分37秒
  どうしてこの人が市長になったのかはよく分からん。
間の市長は落第。それはよく分かった。
今度の市長には合格点を与えられるか?
いったい何をしてきたのだろう。
変なホンモノなんとかをやっているが、本物は少ない。まがい物が大半だ。
必要でもない回廊整備とやらをするらしい。
病院ンも必要以上のものを作るつもりだ。
市民病院なんて要らない。民間がやればいいのだ。
官業が民業を圧迫するのは間違い。これは歴史が証明している。
結局は市民にツケを残すだけ。
一体いつまで市長をするつもりか。
前の市長がひどすぎたから、何とかもっているが、客観的に見てアウトだね。

国会議員になるためのステップだとしたら人を馬鹿にしている。
どう考えても能力に欠けている。
20日に連合会長氏が書いているように、基本的な法律知識が欠けているので、何もできない。
誰かが行政訴訟を起こせばイチコロだと思うね。
 

公共料金

 投稿者:旧市街市民  投稿日:2017年10月29日(日)13時40分48秒
  水道代が上がり続けているのは、今の若造市長になってから。
経常収支比率がほぼ100%になったのもナルチャンのせい。

このまま病院を造って経営させると、間違いなく赤字の垂れ流しになる。
ところが、桑名市が三重県で一番安いのは何だと思います?

それは、65歳以上の皆さんが払わされている介護保険料のうち、年収800万円以上(11段階)の富裕層が払う保険料です。基準値の1.8倍に留まっています。
全国殆どの市町で、この富裕層が基準市民の保険料の2倍以下のところはありません。
三重県内でみても四日市市は2.00倍で、財政豊かな川越町は逆に2.05倍徴収しています。

そのしわ寄せは、年収190万円以上290万円以下の層で、0.1づつ上がっていた保険料がここだけ0.2増え、その後はまた0.1に戻るのです。
あと全部0.2づつ増やせば、年収800万円以上の層から徴収する保険料は他市並みになるのですが、金持ち優遇の政策に手は付けられていません。

まあ、高齢者の方々、ご自分に送られている介護保険料料率表をご覧下さい。
その上で、下記の議員報告会で、この問題を放置している議員団(年収800万円)をつるし上げましょう!
 

市議会議員の報告会開催

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年10月29日(日)09時43分15秒
  ○議員報告会が10月30日    18:30  ー   20:00

四会場で開催される。

日頃感じている市役所の行政運営に抱いている、市民の皆さん是非とも参加しよう。


会場

    精義公民館

   在良公民館

    多度町総合支所

     大和公民館

台風の影響で順延も有り
 

あれ?

 投稿者:市民  投稿日:2017年10月28日(土)22時54分30秒
  昔読んだ?  

水道水の件

 投稿者:水道水を飲む人です  投稿日:2017年10月28日(土)09時15分43秒
  以前、静岡市で住んでしましたが天気を気にせず水道水を飲めました。
今は浄水器を取り付けました。
水道代が高いな。
 

水が汚いという人へ

 投稿者:水道水を飲む人  投稿日:2017年10月26日(木)09時10分2秒
  汚くはないのだけど、臭いがするのでしょう。
このところ雨が多く、あなたが引っ越してきた時もその時期だったのでしょうな。
毎日の天気と臭いを表に付けてごらん浅い。単純な関係が分かりますよ。
雨の降った2日後から、臭いが強くなります。雨で川の水が汚くなるので、それを浄化する時に薬品をたくさん入れているのです。
晴れが続けば、臭いは無くなります。
臭いの無い日にタンクに水を溜めます。
それをお茶に使えば、何の問題もないですよ。
 

優先順位?

 投稿者:kusabi  投稿日:2017年10月25日(水)10時39分52秒
  衆議院議員選挙の開票作業まっただ中、台風の影響で、全国の各地に

大雨洪水警報・暴風波浪警報が発令されていた。

桑名市も同等で、家の近くの防災無線からは、「危機管理」「避難準備情報」が幾度となく

放送されていた。

多度町・長島町では、随分と早くから防災無線が整備されていたので、

身に危険が及びそうな時や犯罪情報・不審者情報の発信に利用されている。

他方、桑名地区には、防災無線が整備されていないから、こんな時の情報伝達には

人だのみのアナログで伝達されるので、不急の事態には全く役にたたない。

自治体における市民への行政サービスの第一優先事項は、生命の安全確保及び財産の保全である


桑名市の平成29年度の目玉事業は、桑名駅周辺の回廊整備である。

しかし、ほんのわずかの利用者しか見込めないのに、約24億円もの経費が掛かる

ものである。

それも直ちに必要とされてもいないものに巨額予算を執行している。

果たして、優先順位とどうだろうか?

、、、、、

 

レンタル掲示板
/81