teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


相互リンクお礼

 投稿者:良太  投稿日:2010年 5月15日(土)03時04分14秒
返信・引用
  > No.282[元記事へ]

moonさんへ

早速相互リンクして頂き、ありがとうございます。

またバナーの件お手数お掛けして申し訳ございませんでした。お礼申し上げます。

今後ともどうか末長くよろしくお願いいたします。

link1の相互リンクのページに記載いたしましたのでご確認ください。

                                   良太
 
 

はじめまして

 投稿者:Moon  投稿日:2010年 5月14日(金)21時06分2秒
返信・引用
  良太さん

相互リンクの件、お申し出ありがとうございます。早速リンクいたしました。
原則バナーリンクで、タイトルが長めのため細字となりましたが、カラーは同色としました。
今後ともよろしくご厚誼の程お願い申しあげます。

まういさん

DENON DL-311 LCの内部インピーダンスは管理人さんの情報通りですね。
インピーダンスマッチングによる音の変化は、かなりシビアな試験でも判別は難しいです。
私は3機のプレーヤーで3つのトランス(AU-1000,AU-S1,CRAFT PE-500 MM/ MC)
さらにEQA3機を、低インピー用とハイインピー用に使い分けていますが
音質に最も影響するのはむしろトランスとイクォライザーの性能です。

最近入出力とインピーダンスを切り替えられるトランスで
DL-1000A、CRAFT OC-01等を使用して4Ωと40Ωのマッチング正逆接続で比較比較しました。
結果は、逆接続でもほんの僅かに輪郭が甘くなる程度で、知らずに聴いたらこれがこのカートリッジの性能と感じてしまうレベルです。
16Ωはハイインピーになりますから、トランスやEQA入力は40Ω受けで良いと思います。

http://www2.bbweb-arena.com/moon/index.html

 

Re: DENON DL-311 LC

 投稿者:良太  投稿日:2010年 5月 6日(木)21時02分1秒
返信・引用
  > No.280[元記事へ]

まういさんへ

> 当カートリッジは、出力抵抗が低いぶりのようですが、誤りでしょうか?

「16Ω」という数字に間違いはないと思います。当方所有の「フォノ・カートリッジ大全」という書籍のP362のDL-300系カートリッジの諸特性の表にDL-311 LC 16Ωとありますし、次ページのDL-311 LCの説明にもこのことが記されています。


>いくつかの昇圧トランス付きのフォノイコライザーの規格を見ましたが、16Ωをカバーする物がありません。

まういさんの予算や好みはわかりませんが、結構あるようですよ?

「フォノイコライザー」で http://joshinweb.jp/audio/5322.html

「MC昇圧トランス」で http://joshinweb.jp/audio/5323.html

などです。
 

DENON DL-311 LC

 投稿者:まうい  投稿日:2010年 5月 5日(水)22時38分58秒
返信・引用
  当カートリッジは、出力抵抗が低いぶりのようですが、誤りでしょうか? いくつかの昇圧トランス付きのフォノイコライザーの規格を見ましたが、16Ωをカバーする物がありません。
基本を勉強しないとならないのでしょうが、DL-311に適合するフォノイコ(昇圧アンプ付き)の規格要件を教えていただけませんか?
 

DENON DL-311 LC

 投稿者:まうい  投稿日:2010年 5月 5日(水)21時29分3秒
返信・引用
  いただいた情報は大変貴重です。大変に助かりました。有り難うございました。  

Re: DENON DL-311 LC

 投稿者:良太  投稿日:2010年 5月 5日(水)17時25分5秒
返信・引用
  > No.277[元記事へ]

まういさんへ

手持ちの資料ではこれぐらいしか解りませんでした。

DL311LC
MC型カートリッジ
出力電圧:0.25mV
再生周波数:20Hz~60kHz
インピーダンス:16Ω
針先形状:楕円針
適正針圧:1.5g±0.3g
自重:6g
 

DENON DL-311 LC

 投稿者:まうい  投稿日:2010年 5月 5日(水)15時09分58秒
返信・引用
  兄からDENON DL-311 LCをもらいました。当方アナログには暗く、基本スペックを調べてから使用したいのですが、Webでは見つかりません。 どなたか、助けていただけませんか? 基本スペックを知りたいのです。 よろしくお願い申し上げます。  

早速調査ありがとうございました

 投稿者:toku1209メール  投稿日:2010年 5月 5日(水)11時16分59秒
返信・引用
  良太さん

早速調べていただきありがとうございました。
たしかに当時としては大枚を投じた記憶です。
アナログは20年近く休眠状態でしたが,昨年,再度LMC-1
を使いだしたところ,問題なく聞けて驚いております。
それではまた。

http://1089tt.blog36.fc2.com/

 

ラックスLMC-1

 投稿者:良太  投稿日:2010年 5月 5日(水)11時06分38秒
返信・引用
  > No.274[元記事へ]

toku1209さん相互リンクありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

ラックスマンLMC-1ですが、手持ちの昭和56年12月刊行 FM fan臨時増刊「'82カートリッジとレコードとプレイヤーの本」に載っていました。

ラックスLMC-1  \54,000
型式:MC型
再生周波数:10-60000Hz
出力電圧:0.1mV
針圧:最適針圧1.3~1.7g
出力インピーダンス:4Ω
負荷抵抗:40Ω以上
コンプライアンス:10×10-6cm/dyne
カンチレバーの素材:サファイアロッド
昇圧トランス:3Ω以上
自重:5g

スペックは以上です。この当時の\54,000といえば結構な金額ですね。

雑誌の中に広告がありました。文章を写しておきます。


「革命家、LMC-1デビュー。」

「ラックスの、自由な発想が、革命的とさえいえる構造と音質の、MCカートリッジを一品、誕生させました。ひとつには、発電機構の磁気回路の磁束を、いかに高密度でリニアにできるか。さらに、その発電部分を支持する構造が、いかに”鳴き”つまり共振を発生しないかが、MCカートリッジ積年の開発上の問題点でした。LMC-1は、これらを二つながら解決することに成功して、MCカートリッジの新時代を拓きました。」

「強固な無共振亜鉛合金SPZシャーシ・マウント。従来の樹脂製カバー・モノコック構造にありがちな”鳴き””変形”を完璧に追放、「SPZ」削り出しブロックにすべてを直結する方式で、LMC発電機構をガッチリ支持しています。ヘッドシェルの共振まで排除。」

「抜群のリニアリティ。LMC発電機構。リング状マグネットを2分化して配し、磁束をリニアに強力に収束。いかなる微小信号も再現。」

これが広告の文章です。toku1209さん少しはお役に立てますでしょうか?

http://www.cartridges-navi.com/

 

リンクありがとうございました

 投稿者:toku1209メール  投稿日:2010年 5月 4日(火)20時17分1秒
返信・引用
  良太 様
リンクありがとうございました。
こちらもリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
ところで当方はラックスマンのLMC-1というカートリッジを使っております。
ほとんど情報がありませんので,何か分かりましたらお願いいたします。
カンチレバーがサファイアだったという記憶です。

http://1089tt.blog36.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/28