teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


南方熊楠とオオカミ

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2017年 8月14日(月)14時45分39秒
返信・引用
  あともう少しで段取りできそうです。

今日、講演のパワーポイント完成です。

「南方熊楠とオオカミ」展は三日間、講演は26日の土曜日だけです。

終わってから熊野のどこかで、「南方熊楠とオオカミ」展を催したいです。

 
 

九重雑賀

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2017年 8月 8日(火)10時25分31秒
返信・引用
  毎日新聞に紹介記事が載っていました。
記事に奥さんは登場していませんが、活躍している様子を感じます。

今日、一日フワ~トします。
河内祭が終わって、昨日まで『南紀の昭和』の串本町編のキャプションを80本ほど書いていました。
締切日から2日も過ぎていたから、アセリマクッテイタ。
息つぎします。

明日から、「南方熊楠とオオカミ」をまとめます。
25、26、27日、東吉野村でオオカミミュージアムを催しますので、よろしく。
パネルも作らねば。

バタクリマクル。
 

草刈り

 投稿者:タケポン  投稿日:2017年 7月30日(日)16時26分19秒
返信・引用 編集済
  和深から田原まで、あちこち、たっつんと刈りました。
堂道ではヒメヒジキさんが残してくれていた部分をやっつけました。
ガンバリました。
 

堂道

 投稿者:ひめひじき  投稿日:2017年 7月30日(日)11時00分17秒
返信・引用
   たっつんとタケポンが和深から田原に向けて刈り進んでいるという情報が入ったので、一足先に遊歩道の部分を刈ってきました。ビフォーアフターの写真です。葦の部分は新しい歯でないと刈れないので残してきました。また、達成感の残る遊歩道の先の部分は二人のために残してあります。  

熊野古道大辺路の企画展

 投稿者:わカミン  投稿日:2017年 7月23日(日)18時49分27秒
返信・引用 編集済
  世界遺産熊野本宮館で7月22日~9月3日まで開催中。(三重県立熊野古道センター巡回展)
大辺路のことが色々分かりやすく解説されています。
わカミンの10mの『大辺路おはなし絵地図』も展示していただいています!
是非お立ち寄りください。

 

中洲の賑わい

 投稿者:ひめひじき  投稿日:2017年 7月23日(日)12時25分50秒
返信・引用
   久しぶりに訪れた中州では、大勢の人が働いており、漁師の舟も増えていました。  

不思議?

 投稿者:ひめひじき  投稿日:2017年 7月19日(水)21時14分32秒
返信・引用
   橋杭岩で砂茶碗を大量に発見!!肝心のツメタガイは殻を含めて全く見ることはできません。岩子隊員は指輪にならないかとハメてみています。  

世界遺産修復

 投稿者:ひめひじき  投稿日:2017年 7月15日(土)19時33分9秒
返信・引用
   恐れ多くも高場平見と富山平見で世界遺産の修復作業を行ってきました。参加メンバーは狼隊長・たっつん・いーちゃん・つっちー&りりー・ひめひじきに他国の人々。チェーンソーを起動した狼隊長は興奮が収まらず、午後から高場平見で倒木をなで斬りに・・・・。その後地蔵峠越えの橋を確認に行ってきました。  

スイス人夫婦

 投稿者:リリー&ツッチー  投稿日:2017年 7月13日(木)06時38分3秒
返信・引用
  昨日、作業隊長のたっつんから英語のガイドをせんか?とのお誘いありました。あいにく、日本文化遺産の講習会と重なり、お断りいたしました。本人によると40代までは英語はいけたが、今は和深弁だけだそうです。私も香港の二人を案内したことがありますが、スマホのアプリでは上手く会話は成立しませんでした。彼は「I am HAIKU teacher」の一言で切り抜けるようです。スイス人夫婦を有田まで案内する、本日の顚末はぜひ聞きたいものです。なお、この夫婦は南下の予定なので、串本のメンバーにもあたるかも・・・。
ちなみに、電話の終わり際に「世界遺産はワールドヘリテイジやな!」と言うてはったのが最後の英語です。
 

Re: 道標設置

 投稿者:大辺路  投稿日:2017年 7月 7日(金)20時17分6秒
返信・引用
  ひめひじき様
感謝申し上げます。道迷いした大辺路です。
その後、八郎峠を越えて、補陀洛山寺まで行きました。御詠歌にある補陀落に渡海した船がありました。祖父が亡くなった時に、毎週、近所の人が御詠歌を唱えに来てくれたことを思い出しました。補陀洛山寺は2回めですが、言葉にならない気持ちになります。残るは、那智大社への道です。

>  八郎峠の登山口の道標が朽ちて無くなり、道に迷う人がいて困っているとの話を聞いて、先日の総会時に完成させた石柱を、本日隊長と二人で設置してきました。文字を刻んだのはひめひじき。矢印はいーちゃんです。上田原の区長も喜んでくれました。
 

レンタル掲示板
/197