teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


百匹目の猿現象を起こしましょう

 投稿者:  投稿日:2011年 5月26日(木)05時49分1秒
  その後お元気ですか?闇との最終戦を控え、我々も早く真実情報を拡散し「百匹目の猿現象」を起こさないといけませんね。さて、宮崎県の串間市にある石波海岸から約200メートルほど離れたところに、「 幸島 ( こうじま ) 」と呼ばれる小さな島があるのです。
この島では、1948年に京都大学の研究グループがニホンザルの観測を開始し、52年にはサツマイモの餌付けに成功。翌53年には、「イモ」と名付けられた当時1歳半のメス猿が、それまでどの猿も行わなかった「砂のついたサツマイモを川の水で洗う」という画期的な行動を発明したのです。この行動は、やがて少しずつ群れの中へ伝わっていくと、ある日、幸島でサツマイモを洗うニホンザルが臨界値―例として「100匹」とする―を超えたとき、不可思議な出来事が突然起こったのでした。それまで数年かけて少しずつ広まっていった芋洗い行動が、この臨界値を超えた途端、まるでテレパシーでも使ったかのように幸島の群れ全体に一瞬で広まったのです。しかも驚くべきことに、この行動は幸島から200キロ以上も離れた大分県の高崎山の猿の群れや、そのほか日本全国にあった猿の群れにも広まっていた。(空間的にも物理的にも大きな隔たりがあり、交流など全くなかったのにもかかわらず)このテレパシーでも使ったかのような超常的な芋洗い行動の伝播は、イギリスの生物学者ライアル・ワトソン博士によって「百匹目の猿」現象と名付けられたのであります。これはシェルドレイク博士の「形態形成場」理論ともつながりますね。この理論の概略ですが、あらゆるシステムの形態は過去に存在した同じような形態の影響を受けて、過去と同じような形態を継承する。(時間的相関関係)

離れた場所に起こった一方の出来事が、他方の出来事に影響する。(空間的相関関係)

形態のみならず、行動パターンも共鳴する。これらは「形の場」による「形の共鳴」と呼ばれるプロセスによって起こる。 非常に簡単に言えば『直接的な接触が無くても、ある人や物に起きたことが他の人や物に伝播する』ということである。




このように科学的に証明された現象は今後我々人間にも起きてきます。すなわちこのサイトで公表、拡散される情報がある一定の人々に広がることで日本全体否世界中に広がることが来るということ、我々も遣り甲斐があるではないですか?
311でいよいよ終わりの年の始まりがスタートしています。日本列島は世界の雛形ですからこれから未曾有の天変地異が世界中でおきてくることは残念ながら否めません。
故に一刻も早く「光軍」を結成しなくてはいけません。ダニエルさんお互い頑張りましょう。

http://ameblo.jp/yuria6413/entry-10889244085.html

 
 

USAの壊滅・解体・消滅が間近だ

 投稿者:たつまきメール  投稿日:2010年 6月29日(火)03時09分49秒
編集済
  (1)世界最大・最邪悪の国家テロリスト・侵略者で
第2朝鮮戦争とWW3の挑発国家USAの
壊滅・解体・消滅が間近だ:
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/74.html

米国の学者・ジャーナリスト・アナリスト・エコノミストら自身もUSAの経済崩壊・分裂・
解体・革命が2010後半に起ると予言している:
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/75.html

(2)米軍諜報部(USAIA)のAgent=手先=工作員である菅直人の売国深化内閣は
極く短命に終る
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/75.html

 小沢一郎(民主党前幹事長)は2010.6.28の演説で、菅内閣の「公約放棄・国民裏切り」を
公然と非難して、反旗を翻した。
  売国民主党=第2自民党の菅内閣の余命幾許もない。

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/75.html

 

世界金融恐慌は英・スイスの世界金融資本が仕掛けた詐欺の巨大ネズミ講であった

 投稿者:不動明王メール  投稿日:2008年12月 5日(金)23時53分33秒
  エコノミストのM氏は、「自分の楽観的な予想はことごとく外れてきた」と素直に言っておりました。私が講演後に、彼がいみじくも「2002年から金融市場でも大きな変化があった」、「決してドルは崩壊しているのではなく、ドル一人勝ちの結果になっている」、「ユーロが崩壊寸前である」、「米国に資金が環流されている現実を見ると、米国の中央銀行が世界銀行に成りつつあるのかな」などと感想を漏らしたことで、

私は、「2007年までに膨大な資産を形成してきた銀行、証券、保険の各企業・団体の資産は一体何処に消えたのか」、「むしろ意図的に、米国始め、世界を故意に崩壊させて、世界統一政府の樹立が目的ではなかったのか」などと問い質したところ、彼は「私はそうは思いません」と言っておりました。

私は誰でも捕まえて、核心をぶつけ、相手の反応を見て、そこから更なる真相を自分で把握していきます。今回の事件、2001年の9.11事件から始まって、偽の対テロ戦争、金融恐慌、経済崩壊、資源高騰化などと、巧妙に仕掛けられて、世界統一政府樹立に向けた巨大陰謀であります。悪事、陰謀に鈍感で洞察できないお坊ちゃん顔したエコノミスト達にはその辺が理解も出来ないでしょう。

こうしてみると、毎週のように、「ドル崩壊」、「ドル破綻」などと煽ってきた週刊エコノミスト誌も、また、「ドル基軸通貨時代は終わった」などと宣言した仏大統領もサルコジも、大いなる誤算をしたのか、それとも仲間のような気がします。即ち、危機をでっち上げて、人々の目を誘導し逸らす意図が見え見えです。

なお、株価崩壊、金融崩壊、米国崩壊は、必ずしもドル崩壊を意味しません。実に巧妙に、米国解体と再生、世界帝国の復活を企んだものであり、背後にはユーロに加盟していない英国とスイスが仕掛け人であり、FRBのG氏も、正副大統領のB氏、C氏も、証券取引委員会なども、政府中枢が協力者で、戦争と金融の一体化での巨大陰謀の巨大なマッチポンプは見事とも言えます。

陰謀暴露で有名なU氏は、世界統一政府・ワンワールドの構築に向けてを、ドルからユーロへ、米国からEUへと言っているのは、余りにも聖書原理に囚われた思考であり、ユーロ崩壊の現状では余りにもとんちんかんであります。むしろ、軍事力もなく、政治統合も成っていないEUよりも、世界帝国の本山は軍事力もあり、政治的に既に統合された米国の巨大ファッショ化、再生にあります。

W氏は、勝ち組も負け組もいない世界同時共倒れと言っておりますが、私も最初はそう感じておりましたが、最後は、自ら墓穴を掘ってそうなるかも知れませんが、今のところは、ネズミ講を仕掛けて儲けた胴元は健在であります。W氏は巨大なマネーは、米国中央銀行に隠匿したと見事に看破しておりますが、まだ、闇の世界支配権力の破綻を指摘するところを見ると、一体何を根拠にしているのか解らず、真相に迫っていないのではないかと感じます。近い内に氏と会う機会があるので確認すえるつもりです。

なお、私は、世界的な規模での「廃藩置県」を実施するのではないかとの洞察です。即ち、幕末時の藩財政の赤字を帳消しに、侍という公務員を解雇するための「廃藩置県」でした。そのまま藩を県に看板を代えるのではなく、藩を消滅させたのは、実に債務の帳消しが目的でした。

これに倣って、米国の巨額の債務の帳消しも同様に米国解体、新たな国家再生でしょう。即ち、これに伴って、目下、一時的に緊急避難的に世界中から集めたドルも、一挙に、米国崩壊に便乗して、新たなメキシコペソ、カナダドルとの統合を図ったアメロ通貨発行による米国のドルによる債務帳消しを狙って、また、新たなメキシコ、カナダとの統合を図った北米合衆国などの創設に動くものと思います。

そうでなければ、国体を変えずに新たな通貨発行のみでも、また、通貨を変えずに新たな北米合衆国の創設のみでも、現在の米国のドルによる巨額債務は消滅しません。敢えて、このまま徳政令で消滅させれば、誰も新たな通貨による国債など買わないし、債務を背負った、単なる領土の広い新たな大国でしかないでしょう。

即ち、二段構えで、世界通貨・金融・経済・株式の崩壊から、ドルに資金を吸い寄せ、その後、米国崩壊に便乗して、超国家への国体変更、新たな通貨発行により、ドルまでも崩壊せしめて、デフォルトによる国家債務の帳消しをするシナリオが見えてきましたが、果たしてどうなるか解りません。次第に全貌が見えてくるでしょうが、映像があるわけではなく、目に見えにくいものである故に、9.11事件のようには、皆に理解できるものとは成りにくいでしょう。

しかし、いよいよ、待ったなしの急迫化した歴史的・地球的大転換に達しつつあることで、天罰を下される時期が来たようです。何処かで、誰かが天と通じていくことで、天下の大掃除が始まる前兆を感じます。それこそ、渡辺氏の言うような、何処かで陰謀勢力が自ら仕掛けた罠に陥って、墓穴を掘って自滅する神仕組みのような世界刷新が始まることでしょう。その意味では、悪事、陰謀も天罰が下される前提条件とも言えます。

私自身も、暗黒、暗闇、深い霧の中で、次第に、手探りながら、敵の正体が実感をもって見え始め、敵と遭遇し対峙し対決する、正に、身命を賭して天下分け目の壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる時期に来たのかなと言う想いです。そのためには、皮肉ながら、今回の仕掛けられた運命的且つ世界的な危機に便乗し遭遇して、邪魔、抵抗、妨害する勢力としての、売国・亡国の輩、無関心、無気力、無感動の羊達も意識変革をするか、ないしは一掃・淘汰されることが必須のようです。
 

全日空61便ハイジャック事件

 投稿者:自由主義者  投稿日:2008年 6月18日(水)21時35分37秒
  全日空61便ハイジャック事件

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p006.html#page68
 

22.ジョージW.ブッシュ大統領弾劾告発書

 投稿者:不動明王メール  投稿日:2008年 6月18日(水)01時23分52秒
  ARTICLE XXXV
第XXXV条
ENDANGERING THE HEALTH OF 911 FIRST RESPONDERS
911人の初の応答者の健康を危険にさらすこと
In his conduct while President of the United States, George W. Bush, in violation of his constitutional oath to faithfully execute the office of President of the United States and, to the best of his ability, preserve, protect, and defend the Constitution of the United States, and in violation of his constitutional duty under Article II, Section 3 of the Constitution "to take care that the laws be faithfully executed,” has both personally and acting through his agents and subordinates, together with the Vice President, recklessly endangered the health of first responders, residents, and workers at and near the former location of the World Trade Center in New York City.
彼の実施法にアメリカ合衆国(ジョージW.ブッシュ)大統領が、忠実にアメリカ合衆国大統領のオフィスを実行して、彼の能力の及ぶ限り、保存するという彼の憲法誓いの違反において、保護する、そして、アメリカ合衆国の、そして、第II条の下の彼の憲法義務の違反の憲法を擁護し、憲法の第3節、「法律に忠実に実行されるように用心するために、”は個人的に両方ともある、そして、無謀にも、副大統領と共に、彼のエージェントと部下を通してニューヨーク市の世界貿易センターの前の位置と、その近くで初の応答者、居住者と労働者の健康を危険にさらした。
The Inspector General of the Environmental Protection Agency (EPA) August 21, 2003, report numbered 2003-P-00012 and entitled "EPA's Response to the World Trade Center Collapse:
2003年8月21日環境保護局(EPA)の将軍警部、数えられた2003P00012は伝える、そして、表題をつけた、「世界貿易センターにEPAのResponse折りたたむ:
Challenges, Successes, and Areas for Improvement," includes the following findings:
Improvementのための挑戦、SuccessesとAreas」、以下の調査結果を含む:
"[W]hen EPA made a September 18 announcement that the air was 'safe' to breathe, it did not have sufficient data and analyses to make such a blanket statement.
「[W]、雌鶏EPAは9月18日をした空気が呼吸するために『安全だった』という発表、そのような包括的な声明をすることは十分なデータと分析がなかった。
At that time, air monitoring data was lacking for several pollutants of concern, including particulate matter and polychlorinated biphenyls (PCBs).
その時、大気汚染監視データは、粒子状物質を含む重要ないくつかの汚染物質とポリ塩化ビフェニール(PCB)を必要としていた。
Furthermore, The White House Council on Environmental Quality (CEQ) influenced, through the collaboration process, the information that EPA communicated to the public through its early press releases when it convinced EPA to add reassuring statements and delete cautionary ones."
さらにまた、心強い声明を加えて、警告的なものを削除することがEPAを確信させたとき、Environmental Quality(CEQ)の上のホワイトハウス会議は、協同プロセスによって、EPAがその初期のプレス・リリースを通して市民に情報をやりとりしたという情報に影響した。」
"As a result of the White House CEQ's influence, guidance for cleaning indoor spaces and information about the potential health effects from WTC debris were not included in EPA- issued press releases.
「ホワイトハウスCEQの影響の結果、屋内の宇宙をきれいにするためにガイダンス、そして、情報ほとんど、WTC破片からの潜在的健康効果は、EPA-出されたプレス・リリースに含まれなかった。
In addition, based on CEQ's influence, reassuring information was added to at least one press release and cautionary information was deleted from EPA's draft version of that press release. . . .
そのほかに、CEQの影響に基づいて、心強い情報は最も少なくあるプレス・リリースで増された、そして、警告的な情報はそのプレス・リリース...のEPAの草案見解から削除された。
The White House's role in EPA's public communications about WTC environmental conditions was described in a September 12, 2001, e-mail from the EPA Deputy Administrator's Chief of Staff to senior EPA officials:
EPAの公報活動においてホワイトハウスの役割ほとんど、WTC環境状況は、2001年9月12日(EPA副Administratorの参謀長から上級EPA官僚への電子メール)に記述された:
"'All statements to the media should be cleared through the NSC [National Security Council] before they are released.'
「『彼らが解放される前に、メディアへのすべての声明はNSC[国家安全保障会議]を通して処理されなければならない。』
"According to the EPA Chief of Staff, one particular CEQ official was designated to work with EPA to ensure that clearance was obtained through NSC.
「EPA参謀長によると、ある特定のCEQ当局者は、クリアランスがNSCから得られたことを確実とするためにEPAとともに働くために指名された。
The Associate Administrator for the EPA Office of Communications, Education, and Media Relations (OCEMR) said that no press release could be issued for a 3- to 4-week period after September 11 without approval from the CEQ contact."
Communications、EducationとメディアRelations(OCEMR)のEPA事務所のためのAssociate Administratorには、プレス・リリースがCEQ連絡から承認なしで9月11日の後の4週期間まで3-のために出されることができないと書かれていた。」
Acting EPA Administrator Marianne Horinko, who sat in on EPA meetings with the White House has said in an interview that the White House played a coordinating role.
下院にはホワイトハウスが調和している役割に聞かせたとインタビューにおいて書かれていたホワイトとのEPA会談で中で審理したEPA AdministratorマリアンヌHorinko代理。
The National Security Council played the key role, filtering incoming data on ground zero air and water, Horinko said:
国家安全保障会議は鍵となる役割を演じた。そして、爆心地空気と水に関する入って来るデータをフィルターに通す、と、Horinkoには書かれていた:
"I think that the thinking was, these are experts in WMD (weapons of mass destruction), so they should have the coordinating role."
「私は考えがそうだったと思う、これらはWMD(大量破壊兵器)の専門家であるので、彼らは調和している役割がなければならない。」
In the cleanup of the Pentagon following September 11, 2001, Occupational Safety and Health Administration laws were enforced, and no workers became ill. At the World Trade Center site, the same laws were not enforced.
2001年9月11日にあとに続いているペンタゴンの一掃で、職業安全衛生管理局法は実施された、そして、労働者は病気にならなかった。Atは世界貿易センター跡地である、同じ法律は実施されなかった。
In the years since the release of the EPA Inspector General's above-cited report, the Bush Administration has still not affected a clean-up of the indoor air in apartments and workspaces near the site.
将軍警部のものがabove-citedした環境保護庁の発表以来年に、伝えなさい。ブッシュ政府はサイトの近くでアパートとワークスペースで屋内の空気の一掃に更に影響を及ぼさなかった。
Screenings conducted at the Mount Sinai Medical Center and released in the September 10, 2004, Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR) of the federal Centers For Disease Control and Prevention (CDC), produced the following results:
シナイMedicalセンター山で行われて、2004年9月10日(連邦センターズFor Disease ControlとPrevention(CDC)のMorbidityとMortality Weekly Report(MMWR))にリリースされる審査は、以下の結果をもたらした:
"Both upper and lower respiratory problems and mental health difficulties are widespread among rescue and recovery workers who dug through the ruins of the World Trade Center in the days following its destruction in the attack of September 11, 2001.
「上下の呼吸系疾患と精神衛生困難は、2001年9月11日の攻撃においてその破壊の後で日に世界貿易センターの遺跡を掘り進んだ救出と回復労働者の間で広範囲にわたる。
"An analysis of the screenings of 1,138 workers and volunteers who responded to the World Trade Center disaster found that nearly three-quarters of them experienced new or worsened upper respiratory problems at some point while working at Ground Zero.
「世界貿易センター災害に応えた1,138人の労働者とボランティアのふるい分けの分析は、爆心地で働いている間、それらのほぼ4分の3が若干の点で新しいか悪化する上の呼吸系疾患を経験したとわかった。
And half of those examined had upper and/or lower respiratory symptoms that persisted up to the time of their examinations, an average of eight months after their WTC efforts ended."
そして、調べられるそれらの半分は、それが、彼らの試験のとき、彼らのWTC努力が終わった平均8ヵ月後に、持続した、上のおよび/または下の呼吸器症状があった。」
A larger study released in 2006 found that roughly 70 percent of nearly 10,000 workers tested at Mount Sinai from 2002 to 2004 reported that they had new or substantially worsened respiratory problems while or after working at ground zero.
より大きな2002年からシナイ山で試験されるほぼ10,000人の労働者のそのおよそ70パーセントを見つけられて、2006年にリリースされて、調べる2004に彼らが新しいかかなり悪化する呼吸系疾患があることを伝えたまたは爆心地で働くこと。
This study showed that many of the respiratory ailments, including sinusitis and asthma, and gastrointestinal problems related to them, initially reported by ground zero workers persisted or grew worse over time.
これは、調べる副鼻腔炎と喘息を含む呼吸病気と胃腸問題の多数がそれらに関するものであるか、まず最初に爆心地によって労働者が固執すると伝えるか、時間とともにより悪くなることを示した。
Most of the ground zero workers in the study who reported trouble breathing while working there were still having those problems two and a half years later, an indication of chronic illness unlikely to improve over time.
中で大部分の爆心地労働者調べる誰そこで働くことが2年半後にそれらの問題(時間とともによくなるために可能性が低い慢性病気の徴候)が更にある間、呼吸困難が伝えて。
In all of these actions and decisions, President George W. Bush has acted in a manner contrary to his trust as President, and subversive of constitutional government, to the prejudice of the cause of law and justice and to the manifest injury of the people of the United States.
これらの行動と決定の全てにおいて、法律と正義の原因の嫌悪感にとって、そして、アメリカ合衆国の人々の明らかな侮辱にとって、ジョージW.ブッシュ大統領は、ある意味で大統領としての彼の希望と反対で、憲法政府を破壊するふりをした。
Wherefore, President George W. Bush, by such conduct, is guilty of an impeachable offense warranting removal from office.
それゆえに、ジョージW.ブッシュ大統領は、そのような実施法によって、職からの除去を正当化している弾劾すべき罪で有罪である。
alcuinbramerton.blogspot.com/2008/06/extraordinary-rendition-of-president.html
alcuinbramerton.blogspot.com/2008/06/extraordinary-rendition-of-president.html
 

21.ジョージW.ブッシュ大統領弾劾告発書

 投稿者:不動明王メール  投稿日:2008年 6月18日(水)01時15分39秒
編集済
  ARTICLE XXXIV
第XXXIV条
OBSTRUCTION OF INVESTIGATION INTO THE ATTACKS OF SEPTEMBER 11, 2001
2001年9月11日の攻撃の調査の妨害
In his conduct while President of the United States, George W. Bush, in violation of his constitutional oath to faithfully execute the office of President of the United States and, to the best of his ability, preserve, protect, and defend the Constitution of the United States, and in violation of his constitutional duty under Article II, Section 3 of the Constitution "to take care that the laws be faithfully executed,” has both personally and acting through his agents and subordinates, together with the Vice President, obstructed investigations into the attacks on the World Trade Center and Pentagon on September 11, 2001.
彼の実施法にアメリカ合衆国(ジョージW.ブッシュ)大統領が、忠実にアメリカ合衆国大統領のオフィスを実行して、彼の能力の及ぶ限りでは、保存するという彼の憲法誓いの違反において、保護する、そして、アメリカ合衆国の、そして、第II条の下の彼の憲法義務の違反の憲法を擁護しなさい、憲法の第3節、「法律が忠実に実行されるように用心するために、”は個人的に両方ともある、そして、彼のエージェントと部下を通して行うことは、副大統領と共に、2001年9月11日に世界貿易センターとペンタゴンへの攻撃の調査を妨げた。
Following September 11, 2001, President Bush and Vice President Cheney took strong steps to thwart any and all proposals that the circumstances of the attack be addressed.
2001年9月11日あとに続く、ブッシュ大統領とチェイニー副大統領は何でも妨害する強いステップとすべての提案にそれを手にとった。そして、攻撃の状況は述べられる。
Then-Secretary of State Colin Powell was forced to renege on his public promise on September 23 that a "White Paper" would be issued to explain the circumstances.
当時の国務長官コリン・パウエルは、9月23日に「白いPaper」が状況を説明するために出されるという彼の一般の約束に背くために強制された。
Less than two weeks after that promise, Powell apologized for his "unfortunate choice of words," and explained that Americans would have to rely on "information coming out in the press and in other ways."
その約束の2週未満後に、パウエルは彼の「語の不運な選択」について謝罪して、アメリカ人が「プレスにおいて、そして、他の方向で現れている情報に頼ることがあると説明した。」
On Sept. 26, 2001, President Bush drove to Central Intelligence Agency (CIA) headquarters in Langley, Virginia, stood with Director of Central Intelligence George Tenet and said:
2001年9月26日、ブッシュがラングリーの中央情報局(CIA)本部に追いやった大統領、ヴァージニアの上で、中心Intelligenceジョージ・テネットのディレクターで立っていて、そして、書かれている:
"My report to the nation is, we've got the best intelligence we can possibly have thanks to the men and women of the C.I.A.” George Tenet subsequently and falsely claimed not to have visited the president personally between the start of Bush's long Crawford vacation and September 11, 2001.
「私国に伝えるある、我々は我々がおそらく男のおかげであることができる最高の情報機関と女性を受けられてある。そして、C.I.A.”ジョージ・テネットはその後、そして、不正に、個人的に大統領を訪ねられてないと主張した始動するブッシュの長いクロフォード休暇と2001年9月11日の。
Testifying before the 9/11 Commission on April 14, 2004, Tenet answered a question from Commission member Timothy Roemer by referring to the president's vacation (July 29-August 30) in Crawford and insisting that he did not see the president at all in August 2001.
2004年4月14日に9/11委員会の前に証言して、テネットはクロフォードで大統領の休暇(7月8月29日30)に言及して、彼が2001年8月にまったく大統領を見なかったと主張することによって、委員会メンバー・ティモシー・レーマーから質問に答えた。
"You never talked with him?" Roemer asked.
「あなたは、彼と決して口をきかなかった?」、レーマーは質問した。
"No," Tenet replied, explaining that for much of August he too was "on leave.” An Agency spokesman called reporters that same evening to say Tenet had misspoken, and that Tenet had briefed Bush on August 17 and 31.
「いいえ」と、テネットが答えた。そして、とても彼もそうであった8月の多くの間説明する、「leave.”の上で、An Agencyスポークスマンはテネットが誤って話されてあったと書かれているリポーターとても同じ夕方を招集した、そして、そのテネットはブッシュに8月17日と31について説明した。
The spokesman explained that the second briefing took place after the president had returned to Washington, and played down the first one, in Crawford, as uneventful.
スポークスマンは、大統領がワシントンに戻されてあったあと、第2の打ち合せが行われて、問題がないように、クロフォードで、最初のものを軽く扱ったと説明した。
In his book, At the Center of the Storm, (2007) Tenet, refers to what is almost certainly his August 17 visit to Crawford as a follow-up to the "Bin Laden Determined to Strike in the US" article in the CIA-prepared President's Daily Brief of August 6.
彼の会計簿に、Atはストームのセンターである、(2007)テネットはほとんど確かに8月6日のCIAを用意された大統領のデイリーBriefの「米国のストライクへのビンラディンDetermined」記事へのフォローアップとしてのクロフォードへの彼の8月17日の訪問であることに言及する。
That briefing was immortalized in a Time Magazine photo capturing Harriet Myers holding the PDB open for the president, as two CIA officers sit by.
役員が審理する2つのCIAとして、その状況説明は、大統領のためにオープンなPDBを持っているハリエット・マイヤーズを捕らえているTime Magazine写真の中で不滅にされた。
It is the same briefing to which the president reportedly reacted by telling the CIA briefer, "All right, you've covered your ass now." (Ron Suskind, The One-Percent Doctrine, p. 2, 2006).
それは、大統領が伝えられるところでは、CIAブリーフィングをする人に言うことによって反応した同じ状況説明である、「確かに、あなたはカバーされてある現在あなたのロバ。」(ロン・サスキンド、One-Percent Doctrine、2ページ、2006)。
In At the Center of the Storm, Tenet writes:
流行のAtはストームのセンターである、テネットは書く:
"A few weeks after the August 6 PDB was delivered, I followed it to Crawford to make sure that the president stayed current on events."
「8月6日のPDBが届けられた2、3週後に、私は大統領がイベントでカレントのままでいたことを確認するために、クロフォードにそれに続いた。」
A White House press release suggests Tenet was also there a week later, on August 24.
8月24日に、ホワイトハウス・プレス・リリースは、テネットも1週後でそこにいたことを示唆する。
According to the August 25, 2001, release, President Bush, addressing a group of visitors to Crawford on August 25, told them:
2001年8月25日(発表)によると、ブッシュ大統領は、8月25日にクロフォードへの一団の訪問客について述べて、それらを言った:
"George Tenet and I, yesterday, we piled in the new nominees for the Chairman of the Joint Chiefs, the Vice Chairman and their wives and went right up the canyon."
「ジョージ・テネット、そして、昨日、私、我々はJointチーフスの議長の新しいノミネート候補者にがっついた、副議長、そして、彼らの妻、そして、うまく行ったアップ峡谷。」
In early February, 2002, Vice President Dick Cheney warned then-Senate Majority Leader Tom Daschle that if Congress went ahead with an investigation, administration officials might not show up to testify.
2002年2月の初めに、ディック・チェイニー副大統領は、議会が調査を進めるならば、当局者が証言するために現れないかもしれないと当時の上院Majority Leader Tom Daschleに警告した。
As pressure grew for an investigation, the president and vice president agreed to the establishment of a congressional joint committee to conduct a "Joint Inquiry." Eleanor Hill, Executive Director of the Inquiry, opened the Joint Inquiry's final public hearing in mid-September 2002 with the following disclaimer:
圧力が調査のために成長したので、大統領と副大統領は「共同のInquiryを行うために議会合同委員会の設立に同意した。」、エリノア・ヒル(Inquiryの専務取締役)は、以下の断り書きで9月中旬に2002の話を聞いているJoint Inquiryの最後のもの市民を開けた:
"I need to report that, according to the White House and the Director of Central Intelligence, the president's knowledge of intelligence information relevant to this inquiry remains classified, even when the substance of the intelligence information has been declassified."
「情報機関情報の要旨が機密扱いを解かれたときでも、私は、ホワイトハウスと中央Intelligenceのディレクターによると、大統領が分類されるこの問合せ残存者に関連する情報機関情報についての知識があると伝える必要がある。」
The National Commission on Terrorist Attacks, also known as the 9/11 Commission, was created on November 27, 2002, following the passage of congressional legislation signed into law by President Bush.
Terrorist Attacks(別名9/11委員会)の上のナショナル・コミッションは2002年11月27日につくられた。そして、ブッシュ大統領によって法律に署名される議会法律の通過に続いた。
The President was asked to testify before the Commission.
大統領は、委員会の前に証言するよう質問された。
He refused to testify except for one hour in private with only two Commission members, with no oath administered, with no recording or note taking, and with the Vice President at his side.
彼は、そして、副大統領が彼の側にあって、レコーディングまたは注釈なしで、誓いをさせなくて、2人の委員会メンバーだけと非公式に個人としては、時間以外は証言するために、手にとることを拒否した。
Commission Co-Chair Lee Hamilton has written that he believes the commission was set up to fail, was underfunded, was rushed, and did not receive proper cooperation and access to information.
委任Co-Chairリー・ハミルトンは、彼が職権が失敗するために申し立てられたと思っていて、資金不足で、せかせられて、適当な協力と情報への道筋を受けなかったと書いた。
A December 2007 review of classified documents by former members of the Commission found
A 2007年12月見つかる委員会の前メンバーによる機密書類のチェック
that the commission had made repeated and detailed requests to the CIA in 2003 and 2004 for documents and other information about the interrogation of operatives of Al Qaeda,
委任が文書とアルカイダの情報部員の質問に関する他の情報のために2003と2004年にCIAへ度重なって詳細な要請をしたために、
and had been told falsely by a top C.I.A. official that the agency had "produced or made available for review" everything that had been requested.
そして、最高のC.I.A.当局者によって、機関が要請されたすべてを不正に「チェックされるか、された」と話された。
In all of these actions and decisions, President George W. Bush has acted in a manner contrary to his trust as President, and subversive of constitutional government, to the prejudice of the cause of law and justice and to the manifest injury of the people of the United States.
これらの行動と決定の全てにおいて、法律と正義の原因の嫌悪感にとって、そして、アメリカ合衆国の人々の明らかな侮辱にとって、ジョージW.ブッシュ大統領は、ある意味で大統領としての彼の希望と反対で、憲法政府を破壊した。
Wherefore, President George W. Bush, by such conduct, is guilty of an impeachable offense warranting removal from office.
それゆえに、ジョージW.ブッシュ大統領は、そのような実施法によって、職からの除去を正当化している弾劾すべき罪で有罪である。
 

20.ジョージW.ブッシュ大統領弾劾告発書

 投稿者:不動明王メール  投稿日:2008年 6月18日(水)01時14分25秒
  ARTICLE XXXIII
第XXXIII条
REPEATEDLY IGNORED AND FAILED TO RESPOND TO HIGH LEVEL INTELLIGENCE WARNINGS OF PLANNED TERRORIST ATTACKS IN THE US, PRIOR TO 911
繰り返し、無視されて、911の前に、米国でもくろまれたテロ攻撃の高水準情報機関予告に応じるために失敗される
In his conduct while President of the United States, George W. Bush, in violation of his constitutional oath to faithfully execute the office of President of the United States and, to the best of his ability, preserve, protect, and defend the Constitution of the United States, and in violation of his constitutional duty under Article II, Section 3 of the Constitution "to take care that the laws be faithfully executed,” has both personally and acting through his agents and subordinates, together with the Vice President, failed in his Constitutional duties to take proper steps to protect the nation prior to September 11, 2001.
彼の実施法にアメリカ合衆国(ジョージW.ブッシュ)大統領が、忠実にアメリカ合衆国大統領のオフィスを実行して、彼の能力の及ぶ限りでは、保存するという彼の憲法誓いの違反において、保護する、そして、アメリカ合衆国の、そして、第II条の下の彼の憲法義務の違反の憲法を擁護しなさい、憲法の第3節、「法律が忠実に実行されるように用心するために、”は個人的に両方ともある、そして、彼のエージェントと部下を通して行うことは、副大統領と共に、2001年9月11日の前に国を保護するために適当なステップを手にとるために彼の憲法の任務を怠った。
The White House's top counter-terrorism adviser, Richard A. Clarke, has testified that from the beginning of George W. Bush's presidency until September 11, 2001, Clarke attempted unsuccessfully to persuade President Bush to take steps to protect the nation against terrorism.
ホワイトハウスの最高のテロ対策アドバイザー(リチャードA.クラーク)は、ジョージW.ブッシュの在任期間の初めから2001年9月11日まで、クラークが失敗して、国をテロリズムから保護するために処置をとるようブッシュ大統領を説得しようとしたと証言した。
Clarke sent a memorandum to then-National Security Advisor Condoleezza Rice on January 24, 2001, "urgently" but unsuccessfully requesting "a Cabinet-level meeting to deal with the impending al Qaeda attack."
クラークは、2001年1月24日(「緊急に」、しかし、失敗して要請している「間近に迫ったアルカイダ攻撃と取引するために会っている内閣-レベル」)に、それからナショナルSecurity Advisorコンドリーザ・ライスに、メモを送った。
In April 2001, Clarke was finally granted a meeting, but only with second-in-command department representatives, including Deputy Secretary of Defense Paul Wolfowitz, who made light of Clarke's concerns.
2001年4月に、国防長官ポール・ウォルフォウィッツを含む副司令官部代表だけと以外、クラークは会うことをついに与えられた。そして、その人にクラークのされた光は懸念を抱かせる。
Clarke confirms that in June, July, and August, 2001, the Central Intelligence Agency (CIA) warned the president in daily briefings of unprecedented indications that a major al Qaeda attack was going to happen against the United States somewhere in the world in the weeks and months ahead.
クラークは、6月、7月と2001年8月に、中央情報局(CIA)が大きなアルカイダ攻撃が前に週と月におよそ世界のアメリカ合衆国に対して生じそうだったという先例のない徴候の新聞状況説明において大統領に警告したことを確認する。
Yet, Clarke was still unable to convene a cabinet-level meeting to address the issue.
それでも、クラークは問題について述べるために会っている閣僚レベルを召集することが更にできなかった。
Condoleezza Rice has testified that George Tenet met with the president 40 times to warn him that a major al-Qaeda attack was going to take place, and that in response the president did not convene any meetings of top officials.
コンドリーザ・ライスは、ジョージ・テネットが大きなアルカイダ攻撃が起こりそうだった、そして、応えて、大統領が最高の当局のいかなる会議も召集しなかったと彼に警告するために40回大統領に会ったと証言した。
At such meetings, the FBI could have shared information on possible terrorists enrolled at flight schools.
そのような会議で、FBIはパイロット養成学校に入学する考えられるテロリストに関する共有情報があることができた。
Among the many preventive steps that could have been taken, the Federal Aviation Administration, airlines, and airports might have been put on full alert.
それがあることができた多くの防止処置一つの手にとる、連邦航空局(航空会社)、そして、空港はあるかもしれない十分な警報の上でする。
According to Condoleezza Rice, the first and only cabinet-level meeting prior to 9/11 to discuss the threat of terrorist attacks took place on September 4, 2001, one week before the attacks in New York and Washington.
コンドリーザ・ライスによると、ニューヨークとワシントンでの攻撃の1週間前に、テロ攻撃の脅威を議論するために9/11の前に会っている最初と閣僚レベルだけが、2001年9月4日に起こった。
On August 6, 2001, President Bush was presented a President's Daily Brief (PDB) article titled "Bin Laden Determined to Strike in U.S.” The lead sentence of that PDB article indicated that Bin Laden and his followers wanted to "follow the example of World Trade Center bomber Ramzi Yousef and 'bring the fighting to America.'” The article warned:
2001年8月6日に、ブッシュ大統領は(PDB)記事がタイトルをつけた大統領のデイリーBriefを贈られた。そして、「ビンラディンと彼の支持者が必要としたために、導くものはそのPDB記事の宣告するU.S.”のストライクへのビンラディンDeterminedは示した、「世界貿易センター爆撃機Ramziユーセフの例に続きなさい、そして、『アメリカへの戦いを持ってくる。記事が警告した”:
"Al-Qa'ida members--including some who are US citizens--have resided in or traveled to the US for years, and the group apparently maintains a support structure that could aid attacks."
「メンバー ― 米国の市民である何人かを含むこと ― があるアルカイダは長い間米国に住んだか、旅行した、そして、グループは明らかに、攻撃を助けることができたサポート構造を維持する。」
The article cited a "more sensational threat reporting that Bin Laden wanted to hijack a US aircraft," but indicated that the CIA had not been able to corroborate such reporting.
記事は「ビンラディンが米国の航空機を乗っ取りたかったと伝えているより多くのセンセーショナルな脅威」を引用したが、CIAが伝えているそれを補強することができなかったことを示した。
The PDB item included information from the FBI indicating "patterns of suspicious activity in this country consistent with preparations for hijackings or other types of attacks, including recent surveillance of federal buildings in New York.” The article also noted that the CIA and FBI were investigating "a call to our embassy in the UAE in May saying that a group of Bin Laden supporters was in the US planning attacks with explosives."
PDB項目はFBIから情報を含んだ。そして、示す。そして、「これの疑わしい活動のパターンは、ハイジャックまたは他のタイプの攻撃に対する準備と一致した国であるを含む中で連邦建物の新しい監視ニュー記事も触れたYork.”CIAとFBIが、「一団のビンラディン・サポーターが爆薬で攻撃をもくろんでいる米国にいたと書かれている5月のUAEの我々の大使館への呼び出しを調査していた。」
The president spent the rest of August 6, and almost all the rest of August 2001 on vacation.
大統領は、休暇に8月6日の停止と2001年8月のほとんどすべての停止を使った。
There is no evidence that he called any meetings of his advisers to discuss this alarming report.
彼がこの切迫したレポートを議論するために彼のアドバイザーのいかなる会議も招集したという証拠が、ない。
When the title and substance of this PDB article were later reported in the press, then-National Security Adviser Condoleezza Rice began a sustained campaign to play down its significance, until the actual text was eventually released by the White House.
記事が後でそうであったこのPDBのタイトルと実質がプレスにおいて伝えたとき、実際のテキストが結局ホワイトハウスによって公開されるまで、それから国立Security Adviser Condoleezza Riceはその重要性を軽く扱うための継続された運動を開始した。
New York Times writer Douglas Jehl put it this way:
ニューヨークタイムズ・ライター・ダグラス・ジェールは、このようにそれをした:
"In a single 17-sentence document, the intelligence briefing delivered to President Bush in August 2001 spells out the who, hints at the what and points towards the where of the terrorist attacks on New York and Washington that followed 36 days later."
「一つの17-文文書では、2001年8月にブッシュ大統領に届けられる情報機関状況説明は外へもたらす誰、気配で何、そして、点の方へどこで、ニューヨークとワシントンへのテロ攻撃のうち、それは36日後にあとに続いた。」
Eleanor Hill, Executive Director of the joint congressional committee investigating the performance of the US intelligence community before September 11, 2001, reported in mid-September 2002 that intelligence reports a year earlier "reiterated a consistent and constant theme:
エリノア・ヒル(2001年9月11日前に米国情報機関関係者の実行を調査している共同の議会委員会の専務取締役)9月中旬に、伝えた情報機関が1年早く、「一貫したおよび不変なものテーマを繰り返して言ったと伝える2002:
Osama bin Laden's intent to launch terrorist attacks inside the United States."
ウサマ・ビンラディンは、テロ攻撃をアメリカ合衆国に乗り出させるために、意図がある。」
That joint inquiry revealed that just two months before September 11, an intelligence briefing for "senior government officials" predicted a terrorist attack with these words:
その共同の質問で、ちょうど9月11日の2か月前に、「上級官僚」のための情報機関状況説明がこれらの語でテロ攻撃を予測したことが分かった:
"The attack will be spectacular and designed to inflict mass casualties against U.S. facilities or interests.
「攻撃は素晴らしくて、米国の施設または重要性に対して多勢の犠牲者を負わせるようになっている。
Attack preparations have been made.
攻撃準備は、あるする。
Attack will occur with little or no warning."
襲撃は、ほとんど警告を鳴らして起こらない。」
Given the White House's insistence on secrecy with regard to what intelligence was given to President Bush, the joint-inquiry report does not divulge whether he took part in that briefing.
情報機関がブッシュ大統領に与えられたものに関する秘密のホワイトハウスの強調があれば、共同の問合せが、彼がその状況説明に参加したかどうか、明かさないことを伝える。
Even if he did not, it strains credulity to suppose that those "senior government officials" would have kept its alarming substance from the president.
たとえ彼がそうしなかったとしても、「上級官僚」があるそれらが大統領からその切迫した物質を保ったと仮定することは信じやすさの重圧となる。
Again, there is no evidence that the president held any meetings or took any action to deal with the threats of such attacks.
また、大統領がいかなる会議も持ったか、そのような発作の兆しと取引するためにいかなる行動も手にとったという証拠が、ない。
In all of these actions and decisions, President George W. Bush has acted in a manner contrary to his trust as President, and subversive of constitutional government, to the prejudice of the cause of law and justice and to the manifest injury of the people of the United States.
これらの行動と決定の全てにおいて、法律と正義の原因の嫌悪感にとって、そして、アメリカ合衆国の人々の明らかな侮辱にとって、ジョージW.ブッシュ大統領は、ある意味で大統領としての彼の希望と反対で、憲法政府を破壊するふりをした。
Wherefore, President George W. Bush, by such conduct, is guilty of an impeachable offense warranting removal from office.
それゆえに、ジョージW.ブッシュ大統領は、そのような実施法によって、職からの除去を正当化している弾劾すべき罪で有罪である。
 

19.ジョージW.ブッシュ大統領弾劾告発書

 投稿者:不動明王メール  投稿日:2008年 6月18日(水)01時09分8秒
  ARTICLE XXXII
第XXXII条
MISLEADING CONGRESS AND THE AMERICAN PEOPLE, SYTEMATICALLY UNDERMINING EFFORTS TO ADDRESS GLOBAL CLIMATE CHANGE.
まぎらわしい議会と米国民(世界的な気候変動について述べる努力を台無しにしているSYTEMATICALLY)。
In his conduct while President of the United States, George W. Bush, in violation of his constitutional oath to faithfully execute the office of President of the United States and, to the best of his ability, preserve, protect, and defend the Constitution of the United States, and in violation of his constitutional duty under Article II, Section 3 of the Constitution "to take care that the laws be faithfully executed,” has both personally and acting through his agents and subordinates, together with the Vice President, ignored the peril to life and property posed by global climate change, manipulated scientific information and mishandled protective policy, constituting nonfeasance and malfeasance in office, abuse of power, dereliction of duty, and deception of Congress and the American people.
彼の実施法にアメリカ合衆国(ジョージW.ブッシュ)大統領が、忠実にアメリカ合衆国大統領のオフィスを実行して、彼の能力の及ぶ限りでは、保存するという彼の憲法誓いの違反において、保護する、そして、アメリカ合衆国の、そして、第II条の下の彼の憲法義務の違反の憲法を擁護しなさい、憲法の第3節、「法律が忠実に実行されるように用心するために、”は個人的に両方ともある、そして、彼のエージェントと部下を通して行うことは、副大統領と共に、生命に危険を無視した、そして、資産は世界的な気候変動によってポーズをとって、科学的な情報を操作して、保護方針の処置を誤った。そして、議会と米国民の職、権力の濫用、職務怠慢と偽装で不作為と不正行為を構成する。
President Bush knew the expected effects of climate change and the role of human activities in driving climate change.
ブッシュ大統領は、駆動気候変動で気候変動の期待される影響と人間の活動の役割を知っていた。
This knowledge preceded his first Presidential term.
この知識は、彼の最初の大統領の条件に先行した。
1. During his 2000 Presidential campaign, he promised to regulate carbon dioxide emissions.
1. 彼の2000年の大統領選挙戦の間に、彼は二酸化炭素の排出を管理すると約束した。
2. In 2001, the Intergovernmental Panel on Climate Change, a global body of hundreds of the world's foremost experts on climate change, concluded that "most of observed warming over last 50 years (is) likely due to increases in greenhouse gas concentrations due to human activities." The Third Assessment Report projected several effects of climate change such as continued "widespread retreat" of glaciers, an "increase threats to human health, particularly in lower income populations, predominantly within tropical/subtropical countries," and "water shortages."
2. 2001、気候変動に関する政府間パネル、気候変動の世界の一番の専門家の何百の世界的な体で、その「人間の活動による温室効果ガス集中の増加への最後の50年(ある)のありそうな与えられるべきものの上の大部分の観察された温暖化は結論を出した。」3回目の評価が、気候変動(例えば氷河の継続した「広範囲にわたる退却」、「熱帯/亜熱帯国の中で、特に低い収入人口で、人間の健康に対する脅威を主に増大しなさい」ことと「水不足)のいくつかの影響を計画したことを伝える。」
3. The grave danger to national security posed by global climate change was recognized by the Pentagon's Defense Advanced Planning Research Projects Agency in October of 2003.
3. 世界的な気候変動によってもたらされる国家の安全に対する重大な脅威は、2003年10月に研究プロジェクト・エージェンシーをもくろんで進められるペンタゴンの防御によって認められた。
An agency-commissioned report "explores how such an abrupt climate change scenario could potentially de-stabilize the geo-political environment, leading to skirmishes, battles, and even war due to resource constraints such as:
機関に権限を与えられたレポートは「そのような突然の気候変動シナリオが、例えば資源制約のために衝突、戦いといっそう戦争に至って、地政学的な環境を潜在的に不安定にすることができた方法を調査する:
1) Food shortages due to decreases in net global agricultural production 2) Decreased availability and quality of fresh water in key regions due to shifted precipitation patters, causing more frequent floods and droughts 3) Disrupted access to energy supplies due to extensive sea ice and storminess."
1)正味の世界的な農業生産2の減少によりFood不足)Decreased有効性、そして、より多くの頻繁な洪水とかんばつ3を引き起こして、移された降水パターのための重要な地方の淡水の品質)広範囲な海氷と激しさのためのエネルギー供給へのDisrupted道筋。」
4. A December 2004 paper in Science reviewed 928 studies published in peer reviewed journals to determine the number providing evidence against the existence of a link between anthropogenic emissions of carbon dioxide and climate change.
4. 科学の紙がチェックした2004年12月、928は量を決定するために仲間批評されたジャーナルで発表されて、調べる存在に不利な証拠を提供するの二酸化炭素と気候変動の人類発生の放出の間で、関連がある。
"Remarkably, none of the papers disagreed with the consensus position."
「意外なことに、紙のどれも、コンセンサス位置と意見が合った。」
5. The November 2007 Inter-Governmental Panel on Climate Change (IPCC) Fourth Assessment Report showed that global anthropogenic emissions of greenhouse gasses have increased 70% between 1970 and 2004, and anthropogenic emissions are very likely the cause of global climate change.
5. 気候変動(IPCC)に関して2007年11月インター政府のパネル4回目の評価が、ガスがある温室の世界的な人類発生の放出が1970~2004年に70%を増大した、そして、人類発生の放出がたぶん世界的な気候変動の原因であることを示したことを伝える。
The report concluded that global climate change could cause the extinction of 20 to 30 percent of species in unique ecosystems such as the polar areas and biodiversity hotspots, increase extreme weather events especially in the developing world, and have adverse effects on food production and fresh water availability.
伝える世界的な気候変動が極地のエリアのような独特の生態系の20~30パーセントの種と生物多様性ホットスポットの絶滅を引き起こす可能性があることを結論を出して、特に発展途上の世界の最大の天気イベントを増大して、そして、食糧生産と淡水有効性に対する逆効果をある。
The President has done little to address this most serious of problems, thus constituting an abuse of power and criminal neglect.
大統領は、問題の深刻で、このように権力の濫用と犯罪的な軽視を構成して最もこれについて述べるために何もしなかった。
He has also actively endeavored to undermine efforts by the federal government, states, and other nations to take action on their own.
彼は、自分達だけで行動を起こす連邦政府、状態と他の国による努力を台無しにしようとも活発に努力した。
1. In March 2001, President Bush announced the U.S. would not be pursuing ratification of the Kyoto Protocol, an international effort to reduce greenhouse gasses.
1. 2001年3月に、ブッシュ大統領は、アメリカが京都議定書(温室効果ガスを減らす国際的な努力)の批准を続行していないと発表した。
The United States is the only industrialized nation that has failed to ratify the accord.
アメリカ合衆国は、協定を批准することができなかった唯一の先進工業国である。
2. In March0f 2008, Representative Henry Waxman wrote to EPA Administrator Stephen Johnson:
2. March0f 2008に、ヘンリー・ワックスマン下院議員は、EPA管理者スティーブン・ジョンソンに手紙を書いた:
"In August 2003, the Bush Administration denied a petition to regulate CO2 emissions from motor vehicles by deciding that CO2 was not a pollutant under the Clean Air Act.
「2003年8月に、ブッシュ政府は、CO2が大気清浄法の下の汚染物質でなかったと決めることによって自動車からのCO2排気物を管理するために、嘆願書に関係がないと言った。
In April 2007, the U.S. Supreme Court overruled that determination in Massachusetts v. EPA.
2007年4月に、米最高裁判所は、マサチューセッツ対EPAでその決断力をくつがえした。
The Supreme Court wrote that "If EPA makes a finding of endangerment, the Clean Air Act requires the agency to regulate emissions of the deleterious pollutant from new motor vehicles." The EPA then conducted an extensive investigation involving 60-70 staff who concluded that “CO2 emissions endanger both human health and welfare.” These findings were submitted to the White House, after which work on the findings and the required regulations was halted."
最高裁判所はそれに手紙に書いた、「EPAが危険にさらすことの発見をするならば、大気清浄法は新しい自動車から有害な汚染物質の放出を管理することを機関に要求する。」、環境保護庁はそれから、“CO2放出が両方の人間の健康を危険にさらすと結論を出した60-70のスタッフが関係している広範囲な調査を実行した、そして、welfare.”These調査結果はホワイトハウスに提出された、そしてその後、調査結果の研究と必須の規則は停止した。」
3. A Memo to Members of the Committee on Oversight and Government Reform on May 19, 2008 stated "The record before the Committee shows:
3. 過失委員会のメンバーへのメモと2008年5月19日の政府改革は、「委員会ショーの前の記録を述べた:
(1) the career staff at EPA unanimously supported granting California's petition (to be allowed to regulate greenhouse gas emissions from cars and trucks, consistent with California state law);
EPAの職業スタッフは、満場一致でカリフォルニアの嘆願書(車とトラック(カリフォルニア州法と一致した)からの温室効果ガス排気物を管理するために許されるために)を与えることを支えた(1);
(2) Stephen Johnson, the Administrator of EPA, also supported granting California's petition at least in part;
(2)スティーブン・ジョンソン(EPAのAdministrator)は、また、ある程度少なくともカリフォルニアの嘆願書を与えることを支えた;
and (3) Administrator Johnson reversed his position after communications with officials in the White House."
そして、(3) Administratorジョンソンは、ホワイトハウスで当局とのコミュニケーションの後、彼の位置を翻した。」
The President has suppressed the release of scientific information related to global climate change, an action which undermines Congress' ability to legislate and provide oversight, and which has thwarted efforts to prevent global climate change despite the serious threat that it poses.
大統領は、世界的な気候変動(法律を制定して、過失を提供する会議の能力を徐々にむしばむ行動)に関連した科学的な情報の発表を抑圧した、そして、いずれがそれがポーズをとるという深刻な威嚇にもかかわらず世界的な気候変動を防ぐ妨害された努力があるか。
1. In February, 2001, ExxonMobil wrote a memo to the White House outlining ways to influence the outcome of the Third Assessment report by the Intergovernmental Panel on Climate Change.
1. 2001年2月に、ExxonMobilは気候変動に関する政府間パネルによる第3の評価レポートの結果に影響する方法を概説しているホワイトハウスに、メモを書いた。
The memo opposed the reelection of Dr. Robert Watson as the IPCC Chair.
メモは、IPCC Chairとしてロバート・ワトソン博士の再選のじゃまをした。
The White House then supported an opposition candidate, who was subsequently elected to replace Dr. Watson.
ホワイトハウスはそれから対立候補を支えた。そして、その人はワトソン博士を替えるためにその後選ばれた。
2. The New York Times on January 29, 2006, reported that James Hansen, NASA's senior climate scientist was warned of "dire consequences" if he continued to speak out about global climate change and the need for reducing emissions of associated gasses.
2. 2006年1月29日にニューヨークタイムズ、そのジェームズ・ハンセンは伝えた、彼が外へ伝え続けるならば、NASAの上級気候科学者が「ひどい結果」を知られてほとんど全世界の気候変動、そして、関連するガスの排出を減らすために必要。
The Times also reported that:
タイムズでも、それを伝えた:
"At climate laboratories of the National Oceanic and Atmospheric Administration, for example, many scientists who routinely took calls from reporters five years ago can now do so only if the interview is approved by administration officials in Washington, and then only if a public affairs officer is present or on the phone."
「たとえば、多くの海洋大気局の気候研究所で科学者通常誰手にとった5が何年も前現在、公務役員がいるか電話中の場合だけインタビューがワシントンとその時に当局者に承認される場合だけ、そうすることができるリポーターから、招集する。」
3. In December of 2007, the House Committee on Oversight and Government Reform issued a report based on 16 months of investigation and 27,000 pages of documentation.
3. 2007年12月に、下院過失と政府改革委員会は、16ヵ月の調査と27,000ページのドキュメンテーションに基づくレポートを出した。
According to the summary:
概要によって:
"The evidence before the Committee leads to one inescapable conclusion:
「委員会の前の証拠は、避けられない結論をものに導く:
the Bush Administration has engaged in a systematic effort to manipulate climate change science and mislead policy makers and the public about the dangers of global warming." The report described how the White House appointed former petroleum industry lobbyist Phil Cooney as head of the Council on Environmental Quality.
ブッシュ政府は、気候変動科学を操って、地球温暖化の危険性について政策立案者と市民を誤解させる組織的努力に携わった。」、レポートはホワイトハウスがどのように元石油産業ロビイスト・フィル・クーニーをEnvironmental Qualityの上の会議の支配者に任命するかについて述べた。
The report states "There was a systematic White House effort to minimize the significance of climate change by editing climate change reports.
レポートでは、している、「気候変動報告を編集することによって気候変動の重要性を最小にする組織的ホワイトハウス努力が、あった。
CEQ Chief of Staff Phil Cooney and other CEQ officials made at least 294 edits to the Administration's Strategic Plan of the Climate Change Science Program to exaggerate or emphasize scientific uncertainties or to de-emphasize or diminish the importance of the human role in global warming."
CEQ参謀長フィル・クーニーと他のCEQ当局は、誇張するか、科学的な不確実性を強調するか、地球温暖化での人間の役割の重要性を重視するのをやめるか、減らすために、Climate Change Science Programの政府のStrategic Planへ、少なくとも294の編集をした。」
4. On April 23, 2008, Representative Henry Waxman wrote a letter to EPA Administrator Stephen L Johnson.
4. 2008年4月23日に、ヘンリー・ワックスマン下院議員は、EPA管理者スティーブンLジョンソンに、手紙を書いた。
In it he reported:
それの中で、彼は伝えた:
"Almost 1,600 EPA scientists completed the Union of Concerned Scientists survey questionnaire.
「ほぼ1,600人のEPA科学者は、憂慮する科学者同盟調査アンケートに記入した。
Over 22 percent of these scientists reported that 'selective or incomplete use of data to justify a specific regulatory outcome' occurred 'frequently' or 'occasionally' at EPA.
これらの科学者の22パーセント以上は、『特定の調整結果を正当化するデータの選択的であるか不完全な使用』がEPAで『しばしば』、または、『臨時に』起こると伝えた。
Ninety-four EPA scientists reported being frequently or occasionally directed to inappropriately exclude or alter technical information from an EPA scientific document.
94人のEPA科学者は、EPA科学的な文書から不適当に技術情報を除外するか、変えるようにしばしば、または、臨時に命じられると伝えた。
Nearly 200 EPA scientists said that they have frequently or occasionally been in situations in which scientists have actively objected to, resigned from or removed themselves from a project because of pressure to change scientific findings."
ほぼ200人のEPA科学者には彼らがしばしばあると書かれていた、あるいは、時折中で状況にいる、科学者は反対されるか、退職されるか、科学的な調査結果を変えるために圧力のため、彼ら自身プロジェクトから取り去られて活発にある。」
In all of these actions and decisions, President George W. Bush has acted in a manner contrary to his trust as President and subversive of constitutional government, to the prejudice of the cause of law and justice and to the manifest injury of the people of the United States.
これらの行動と決定の全てにおいて、法律と正義の原因の嫌悪感にとって、そして、アメリカ合衆国の人々の明らかな侮辱にとって、ジョージW.ブッシュ大統領は、ある意味で大統領としての彼の希望と反対で憲法政府を破壊するふりをした。
Wherefore, President George W. Bush, by such conduct, is guilty of an impeachable offense warranting removal from office.
それゆえに、ジョージW.ブッシュ大統領は、そのような実施法によって、職からの除去を正当化している弾劾すべき罪で有罪である。
 

18.ジョージW.ブッシュ大統領弾劾告発書

 投稿者:不動明王メール  投稿日:2008年 6月18日(水)01時07分57秒
  ARTICLE XXX
第XXX条
MISLEADING CONGRESS AND THE AMERICAN PEOPLE IN AN ATTEMPT TO DESTROY MEDICARE
まぎらわしい議会とメディケアを破壊する試みの米国民
In his conduct while President of the United States, George W. Bush, in violation of his constitutional oath to faithfully execute the office of President of the United States and, to the best of his ability, preserve, protect, and defend the Constitution of the United States, and in violation of his constitutional duty under Article II, Section 3 of the Constitution "to take care that the laws be faithfully executed,” has both personally and acting through his agents and subordinates, together with the Vice President, pursued policies which deliberately drained the fiscal resources of Medicare by forcing it to compete with subsidized private insurance plans which are allowed to arbitrarily select or not select those they will cover;
彼の実施法にアメリカ合衆国(ジョージW.ブッシュ)大統領が、忠実にアメリカ合衆国大統領のオフィスを実行して、彼の能力の及ぶ限りでは、保存するという彼の憲法誓いの違反において、保護する、そして、アメリカ合衆国の、そして、第II条の下の彼の憲法義務の違反の憲法を擁護しなさい、憲法の第3節、「法律が忠実に実行されるように用心するために、”は個人的に両方ともある、そして、彼のエージェントと部下を通して行うことは、副大統領と共に、保険料がもくろむ助成金を支給された兵卒と争うためにそれを強制することによって故意にメディケアの財源を流出させた方針を進めた、いずれが任意に選ぶか、彼らがカバーするそれらを選ばないために許される;
failing to provide reasonable levels of reimbursements to Medicare providers, thereby discouraging providers from participating in the program, and designing a Medicare Part D benefit without cost controls which allowed pharmaceutical companies to gouge the American taxpayers for the price of prescription drugs.
それによってプロバイダーにプログラムに参加することを思いとどまらせて、返済の相当なレベルをメディケア・プロバイダーに提供することができなくて、原価なしでメディケアPart Dの利点を設計することは、いずれが処方薬の値段のためにアメリカの納税者からふんだくるために製薬会社を許したかについて制御する。
The President created, manipulated, and disseminated information given to the citizens and Congress of the United States in support of his prescription drug plan for Medicare that enriched drug companies while failing to save beneficiaries sufficient money on their prescription drugs.
大統領は市民に伝えられる情報をつくって、操作して、広めた、そして、彼らの処方薬によって受益者は十分なお金をしないで済むことができていない間、彼の処方薬を支持するアメリカ合衆国会議はメディケアのためにその豊かな製薬会社をもくろむ。
He misled Congress and the American people into thinking the cost of the benefit was $400 billion.
彼は議会を誤らせた、そして、利益のコストを考えることへの米国民は4000億ドルであった。
It was widely understood that if the cost exceeded that amount, the bill would not pass due to concerns about fiscal irresponsibility.
コストがその量の限度を越えるならば、請求が懸念のためにほとんど財政無責任を超えないだろうと広く思われた。
A Medicare Actuary who possessed information regarding the true cost of the plan, $539 billion, was instructed by the Medicare Administrator to deny Congressional requests for it.
計画(5390億ドル)の本当のコストに関して情報を備えていたメディケアActuaryは、メディケアAdministratorによってそれの議会の要請に関係がないと言うように指示された。
The Actuary was threatened with sanctions if the information was disclosed to Congress, which, unaware of the information, approved the bill.
情報が議会に明らかにされるならば、Actuaryは制裁の恐れがあった。そして、情報を知らなくて、それは請求を承認した。
Despite the fact that official cost estimates far exceeded $400 billion, President Bush offered assurances to Congress that the cost was $400 billion, when his office had information to the contrary.
公式原価見積りがずっと4000億ドルの限度を越えたという事実にもかかわらず、ブッシュ大統領は議会にコストが4000億ドルであったという保証を提供した。そのとき、彼のオフィスは反対に情報があった。
In the House of Representatives, the bill passed by a single vote and the Conference Report passed by only five votes.
下院では、請求は一回の投票を見過ごした、そして、会議レポートは5つの投票だけを見過ごした。
The White House knew the actual cost of the drug benefit was high enough to prevent its passage.
ホワイトハウスは、薬の利点の実際のコストがその通路を防ぐのに十分高いということを知っていた。
Yet the White House concealed the truth and impeded an investigation into its culpability.
それでも、ホワイトハウスは真実を隠して、その有罪の調査を妨げた。
In all of these actions and decisions, President George W. Bush has acted in a manner contrary to his trust as President, and subversive of constitutional government, to the prejudice of the cause of law and justice and to the manifest injury of the people of the United States.
これらの行動と決定の全てにおいて、法律と正義の原因の嫌悪感にとって、そして、アメリカ合衆国の人々の明らかな侮辱にとって、ジョージW.ブッシュ大統領は、ある意味で大統領としての彼の希望と反対で、憲法政府を破壊するふりをした。
Wherefore, President George W. Bush, by such conduct, is guilty of an impeachable offense warranting removal from office.
それゆえに、ジョージW.ブッシュ大統領は、そのような実施法によって、職からの除去を正当化している弾劾すべき罪で有罪である。


ARTICLE XXXI
第XXXI条
KATRINA:
カトリーナ:
FAILURE TO PLAN FOR THE PREDICTED DISASTER OF HURRICANE KATRINA, FAILURE TO RESPOND TO A CIVIL EMERGENCY
FAILURE TO PLAN FOR THE PREDICTED DISASTER OF HURRICANE KATRINA、FAILURE TO RESPOND TO A CIVIL EMERGENCY
In his conduct while President of the United States, George W. Bush, in violation of his constitutional oath to faithfully execute the office of President of the United States and, to the best of his ability, preserve, protect, and defend the Constitution of the United States, and in violation of his constitutional duty under Article II, Section 3 of the Constitution "to take care that the laws be faithfully executed,” has both personally and acting through his agents and subordinates, failed to take sufficient action to protect life and property prior to and in the face of Hurricane Katrina in 2005, given decades of foreknowledge of the dangers of storms to New Orleans and specific forewarning in the days prior to the storm.
彼の実施法にアメリカ合衆国(ジョージW.ブッシュ)大統領が、忠実にアメリカ合衆国大統領のオフィスを実行して、彼の能力の及ぶ限りでは、保存するという彼の憲法誓いの違反において、保護する、そして、アメリカ合衆国の、そして、第II条の下の彼の憲法義務の違反の憲法を擁護しなさい、憲法の第3節、「法律が忠実に実行されるように用心するために、”は個人的に両方ともある、そして、彼のエージェントと部下を通して行うことは2005年にハリケーン・カトリーナの前に、そして、に直面して生命と資産を保護するために十分な行動を手にとることができなかった。そして、嵐の前に日にニューオリンズと特定の事前警告に嵐の危険性の事前情報の数十年を与えられる。
The President failed to prepare for predictable and predicted disasters, failed to respond to an immediate need of which he was informed, and has subsequently failed to rebuild the section of our nation that was destroyed.
大統領は、予想できて予測された災害(彼が告げられた差し迫った必要に応じるために失敗される)のために用意することができなかった、そして、破壊された我が国の地域を立て直すことをその後できない。
Hurricane Katrina killed at least 1,282 people, with 2 million more displaced.
より位置がずれる200万で、ハリケーン・カトリーナは、少なくとも1,282人を殺した。
302,000 housing units were destroyed or damaged by the hurricane, 71% of these were low-income units.
302,000の住宅装置は破壊された、あるいは、ハリケーンによって損害を受けて、これらの71%は低収入の装置であった。
More than 500 sewage plants were destroyed, more than 170 point-source leakages of gasoline, oil, or natural gas, more than 2000 gas stations submerged, several chemical plants, 8 oil refineries, and a superfund site was submerged.
500本の汚水植物が滅ぼされたより、多くで、ガソリン、油または天然ガスの170の点光源漏出、水浸しにされる2000以上のガソリンスタンド、いくつかの化学プラント、8つの精油所とスーパーファンド・サイトより多くのものは水に入れられた。
8 million gallons of oil were spilled.
800万ガロンの油はこぼされた。
Toxic materials seeped into floodwaters and spread through much of the city and surrounding areas.
中毒資料は出水に浸透して、都市と周囲のエリアの大いに終わりまで流布した。
The predictable increased strength of hurricanes such as Katrina has been identified by scientists for years, and yet the Bush Administration has denied this science and restricted such information from official reports, publications, and the National Oceanic and Atmospheric Agency's website.
カトリーナのようなハリケーンの予想できる増大された強さは、長い間科学者によって確認された、が、ブッシュ政府は、この科学に関係がないと言った、そして、当局者からのそのような情報を制限する伝える、出版物と海洋大気局のウェブサイト。
Donald Kennedy, editor-in-chief of Science, wrote in 2006 that "hurricane intensity has increased with oceanic surface temperatures over the past 30 years.
ドナルド・ケネディ(Scienceの編集長)は、2006年に、それに手紙に書いた、「ハリケーン激烈さは、過去の上に海面温度で30年を増大した。
The physics of hurricane intensity growth … has clarified and explained the thermodynamic basis for these observations.
…があるハリケーン激烈さ成長の物理学は、これらの観察の熱力学根拠をはっきりさせて、説明した。
[Kerry] Emanuel has tested this relationship and presented convincing evidence."
[ケリー]エマニュエルは、この関係を検定して、納得のいく証拠を提示した。」
FEMA's 2001 list of the top three most likely and most devastating disasters were a San Francisco earthquake, a terrorist attack on New York, and a Category 4 hurricane hitting New Orleans, with New Orleans being the number one item on that list.
トップ3つの最もありそうで最も猛烈な災害のFEMAの2001のリストは、サンフランシスコ地震、ニューヨークへのテロ攻撃とニューオリンズに打撃を与えているカテゴリー4ハリケーンであった、ニューオリンズでそれの一番の項目であることが価格がついていること。
FEMA conducted a five-day hurricane simulation exercise in 2004, "Hurricane Pam," mimicking a Katrina-like event.
FEMAは、Katrina-likeイベントを模倣して、2004(「ハリケーンPam」)年に、5日のハリケーン・シミュレーション運動を実行した。
This exercise combined the National Weather Service, the U.S. Army Corps of Engineers, the LSU Hurricane Center and other state and federal agencies, resulting in the development of emergency response plans.
この運動は米国気象課、米陸軍工兵隊、LSU Hurricane Centerと他状態と連邦機関を統合した。そして、反応がもくろむ非常事態の展開に終わった。
The exercise demonstrated, among other things, that thousands of mainly indigent New Orleans residents would be unable to evacuate on their own.
とりわけ、運動は何千もの主に困窮しているニューオリンズの住民は自分達だけで避難することができないことを証明した。
They would need substantial government assistance.
彼らは、相当な政府援助を必要とする。
These plans, however, were not implemented in part due to the President's slashing of funds for protection.
これらの計画は、しかし、一つには大統領が保護の資金を大幅削減することのために実行されなかった。
In the year before Hurricane Katrina hit, the President continued to cut budgets and deny grants to the Gulf Coast.
カトリーナが遭ったハリケーンの前の年には、大統領は予算をカットして、メキシコ湾岸に補助金に関係がないと言い続けた。
In June of 2004 the Army Corps of Engineers levee budget for New Orleans was cut, and it was cut again in June of 2005, this time by $71.2 million or a whopping 44% of the budget.
2004年6月に、ニューオリンズのための陸軍工兵隊レセプション予算はカットされた、そして、7120万ドルまたは予算の途方もない44%による今度は、それは2005年6月に再びカットされた。
As a result, ACE was forced to suspend any repair work on the levees.
その結果、ACEはレセプションのどんな修理研究でも中止するために強制された。
In 2004 FEMA denied a Louisiana disaster mitigation grant request.
2004年に、FEMAはルイジアナ災難緩和補助金要請に関係がないと言った。
The President was given multiple warnings that Hurricane Katrina had a high likelihood of causing serious damage to New Orleans and the Gulf Coast.
大統領は、ハリケーン・カトリーナがニューオリンズとメキシコ湾岸に重い損傷を引き起こす高い見込みがあったという複数の警告をされた。
At 10 AM on Sunday 28 August 2005, the day before the storm hit, the National Weather Service published an alert titled "DEVASTATING DAMAGE EXPECTED.” Printed in all capital letters, the alert stated that "MOST OF THE AREA WILL BE UNINHABITABLE FOR WEEKS...PERHAPS LONGER.
2005年8月28日日曜日の午前10時(嵐が打ったその前日)で、米国気象課はタイトルをつけられる警報を発表した。そして、「すべての大文字のDEVASTATING DAMAGE EXPECTED.”Printed、警報はその「MOST OF THE AREA WILL BE UNINHABITABLE FOR WEEKS...PERHAPS LONGERを述べた。
AT LEAST ONE HALF OF WELL CONSTRUCTED HOMES WILL HAVE ROOF AND WALL FAILURE.
AT LEAST ONE HALF OF WELL CONSTRUCTED HOMES WILL HAVE ROOF AND WALL FAILURE。
… POWER OUTAGES WILL LAST FOR WEEKS.
…POWER OUTAGES WILL LAST FOR WEEKS。
… WATER SHORTAGES WILL MAKE HUMAN SUFFERING INCREDIBLE BY MODERN STANDARDS."
…WATER SHORTAGES WILL MAKE HUMAN SUFFERING INCREDIBLE BY MODERN STANDARDS。」
The Homeland Security Department also briefed the President on the scenario, warning of levee breaches and severe flooding.
国土安全保障部も大統領にシナリオについて説明した。そして、レセプション違反と猛烈な氾濫を警告した。
According to the New York Times, "a Homeland Security Department report submitted to the White House at 1:47 a.m. on Aug. 29, hours before the storm hit, said, 'Any storm rated Category 4 or greater will likely lead to severe flooding and/or levee breaching.'" These warnings clearly contradict the statements made by President Bush immediately after the storm that such devastation could not have been predicted.
ニューヨークタイムズによって、「『どんな嵐でも、水面におどり出ている猛烈な氾濫やレセプションに導かれて、カテゴリー4またはより多量の意志をありそうであると評価した。』と、国土安全保障部には8月29日の午前1時47分に、何時間も遭われる嵐の前にホワイトハウスに提出されて伝えて、書かれていた。」、These警告は明らかに、嵐の直後にブッシュ大統領によってされる声明と矛盾する。そして、そのような荒廃はあることができなかった予測する。
On 1 September 2005 the President said "I don't think anyone anticipated the breach of the levees."
2005年9月1日に、大統領には書かれていた、「私は、誰もレセプションの違反を予想したと思わない。」
The President's response to Katrina via FEMA and DHS was criminally delayed, indifferent, and inept.
FEMAとDHSを経たカトリーナへの大統領の反応は、刑法上遅延されて、無関心で、不適当だった。
The only FEMA employee posted in New Orleans in the immediate aftermath of Hurricane Katrina, Marty Bahamonde, emailed head of FEMA Michael Brown from his Blackberry device on August 31, 2005 regarding the conditions The email was urgent and detailed and indicated that "The situation is past critical…Estimates are many will die within hours.” Brown's reply was emblematic of the administration's entire response to the catastrophe:
ハリケーン・カトリーナ(マーティBahamonde)の即座の余波でニューオリンズに掲示される唯一のFEMA従業員電子メールが緊急で、それを詳述して、示したという状況に関する2005年8月31日の彼のBlackberry装置からのFEMAマイケル・ブラウンの支配者を電子メールを送る、「状況はcritical…Estimatesが多数意志型である過去である。そして、hours.”ブラウンの答えは大災害への管理の全ての反応の象徴だった:
"Thanks for the update.
「最新版をありがとう。
Anything specific I need to do or tweak?" The Secretary of Homeland Security, Michael Chertoff, did not declare an emergency, did not mobilize the federal resources, and seemed to not even know what was happening on the ground until reporters told him.
私がするか、つまんでもらいたい特定の何でも?」、国土安全保障長官(マイケル・チャートフ)は非常事態が連邦資源を起動させないと断言しなかった、そして、あるようであるいっそうリポーターが彼に言うまで、何が地上で生じていたかについてわかっている。
On Friday August 26, 2005, Governor Kathleen Blanco declared a State of Emergency in Louisiana and Governor Haley Barbour of Mississippi followed suit the next day.
2005年8月26日金曜日に、総裁キャサリーン・ブランコはルイジアナでEmergency州を宣言した、そして、ミシシッピの総裁ヘイリー・バーバーはその翌日先例に従った。
Also on that Saturday, Governor Blanco asked the President to declare a Federal State of Emergency, and on 28 August 2005, the Sunday before the storm hit, Mayor Nagin declared a State of Emergency in New Orleans.
その土曜日にも、総裁ブランコは大統領にEmergencyのFederal Stateを宣言するよう質問した、そして、2005年8月28日に、日曜日に、嵐が打つ前に、Nagin市長はニューオリンズでEmergency州を宣言した。
This shows that the local authorities, responding to federal warnings, knew how bad the destruction was going to be and anticipated being overwhelmed.
これは、地方自治体が、連邦警告に応じて、破壊がどれくらい悪くなるかについてわかっていて、圧倒されることを楽しみにして待ったことを示す。
Failure to act under these circumstances demonstrates gross negligence.
これらの状況の下で行うことに関する怠慢は、重過失を示す。
In all of these actions and decisions, President George W. Bush has acted in a manner contrary to his trust as President, and subversive of constitutional government, to the prejudice of the cause of law and justice and to the manifest injury of the people of the United States.
これらの行動と決定の全てにおいて、法律と正義の原因の嫌悪感にとって、そして、アメリカ合衆国の人々の明らかな侮辱にとって、ジョージW.ブッシュ大統領は、ある意味で大統領としての彼の希望と反対で、憲法政府を破壊するふりをした。
Wherefore, President George W. Bush, by such conduct, is guilty of an impeachable offense warranting removal from office.
それゆえに、ジョージW.ブッシュ大統領は、そのような実施法によって、職からの除去を正当化している弾劾すべき罪で有罪である。
 

17.ジョージW.ブッシュ大統領弾劾告発書

 投稿者:不動明王メール  投稿日:2008年 6月18日(水)01時06分37秒
  ARTICLE XXIX
第XXIX条
CONSPIRACY TO VIOLATE THE VOTING RIGHTS ACT OF 1965
1965年の投票権法を犯す陰謀
In his conduct while President of the United States, George W. Bush, in violation of his constitutional oath to faithfully execute the office of President of the United States and, to the best of his ability, preserve, protect, and defend the Constitution of the United States, and in violation of his constitutional duty under Article II, Section 3 of the Constitution "to take care that the laws be faithfully executed,” has both personally and acting through his agents and subordinates, willfully corrupted and manipulated the electoral process of the United States for his personal gain and the personal gain of his co-conspirators and allies;
彼の実施法にアメリカ合衆国(ジョージW.ブッシュ)大統領が、忠実にアメリカ合衆国大統領のオフィスを実行して、彼の能力の及ぶ限りでは、保存するという彼の憲法誓いの違反において、保護する、そして、アメリカ合衆国の、そして、第II条の下の彼の憲法義務の違反の憲法を擁護しなさい、憲法の第3節、「法律が忠実に実行されるように用心するために、”は個人的に両方ともある、そして、彼のエージェントと部下を通して行うことは故意に彼の共謀加担者と同盟国の彼の個人の獲得と個人の獲得のためにアメリカ合衆国の選挙プロセスを腐敗させて、操った;
violated the United States Constitution and law by failing to protect the civil rights of African-American voters and others in the 2004 Election, and impeded the right of the people to vote and have their vote properly and accurately counted, in that:
2004のElectionでアフリカ系アメリカ人の有権者と他の市民権を保護することができないことによる米国の憲法と法律を犯して、そして、投票への人々の右を妨げて、そして、きちんと彼らの投票をあって、そして、正確に、それで、数えた:
A. On November 5, 2002, and prior thereto, James Tobin, while serving as the regional director of the National Republican Senatorial Campaign Committee and as the New England Chairman of Bush-Cheney '04 Inc., did, at the direction of the White House under the administration of George W. Bush, along with other agents both known and unknown, commit unlawful acts by aiding and abetting a scheme to use computerized hang-up calls to jam phone lines set up by the New Hampshire Democratic Party and the Manchester firefighters' union on Election Day;
ブッシュ-チェイニー'04社会長のために国立共和党のSenatorial Campaign Committeeの地域の責任者として、そして、ニューイングランドとして働くことが、ジョージW.ブッシュの管理中のホワイトハウスの指揮で、知られて、未知で他のエージェントと一緒にする間、2002年11月5日A. Onと、より前にそれに、ジェームス・トービンはコンピュータ化されたハングアップが国民選挙日にニューハンプシャー民主党とマンチェスター消防士の組合によって準備される電話回線をふさぐために招集する使用に計画を助けて、唆すことによって不当行為を行う;
B. An investigation by the Democratic staff of the House Judiciary Committee into the voting procedures in Ohio during the 2004 election found "widespread instances of intimidation and misinformation in violation of the Voting Rights Act, the Civil Rights Act of 1968, Equal Protection, Due Process and the Ohio right to vote;"
2004年の選挙の間のオハイオの投票手順への下院司法委員会の民主党のスタッフによるB. An調査は、「脅迫の広範囲にわたる例と投票権法(1968、Equal Protection、Due Processとオハイオ投票権の公民権法)違反の誤報」を見つけた;
C. The 14th Amendment Equal Protection Clause guarantees that no minority group will suffer disparate treatment in a federal, state, or local election in stating that:
第14のAmendment Equal Protection Clauseが少数民族がそれを述べる際に連邦主義者、状態または地方選挙で差別的取り扱いで被害を被らないと保証するC.:
"No State shall make or enforce any law which shall abridge the privileges or immunities of citizens of the United States;
「州は、アメリカ合衆国の住民の特権またはimmunitiesを要約する少しの法律もしないか、実施しない;
nor shall any State deprive any person of life, liberty, or property, without due process of law;
そして、法律の適法手続きなしで、どんな州でも、どんな人からでも生命、自由または資産を奪わない;
nor deny to any person within its jurisdiction the equal protection of the laws.” However, during and at various times of the year 2004, John Kenneth Blackwell, then serving as the Secretary of State for the State of Ohio and also serving simultaneously as Co-Chairman of the Committee to Re-Elect George W. Bush in the State of Ohio, did, at the direction of the White House under the administration of George W. Bush, along with other agents both known and unknown, commit unlawful acts in violation of the Equal Protection Clause of the 14th Amendment to the United States Constitution by failing to protect the voting rights of African-American citizens in Ohio and further, John Kenneth Blackwell did disenfranchise African-American voters under color of law, by
しかし、laws.”の等しい保護をその管轄権の範囲内のどんな人にでも、関係がないと言う、そして、2004年、ジョン・ケニス・ブラックウェル、そして、働くことでいろいろな時に、オハイオ、更にはオハイオの州のRe-ElectジョージW.ブッシュへの委員会のCo-Chairmanとして同時に働くこと州大臣が、ジョージW.ブッシュの管理中のホワイトハウスの方向で、知られて、未知で他のエージェントと一緒にしたように、オハイオでアフリカ系アメリカ人の市民の投票権を保護することができないことによって、米国の憲法に憲法修正第14条のEqual Protection Clauseの違反において不当行為を行いなさい、そして、さらに、ジョン・ケニス・ブラックウェルは、法律と見せかけてアフリカ系アメリカ人の有権者から選挙権を剥奪した、によっても
D. Willfully denying certain neighborhoods in the cities of Cleveland, Ohio and Columbus, Ohio, along with other urban areas in the State of Ohio, an adequate number of electronic voting machines and provisional paper ballots, thereby unlawfully impeding duly registered voters from the act of voting and thus violating the civil rights of an unknown number of United States citizens.
オハイオ、十分な量の電子投票機と暫定的な紙の州の他の市街化区域に加えて特定のクリーブランド、オハイオとコロンブス(オハイオ)の都市地区に関係がないと言っているD. Willfullyは投票する。そして、それによって不当に投票の行為から順当に登録された有権者を妨げて、このように未知の量の米国民の市民権を侵害する。
E. In Franklin County, George W. Bush and his agent, Ohio Secretary of State John Kenneth Blackwell, Co-Chair of the Bush-Cheney Re-election Campaign, failed to protect the rights of African-American voters by not properly investigating the withholding of 125 electronic voting machines assigned to the city of Columbus.
フランクリン郡、ジョージW.ブッシュと彼のエージェントでE.、オハイオ州務長官ジョン・ケニス・ブラックウェル(ブッシュ-チェイニーRe-選挙CampaignのCo-Chair)は、きちんとコロンブスの都市に割り当てられる125台の電子投票機の発表を控えることを調査しないことによってアフリカ系アメリカ人の有権者の権利を保護することができなかった。
F. Forty-two African-American precincts in Columbus were each missing one voting machine that had been present in the 2004 primary.
コロンブスのF.フォーティ-2アフリカ系アメリカ人指定地区は、2004の一次で存在した機械を投票で決めている各々の行方不明の人であった。
G. African-American voters in the city of Columbus were forced to wait three to seven hours to vote in the 2004 presidential election.
コロンブスの都市のG.アフリカ系アメリカ人有権者は、2004年の大統領選挙での投票に3~7時間待つために強制された。
H. Willfully issuing unclear and conflicting rules regarding the methods and manner of becoming a legally registered voter in the State of Ohio, and willfully issuing unclear and unnecessary edicts regarding the weight of paper registration forms legally acceptable to the State of Ohio, thereby creating confusion for both voters and voting officials and thus impeding the right of an unknown number of United States citizens to register and vote.
方法とオハイオ州の法的に登録された有権者になって、故意にオハイオ州にとって法的に容認できる紙登録書式の重さに注意していて、それによって有権者と当局に投票して、このようにレジスターと投票に未知の量の米国民の権利を妨げることために混乱をつくっている不明で不必要な命令を出す方法に関して不明で矛盾する原則を出しているH. Willfully。
I. Ohio Secretary of State John Kenneth Blackwell directed through Advisory 2004-31 that voter registration forms, which were greatest in urban minority areas, should not be accepted and should be returned unless submitted on 80 bond paper weight.
i.オハイオ州務長官ジョン・ケニス・ブラックウェルは、2004~31でAdvisoryを通して、80のボンド紙重量の上で提出されない限り、有権者登録書式(それは都市少数派エリアで最も多量だった)が受け入れられてはならなくて、戻されなければならないと指令した。
Blackwell's own office was found to be using 60 bond paper weight.
ブラックウェルの自身のオフィスが、60のボンド紙重量を使っているとわかった。
J. Willfully permitted and encouraged election officials in Cleveland, Cincinnati and Toledo to conduct a massive partisan purge of registered voter rolls, eventually expunging more than 300,000 voters, many of whom were duly registered voters, and who were thus deprived of their constitutional right to vote;
J. Willfullyは、登録有権者の大きい党派心の強い追放を実行するために、クリーブランド、シンシナティとトレドで選挙当局を許して、勇気づけた打ち倒す結局300,000人以上の有権者を消し去って、順当に登録された有権者が誰であったか、そして、誰がこのように彼らの憲法上の投票権を奪われたか多くの;
K. Between the 2000 and 2004 Ohio presidential elections, 24.93% of the voters in the city of Cleveland, a city with a majority of African American citizens, were purged from the voting rolls.
K. Betweenは、2000年と2004年のオハイオ大統領選挙、クリーブランド市の有権者の24.93%、大多数のアフリカ系アメリカ人市民と一緒の都市である、選挙人名簿から一掃した。
L. In that same period, the Ohio county of Miami, with census data indicating a 98% Caucasian population, refused to purge any voters from its rolls.
98%の白色人種の住民を示している国勢調査データで、その同じ期間(マイアミのオハイオ州)にL.どんな有権者でも追放に拒否するその打ち倒す。
Miami County "merged" voters from other surrounding counties into its voting rolls and even allowed voters from other states to vote.
マイアミ郡はその選挙人名簿に他の周囲の州から有権者を「合併して」、いっそう他の状態から投票まで有権者を許した。
M. In Toledo, Ohio, an urban city with a high African-American concentration, 28,000 voters were purged from the voting rolls in August of 2004, just prior to the presidential election.
トレド、オハイオ、高いアフリカ系アメリカ人の集中をもつ都市都市ではM.、ちょうど大統領選挙の前に、28,000人の有権者は、2004年8月に選挙人名簿を清められた。
This purge was conducted under the control and direction of George W. Bush's agent, Ohio Secretary of State John Kenneth Blackwell outside of the regularly established cycle of purging voters in odd-numbered years.
この追放は、コントロールとジョージW.ブッシュのエージェント(奇数の年に有権者を追放する定期的に特定されたサイクルの外のオハイオ州務長官ジョン・ケニス・ブラックウェル)の指導中で実行された。
N. Willfully allowing Ohio Secretary of State John Kenneth Blackwell, acting under color of law and as an agent of George W. Bush, to issue a directive that no votes would be counted unless cast in the right precinct, reversing Ohio's long-standing practice of counting votes for president if cast in the right county.
適切な州に投げられるならば、オハイオ州務長官ジョン・ケニス・ブラックウェルを許していて、法律と見せかけて行っていて、適切な指定地区に投げられない限り、投票が開票されない指令を出すために、ジョージW.ブッシュのエージェントとしてオハイオを逆にしているN. Willfullyは大統領のために投票を開票する長年の業務がある。
O. Willfully allowing his agent, Ohio Secretary of State John Kenneth Blackwell, the Co-Chair of the Bush-Cheney Re-election Campaign, to do nothing to assure the voting rights of 10,000 people in the city of Cleveland when a computer error by the private vendor Diebold Election Systems, Inc. incorrectly disenfranchised 10,000 voters
彼のエージェント、オハイオ州務長官ジョン・ケニス・ブラックウェル、ブッシュ-チェイニーRe-選挙CampaignのCo-Chairを許しているO. Willfully(個人のベンダー・ディーボルトElection Systems社によるコンピュータ・エラーが誤って10,000人の有権者から選挙権を剥奪したとき、クリーブランド市で10,000人の投票権を保証するためにそこなうために)
P. Willfully allowing his agent, Ohio Secretary of State John Kenneth Blackwell, the Co-Chair of the Bush-Cheney Re-election Campaign, to ensure that uncounted and provisional ballots in Ohio's 2004 presidential election would be disproportionately concentrated in urban African-American districts.
彼のエージェント、オハイオ州務長官ジョン・ケニス・ブラックウェル、ブッシュ-チェイニーRe-選挙CampaignのCo-Chairを許しているP. Willfully(オハイオの2004年の大統領選挙の数えてなくて暫定的な投票が都市アフリカ系アメリカ人の地区に不相応に集中することを確実とするために)。
Q. In Ohio's Lucas County, which includes Toledo, 3,122 or 41.13% of the provisional ballots went uncounted under the direction of George W. Bush's agent, the Secretary of State of Ohio, John Kenneth Blackwell, Co-Chair of the Committee to Re-Elect Bush/Cheney in Ohio.
オハイオのルーカス郡(それはトレドを含む)ではQ.は暫定投票の3,122または41.13%、ジョージW.ブッシュのエージェントの指導中で数えてなく動いた。そして、オハイオ(ジョン・ケニス・ブラックウェル)の国務長官がオハイオのRe-Electブッシュ/チェイニーへの委員会のCo-Chairであった。
R. In Ohio's Cuyahoga County, which includes Cleveland, 8,559 or 32.82% of the provisional ballots went uncounted.
オハイオのカイヤホガ郡(それはクリーブランドを含む)ではR.は、暫定投票の8,559または32.82%、数えてなく動いた。
S. In Ohio's Hamilton County, which includes Cincinnati, 3,529 or 24.23% of the provisional ballots went uncounted.
オハイオのハミルトン郡(それはシンシナティを含む)ではS.は、暫定投票の3,529または24.23%、数えてなく動いた。
T. Statewide, the provisional ballot rejection rate was 9% as compared to the greater figures in the urban areas.
T. Statewide、暫定投票拒否率は、市街化区域のより多量の名士と比較した9%であった。
U. The Department of Justice, charged with enforcing the Voting Rights Act of 1965, the 14th Amendment's Equal Protection Clause, and other voting rights laws in the United States of America, under the direction and Administration of George W. Bush did willfully and purposely obstruct and stonewall legitimate criminal investigations into myriad cases of reported electoral fraud and suppression in the state of Ohio.
U.はジョージWの方向と政府の下の司法省(アメリカ合衆国で1965、憲法修正第14条のEqual Protection Clauseと他の投票権法の投票権法を実施することを任されている)である。ブッシュは故意にして、故意に無数のケースの合法的な捜査を妨げて、妨害するの、オハイオの状態の選挙詐欺と隠蔽は伝えた。
Such activities, carried out by the department on behalf of George W. Bush in counties such as Franklin and Knox by persons such as John K. Tanner and others, were meant to confound and whitewash legitimate legal criminal investigations into the suppression of massive numbers of legally registered voters and the removal of their right to cast a ballot fairly and freely in the state of Ohio, which was crucial to the certified electoral victory of George W. Bush in 2004.
そのような活動(ジョンK.タナーその他のような人によってフランクリンとノックスのような州でジョージW.ブッシュに代わって部門によって実行される)は法的に登録された有権者の大きい量の隠蔽とオハイオの状態で公正に、そして、自由に投票を投ずる彼らの権利の除去の合法的な法的捜査を混乱させて、取りつくろうはずだった。そして、それは2004年にジョージW.ブッシュの証明された選挙勝利にとって重要だった。
V. On or about November 1, 2006, members of the United States Department of Justice, under the control and direction of the Administration of George W. Bush, brought indictments for voter registration fraud within days of an election, in order to directly effect the outcome of that election for partisan purposes, and in doing so, thereby violated the Justice Department's own rules against filing election-related indictments close to an election;
V. On、あるいは、ほとんど、2006年11月1日(アメリカ合衆国司法省のメンバー)は、党派心の強い目的のために、そして、そうする際に直接その選挙の結果を生じるためにジョージW.ブッシュ(選挙の日以内に選挙人登録詐欺による起訴をもたらされる)の政府のコントロールと方向の下で、それによって、選挙の近くに選挙関連の告発を提出することに対して、司法省の自身の原則に違反した;
X. Emails have been obtained showing that the Republican National Committee and members of Bush-Cheney '04 Inc., did, at the direction of the White House under the administration of George W. Bush, engage in voter suppression in five states by a method know as "vote caging," an illegal voter suppression technique;
X.電子メールは、ある「投票は檻に入れる」、共和党全国委員会とブッシュ-チェイニー'04社のメンバーが、ジョージW.ブッシュの管理中のホワイトハウスの方向で、方法による状態が知っている5で有権者隠蔽に係わった得られた展示(違法な有権者隠蔽テクニック)である;
Y. Agents of George W. Bush, including Mark F. "Thor" Hearne, the national general counsel of Bush/Cheney '04, Inc., did, at the behest of George W. Bush, as members of a criminal front group, distribute known false information and propaganda in the hopes of forwarding legislation and other actions that would result in the disenfranchisement of Democratic voters for partisan purposes.
マークF.「トール」ハーンを含むジョージW.ブッシュのY. Agents、犯罪の表向きの組織のメンバーが党派心の強い目的のために民主党の有権者の公民権剥奪に終わる法律と他の行動を進める希望の中に既知の間違った情報と宣伝を配信して、ジョージW.ブッシュの強要で、ブッシュ/チェイニー'04社の国民的一般的な弁護人はした。
The scheme, run under the auspices of an organization known as "The American Center for Voting Rights" (ACVR), was funded by agents of George W. Bush in violation of laws governing tax exempt 501(c)3 organizations and in violation of federal laws forbidding the distribution of such propaganda by the federal government and agents working on its behalf.
計画(「Votingライツのためのアメリカのセンター」(ACVR)として知られている組織後援で動かされる)は、税免除された501(c)3組織を定めていて、連邦法違反において連邦政府によってそのような宣伝の配布を禁じている法律違反のジョージW.ブッシュとそのために取り組んでいるエージェントのエージェントによって資金を助成された。
Z. Members of the United States Department of Justice, under the control and direction of the Administration of George W. Bush, did, for partisan reasons, illegally and with malice aforethought block career attorneys and other officials in the Department of Justice from filing three lawsuits charging local and county governments with violating the voting rights of African-Americans and other minorities, according to seven former senior United States Justice Department employees.
不法に、そして、アフリカ系アメリカ人の投票権を侵害することをもつローカルおよび州政府と、7人の元上級アメリカ合衆国司法省職員によると、他の少数民族を起訴している3つの訴訟を起こすことからの司法省の予謀の犯意ブロック経歴弁護士と他の当局と、党派心の強い理由のために、アメリカ合衆国司法省のZ.議員は、コントロールとジョージW.ブッシュの政府の指揮中で、した。
AA. Members of the United States Department of Justice, under the control and direction of the Administration of George W. Bush, did illegally and with malice aforethought derail at least two investigations into possible voter discrimination, according to a letter sent to the Senate Rules and Administration Committee and written by former employees of the United States Department of Justice, Voting Rights Section.
AA. 議会原則と管理委員会に送られて、アメリカ合衆国司法省(投票権部)の元従業員によって書かれる手紙によると、アメリカ合衆国司法省のメンバーは、コントロールとジョージW.ブッシュの政権の指揮中で、不法にして、予謀の犯意でありうる有権者差別の少なくとも2つの調査を狂わせる。
BB. Members of the United States Election Assistance Commission (EAC), under the control and direction of the Administration of Georg
 

レンタル掲示板
/6