teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


年金減額糾弾訴訟

 投稿者:松岡竹童  投稿日:2014年 6月22日(日)12時17分33秒
返信・引用
  米寿を超えたので、人間界での修行を終えて精神界への旅立ちを楽しみに していたところ、降りかかる火の粉は払わざるを得ず、国家賠償請求事件として提訴に及んだ。斯くなる上は、最高裁判決まで後5年位は死ねぬわいと呵呵大笑! \(^o^)/

http://homepage1.bb-west.ne.jp/leimb/

 
 

年は取りたくないね。

 投稿者:迷える旅人より  投稿日:2009年 6月19日(金)15時45分29秒
返信・引用
  10年前は気にもしなかった旅の疲れも年とともに身にしみて感じられる今日この頃となり寂しい限りです。久しぶりに1週間出張して感じたことは、隣国では北の脅威を感じてない(感覚が麻痺してる?)のかなと感じられるのですが、日本では明日にも何か起きそうな気にさせられるのは何故だろうね。北の挑戦に備えて何かしらを準備する?・・意識的に洗脳されてるのかな、とさえ感じられないでもない。備えあれば憂いなしでは済まされない事と思うんだが。平和な今の状態を維持して欲しい、戦争は絶対に嫌だと声高々に訴えたい!。
少し話は代わり、今回の出張でこれで年内は安心して寝ていられるかと思いきや、毎月の出張を命じられるとは。小生の年を考えて欲しい、凄く疲れるんです・・と心で懇願しても無駄だった。100年に一度といわれた金融危機も、ウオンも安定方向に向かってるし、これからは少しは安心して過せると思っているのは小生ばかりかなのかも。もっと勉強しなければいけないと、反省しきりの巻きでした。先輩後輩の皆さん、何か秘伝の勉強方法や良い話しがあったら是非早めに教えて下さい、ご指導とご支援を心待ちしております。以上
 

老体に鞭打って

 投稿者:迷える旅人より  投稿日:2009年 1月 7日(水)16時52分12秒
返信・引用
  100年に一度の・・なんて何回もあったらそれこそ大事ですよね、こんな世界恐慌とやらはご免被りたいです。以前に勤務していた会社が不景気の風に見舞われ韓国10大財閥の一つの傘下に入った為に、老体に鞭打って来年から又もや韓国通いが始まりそうです。若い時ならまだしも片足を何かに突っ込んでいる状態で何が出来るか不安が先に頭を過ぎります。世界巡りも当分お預けか?、今日この頃は悲しい気分に沈んでます。助け舟はいずこか。  

やっぱり!。

 投稿者:迷える旅人より  投稿日:2008年 6月30日(月)10時07分45秒
返信・引用
  何気なく旅行社の案内を見ていたら78旅行コースのある中でチュニジアが満足度2位だとさ。欧米のリゾート地として有名ですが日本での知名度は全く無いとのこと。確かにアフリカと聞いただけで身の安全を考えてしまいますものね。来年ころには日本からの直行便も出来て日本人の観光客で満員かな。トルコも以前は直行便も無く旅行者も少なかったが今は人気コースとなりましたもんね。昨夜のnhkのトルコの番組を見ても激動のさなかにある現状に驚きましたが、旅行した時に確かにそうした現場や状況を見てましたが、これからどうなるか関心が沸きます。世界は広いし見て聞いて理解を広めるのも又楽しなりかなですね。次の候補地は何処に。内緒でした。では地球のどこかで又会いましょうね。  

旅先で思うこと

 投稿者:迷える旅人より  投稿日:2008年 5月21日(水)11時13分52秒
返信・引用
  虫眼鏡で見なければ見えない程の人口1,000万人に足らないアフリカの小国でGNPもわずか730ドル/人、日本と比較もできない程の国でも人々は平和を堪能している。
何故なの?・・。国民を思う政治とお金と自己中心に徹する政治屋の違いか?。トルコの場合も失業率は高くEU加盟を拒否されているが国民は活気に溢れ、会うとにこやかにコンチワとやっと挨拶を言える程度だが、平和で生活を楽しんでいるさまが感じらる。片や年金だ後期高齢者云々だと騒いでいるのは、平和の証拠?なんて自慢にもならない寂しい話。
それにしても両国に共通して感じられることは、家々に国旗を掲げ国民としての誇りに満ちていることだろう。昔の栄華を夢後にして第二次戦争後の苦しい戦いの末に独立を勝ち取ったという歴史からか。我々も可能なれば、自己保身や金権に埋もれた政治屋と決別し、古きに学び明日に生きる希望を持ちたいとつくづくと思う次第である。
 

Re:夢かなえり

 投稿者:ヒキコモリ老人  投稿日:2008年 5月17日(土)15時51分51秒
返信・引用 編集済
  迷える旅人さんは諺のとおり実行されたのですね!私のような「ヒキコモリ老人」には行く勇気さえ起こりません。有言実行感服しました。

「漢(かん)の将軍の趙充国(ちょうじゅうこく)が、匈奴(きょうど)という民族が起こした反乱を平定することになったのじゃ。
皇帝は、趙充国に質問したのじゃ。
「将軍はどうやって反乱を平定するつもりなのだ?」
百聞は一見に如かず。すぐ現地に行って、調査をし、それから作戦を立てようと思います。」

それから1年、趙充国は見事に匈奴の反乱を鎮めたそうじゃ。」
 

夢かなえり

 投稿者:迷える旅人より  投稿日:2008年 5月16日(金)15時48分44秒
返信・引用
  長年の夢・・カルタゴの丘に立ちたい・・ついに夢実現せり!。ローマ帝国史を読んでいると一度は行って見たい気持ちに駆られ遂に19時間掛けて・・人は言う、アホかいと。アフリカに行くと言えば自殺に行くのと間違えられるほど。行って驚き玉手箱!チュニジアの両隣は爆弾を抱えた世界一?の危険地帯、後ろはサハラ砂漠。チュニジアは軍隊がいるのと思うほど見当たらない。病院も学校も全て無料。乞食も物貰いも全くいない不思議な国。いるのは美人と親日家と元気な子供たち。頑張れジャポン!・・会えば皆さんの口癖。チニス市街は世界中の人々で混雑。聞くと見るとでは別世界。カルタゴは素晴しいところ、と言うのが結論であった。見聞の機会を与えてくれた神に感謝!・・・。  

チェニジアへの思い

 投稿者:迷える旅人より  投稿日:2008年 4月 7日(月)09時13分11秒
返信・引用
  チェニジアに行くなんてとんでもない事と思いますか?。家族親類縁者全員が止めて!と悲壮感に満ちた表情で訴えるけど。野蛮で危険な国で命を奪われると思っているんでしょう。北朝鮮も見たいけど今は行けない。韓国から覗き見するしか方法ないもんね。その内に行ける日が来ると思うけど。チュニジアだって同じですよね。紀元前の素晴しい歴史を誇っているのに見ないては無いね、行けるんだから。という訳でから元気を出して行って来ます。  

Re:遺族年金と厚生年金

 投稿者:管理人メール  投稿日:2007年 6月27日(水)12時46分39秒
返信・引用
  以下のとおり65歳までは確かに遺族厚生年金かご自身の老齢厚生年金のどちらかの選択となりますが、65歳以降からは老齢基礎年金が支給されます。従いまして通常定年まで勤務した方と同額の年金が支給されることになると思いますが・・・

◇併給について・・・・・
※65歳までは、次のいずれかの選択受給になります。
①遺族厚生年金
②本人の老齢厚生年金


65歳以降は、本人の年金(老齢厚生年金+老齢基礎年金)を
優先的に受給し、差額の遺族年金(遺族の年金額が老齢厚
生年金額を上回ったとき)を併給することになります。

尚、差額の遺族年金額とは、次のいずれか多い金額です。
①遺族厚生年金額-本人の老齢厚生年金
②遺族厚生年金額×2/3+本人の老齢厚生年金×1/2-本人の
老齢厚生年金
 

遺族年金と厚生年金

 投稿者:匿名希望メール  投稿日:2007年 6月26日(火)22時24分27秒
返信・引用
  私は38歳で主人を亡して以来、遺族年金を受給していましたが、それと同時に22年間厚生年金を支払ってきましたが、60歳にはどちらかの年金ひとつを選択しなければなりません。しかし、どちらを選択しても、通常定年まで勤務した人の半額しか受け取れません。
私のような、未亡人の場合は両方の年金を受給できるよう、改善をおねがいします。
 

レンタル掲示板
/4