teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/431 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

本年度から北海道剣道連盟の居合道昇段審査の手続きが、一部変更になります

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月 7日(金)09時47分39秒
  通報 編集済
  先日(4月7日)に掲載した内容に、一部未決定の内容が含まれていましたので、他の文言も含めて修正して再度掲示いたします。
これまでにこの内容を読まれた方は、「函館地区および根釧地区の稽古会」での実施は現時点で未定であるため記述からは削除しましたので、この点にご注意ください。

北海道剣道連盟が実施する居合道の昇段試験(審査)の受け方(手続き)が、『平成29年度(2017年度)後期』から一部変更になります。昇段審査を受ける方はご注意願います。「H29年度前期」の審査での手続きは、今までと同じです。

1.居合道第一種審査(初段・二段・三段)を受けるとき

審査を受ける(「受審」といいます。)ためには、「第一種居合道講習会修了証書」が必要です。「修了証書」の有効期間は1年間です。

1-1.
道東地区講習会(部)、日胆地区錬成会(部)、道北地区錬成会(部)、函館地区講習会(道)、根釧地区講習会(道)の参加者には「修了証書」が発行されます。居合道第一種審査を受ける人は、その「修了証書のコピー」を申し込みの時に添付してください。
部:居合道部会が主催する行事、道:北海道剣道連盟が主催する行事

1-2.
審査の前日(通常、土曜日の午前)に開催される「受審者講習会」を受ければ、「修了証書」が発行されます。この「修了証書」受領をもって、翌日午後の実技審査を受ける資格が得られます。居合道第一種審査申し込みの時には、前日に行われる受審者講習会のへも忘れずに申し込んでください。忘れると審査を受けられなくなります。

2.居合道第二種審査(四段・五段)を受けるとき

審査申し込みの時には、すでに学科試験に合格している必要があります。学科試験に合格してから、審査の申し込みをしてください。学科試験合格の有効期間は5年間です。

H29年度後期居合道審査会(H30年2月実施)で居合道四段または五段を受審予定の方は、今年の前期講習会やその他の地区で実施する「第二種学科試験」を受けて合格しておいて下さい。
(H29年度前期の審査会で第二種審査を受審をする方は、これまでと同様に審査前日に学科試験を受けます。)

「第二種学科試験」は、道剣連派遣講師による次の講習会・錬成会で実施します。
 ・8/19・20 強化錬成会(H29年度のみ実施)
 ・9/30・10/1 北海道講習会(9/30午前中または10/1の講習会終了後・未定)
 ・前期・後期講習会

従って、平成29年度後期審査会の受審者対策として、平成29年度は上記のすべてで「学科試験」を行います。
ただし、H30年度以降は「強化錬成会」と「北海道居合道講習会」では学科試験を実施しない予定です。

また、本年度前期審査から「全剣連番号」の記入も必要になります。現在全剣連から郵送で確認通知が発送されています。その番号をご記入ください。


※ 内容を修正しました。再度ご確認ください。

 
 
》記事一覧表示

新着順:15/431 《前のページ | 次のページ》
/431