teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


第38回、雪の取立山登山(3)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月18日(月)18時26分57秒
返信・引用
  昼食を済ませ12時に下山に向けて出発。帰りは急坂も真下に下って、朝よりも更にショートカットして下り、いこいの森のコテージの裏側に出て、1時間25分で駐車場に戻って来た。早~。
冬なのに天候に恵まれた方で、白山は見えなかったが雪景色が素晴らしかったので良かった。未だ1時25分だったので、水芭蕉に寄って温泉入浴して帰った。
ー終りー
駐車場所→ 夏の駐車場→ 取立山頂上。   頂上出発→ 駐車場所戻り
8時15分   9時10分   10時50分     12時0分   13時25分

写真上、取立山頂上。後方は原高山方面。
写真中、取立山頂上。後方は白山だが・・・雲が。
写真下、取立山頂上。こつぶり山方向へ行く人が見える。雪が少ない。通常低い木は埋まっている。
 
 

第38回、雪の取立山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月18日(月)17時28分13秒
返信・引用
  頂上に近くなると馬の背になり、南側に雪縁(せっぴ)が張り出している所を過ぎると頂上だ。
駐車場所から2時間35分だったのでまづまづである。生憎白山に雲が掛っていて見えない。取立山から先に行く人も見受けられる。未だ10時50分だったが、風下の窪みにスコップで風除けの壁を作り、昼食にした。太陽が出ていたので寒くはなかった。天候が良くなったせいか、続々と登山者が上がって来た。
ー続くー
写真上、頂上手前の馬の背のせっぴ。右奥の黒い人影の所が頂上。
写真上、頂上近くの霧氷が綺麗。
写真中、頂上だが、白山が見えない!!
 

第38回、雪の取立山登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月18日(月)16時58分29秒
返信・引用
  いよいよ奥越方面の雪山登山に入って行きます。第1弾は17日、取立山(1,307m)に行って来ました。福井市から1時間で勝山市東山いこいの森、国道脇駐車場に着いたのが午前8時で満車。国道の膨らみに路駐して準備、アイゼンを装着して粉雪の舞う中、8時15分に出発。林道を所々でショートカットして最短距離で向かう。雪が少ないので藪を掻き分けて進む。55分で夏の駐車場台地に着き、初めての休憩。夜中に降った雪がパウダースノーで綺麗で気持ちいい。
いよいよ目の前に迫る前山を直登して行く。急登が3ヶ所あるのでゆっくり目で上がって行く。
上に行くほど気温が下がり、北風が強く、雪が吹き飛ばされ、凍えるような寒さだ。だがそれで樹木に付いた霧氷が綺麗だった。
ー続くー
写真上、朝の国道脇駐車場。
写真中、1回目の急登。後方の山を直登して行く。
写真下、3回目の急登。
 

第37回、雪の日野山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月11日(月)17時41分54秒
返信・引用
  下りは1時間35分で下りて来た。未だ11時だった。午前中で行って来れるのだから、手軽な山だ。
冬に入って、練習して無い人には丁度いい山だ。
冬山は出掛けるまでは寒くて億劫になるが、出てしまえば、歩き出せば身体が熱くなって、気持ちも清々して来る。

写真上、萱谷分岐。
写真中、日野山頂上。手前の日野山と書いた標柱が見えている。
写真下、積雪計55cm。先週よりも減っている。白山が見えない。
 

第37回、雪の日野山登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月11日(月)17時19分45秒
返信・引用
  10日、先週に続いて日野山登山に行って来ました。日野山(794m)は標高も場所も比較的近場で登り易い位置にあり、練習には最適な山である。この日も雪が散らついて気温が低く寒かったが、同伴者が行きたいという熱い思いが有ったので行きました。
荒谷コース登山口から7時40分スタート。雪は少ないのでアイゼンは付けずに上がって行くが、曇り空で前夜の積雪が樹木に付いていて幻想的である。25分で西谷コースと合流してからは枝に付いた霧氷が綺麗だった。萱谷コース分岐前後から新雪が先週よりは増えているが、アイゼンは付けずに上がって行く。1時間40分で頂上に到着。積雪計は55cmと先週よりも減っている。
曇り空に雪が舞っていて、白山が見えない。写真だけ撮って、アイゼンを付け直ぐに下山した。

写真上、荒谷登山口。前夜の新雪が幻想的。モノクロの世界だ。
写真中、西谷合流点。この辺は未だ雪が少ない。
写真下、其の後、上がって行くと枝に付いた霧氷が綺麗だった。
 

関西大学アイススケート部(2)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月10日(日)22時42分7秒
返信・引用
  白コスチュームの女子は4年生で今年春卒業、福井には3回演技に来ているということで、大きな花束が贈られた。  

関西大学アイススケート部(1)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月10日(日)22時32分15秒
返信・引用
  高橋大輔、織田信成などのオリンピック選手を配出している関西大学アイススケート部の演技がハピリンであったので見に行って来ました。学生ながら圧巻のジャンプ、スピンは凄かった。
特にビールマンスピンは良くあそこまで足が上がるものだと感心した。
男性は芸能界とスケート選手と掛け持ちする本田3姉妹の長男だとか。
でも、この人達のレベルでは日本のトップクラスには入れないという。
 

第36回、雪の日野山登山(3)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月 3日(日)23時01分34秒
返信・引用
  写真上、日野山頂上。誰が造ったのか雪ダルマが。
写真中、頂上の積雪計。80cmを示している。奥には白山が見える。
写真下、下山途中の鉄塔広場から新幹線南越駅の工事現場が見えた(青色の所)。
 

第36回、雪の日野山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月 3日(日)22時29分1秒
返信・引用 編集済
  頂上に1時間40分で到着。コースタイムより10分早く着いた。この頃になると上空に雲が掛って来たが、白山のある奥越方面は青空で晴れている。白山がくっきり見えて綺麗だ。この時は取立山に行っても良かったかなと思ったが、家に帰って他の人のHPを見たらガスでホワイトアウトの状態だったらしい。
日野山頂上の積雪計は80cmを示していた。例年より少ない。未だ9時半なので昼食という訳にもいかず、写真を撮って10分ほど居て下山した。下りは慎重を期してアイゼンを付けた。駐車場には11時半に着いた。
帰りにベルに寄って恵方巻を買って帰り、家で食べた。12時過ぎに雨が降り出して来た。たいてい予報より早く降りだす事が多いので、頭に入れておきたい。今日はいい練習になった。
ー終りー
写真上、西谷尾根から見る白山。この時が一番綺麗だった。
写真中、萱谷分岐。やはり雪は少ない。
写真下、頂上の鳥居。積雪の目安だが、やはり少ない。
 

第36回、雪の日野山登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 2月 3日(日)21時57分29秒
返信・引用
  2月3日は節分の日で恵方巻を食べる風習がある。天気予報を見ると午前中晴れ、午後3時ごろから雨となっている。取立山に行こうか迷ったが、出発前の午前7時前の予報を見たら10時頃から曇って来るのに変わっていた。それで急遽日野山(794m)に行き先変更した。日野山なら近いし、登山時間も知れている。安心だ。
7時に家を出て、40分に荒谷登山口に着く。先着の車が2台ある。準備をして7時50分登山開始。青空で日が差してこれはいい日だなと思って登って行ったが30分ほどで雲が広がって来た。
登山道の雪も山陰になる所は雪が有るが、日当たり箇所では消えている。
40分で西谷コースとの分岐尾根に着き、暑いので服装調整して上がる。上に行くほど雪が出て来るがアイゼン無しで上がって行く。早下りて来る人も居たがアイゼンしていない。
萱谷分岐からは雪も増えるが、付けるのも面倒くさいのでそのまま上がって行った。
ー続くー
写真上、荒谷登山口の日野神社横を上がって行く。
写真中、山陰の雪の状態。
写真下、最初の鉄塔の所から鯖江、福井方面を見ると未だ霧(雲海)が広がっていた。
 

レンタル掲示板
/124