teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


尾瀬ケ原

 投稿者:内田光雄  投稿日:2019年 8月23日(金)00時10分15秒
返信・引用
  刈込池に一緒


 
 

ナイター陸上競技大会

 投稿者:代表  投稿日:2019年 8月20日(火)22時40分38秒
返信・引用
  8月17日(土)に福井運動公園9,98スタジアムで行われた、アスリート・ナイト・ゲームズ・イン・フクイを観に行って来ました。クラウドファンデングで運営資金、選手に活動資金で785万円が集まったという。寄付した人はグラウンド中で観戦や選手と記念写真が撮れる見返りが付いている。走り幅跳びで日本記録、女子100Hで日本タイ記録が出て、歓声が上がった。100mの桐生祥秀は1位だったが、10秒05だったのでガッカリ。

写真上、競技場前に桐生の人形ディスプレー。
写真中、ナイター陸上。
写真下、いよいよ100mのスタート。オーロラビジョンに桐生が映し出される。
 

白山登山(4)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 8月 2日(金)15時06分34秒
返信・引用
  写真上、クロユリ。
写真中、帰りはエコーラインを下った。弥陀ヶ原はコバイケソウで埋め尽くされていた。
写真下、エコーラインも花が多かった。ハクサンコザクラ。
 

白山登山(3)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 8月 2日(金)15時02分27秒
返信・引用
  山頂ではガスが掛り、涼しく感じたが、北アルプス方向は雲が広がっていてお目当ての北アルプスは見えなかった。

写真上、御前峰より室堂を見下ろす。
写真中、オレンジのクマユリ、ピンクのハクサンフウロ。
写真下、紫のイワキキヨウ。白いイワツメクサ。
 

白山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 8月 2日(金)14時54分21秒
返信・引用
  室堂に9時に到着。3時間35分で到着。10分間休憩してサブバックで身軽になって御前峰に出発。

写真上、神社裏からの登山道を上がる。お花畑はコバイケソウが多かった。ここから上が辛かった。ゆっくり、ゆっくりになってしまった。
写真中、御前峰頂上標柱。
写真下、火口湖の池が見える。雪は少なくなった。
 

白山登山(1)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 8月 2日(金)14時42分32秒
返信・引用
  実は先の至仏山登山に行って来てから風邪で体調を壊し、病院か通いをしていた。至仏山から下りて来て他の人を待っている間が寒く、又帰りのバスの中も寒かったのだ。バスの中には半袖の人も居てエアコンを切ってくれとも言えなかった。それで練習もままならず、ようやく回復したのだった。
他の人の山ブログを見ていると、白山の花が最盛期だと知って知人に声を掛け、早速出かけました。平日なので別当出合まで自家用車で進入出来たので楽だった。

写真上、未だ涼しい5時25分、別当出合で登山届を出して出発。
写真中、7時10分甚之助小屋に着く。大休憩。この間1時間45分で来たので早い。
写真下、8時30分、クロボコ岩を過ぎて弥陀ヶ原で御前峰を仰ぎ大休憩。
 

至仏山登山(5)花

 投稿者:代表  投稿日:2019年 7月17日(水)21時29分26秒
返信・引用
  写真上、ミヤマアズマギク。
写真中、ミヤマシオガマ。
写真下、ホソバヒナウスユキソウ。
 

至仏山登山(4)花

 投稿者:代表  投稿日:2019年 7月17日(水)21時22分33秒
返信・引用
  写真上、ユキワリソウ。
写真中、ハクサンチドリ。
写真下、チングルマ。(花と綿毛)
 

至仏山登山(3)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 7月17日(水)00時12分11秒
返信・引用
  上り2,9km=CT3時間を、2時間55分で歩行。
下り4,5km=CT2時間30分を、2時間20分で歩行。

写真上、上り中腹でお花畑。
写真中、至仏山山頂。
写真下、下りの雪渓付近はガスが濃かった。
 

至仏山登山(2)

 投稿者:代表  投稿日:2019年 7月16日(火)23時46分50秒
返信・引用
  下山は小至仏山を経由して鳩待峠に向かう稜線コース下る。中腹辺りで、登って来るツアー客の団体と擦れ違う。雪渓も残っている。こちらのコースは1,5倍長いのが辛かった。
鳩待峠に11時25分に下山した。そこで全員降りて来るまで待つのが又辛かった。
バスツアーでは悪天候の他に、練習もしないで来る人がいる為、どうしょうもない。バスで行くのをやめるしかない。
ー終りー
写真上、上りの鎖場。大きな1枚岩があった。
写真中、下、中腹で一時霧が晴れ、尾瀬の湿原と正面奥にひうちヶ岳が見えた。
 

レンタル掲示板
/132