teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


120枚の道標づくり補足

 投稿者:  投稿日:2018年10月15日(月)14時52分47秒
返信・引用
  ひめひじき事務局長の補足です。やっと私が子連れで参加できた作業、ほぼ10年ぶりという手作り道標120枚への記入でした。快晴の養春小グランドで。この下準備も大変だったと思われます。朝から事務局長とどのようなデザインで進めるかを検討しましたが、結局、白文字、赤矢印、英語表記入りを手書きすることになりました。ひめひじき局長の丁寧な切り出し文字もありますが、たっつん、萩やんが黙々とひたすら書きまくり、私はせっせと矢印をいれました。グランドに広げて干し、あとの片づけは事務局長にお願いしました。4歳児の隊員2人も、ペンキを嫌がりながらも、おじさんたちの作業を見学しつつ交遊を深めていました。次に道標を作るときは、彼らが頑張ってくれるはずです。  
 

清水峠の倒木処理

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2018年10月15日(月)09時28分31秒
返信・引用
  パトロール報告によると、清水峠にかなりの倒木が発生しているとのこと、

地蔵峠下の津荷郷に橋を掛けたのち、タケポン、イーチャン、中ちゃん(新人)の4人で行ってきました。

杉、大きな雑木が古道を塞ぎ、安全に古道歩きができない状態になってました。

伐って、伐って伐りまくる。そんな作業だったので、夜9時半にバタット寝ました。

 

津荷郷の橋

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2018年10月15日(月)09時16分2秒
返信・引用
  昨年流れてしまった津荷郷に橋を掛けてきました。  

作業&道標づくり

 投稿者:ひめひじき  投稿日:2018年10月14日(日)20時08分23秒
返信・引用
   今日は朝から地蔵峠の架橋と清水峠と八郎峠の倒木除去作業を行い、養春では手作り感たっぷりの道標づくりを行いました。とりあえず道標の写真。  

佐部の湯の谷、土砂で埋没

 投稿者:けいちゃん  投稿日:2018年10月11日(木)17時36分25秒
返信・引用
  南紀熊野ジオパークセンターで使う映像のロケハンでジオサイトの佐部の湯の谷に行ったところ、あれだけの台風のあとでそれなりの倒木は予想していましたが、土砂が流れ込み、ほとんど埋まっていました。岩盤に刻まれた薬師如来の文字や仏像などもコケに覆われてよくわからなくなっている状態なので、いちどあらける必要があると思います。  

週刊文春

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2018年10月 9日(火)15時51分14秒
返信・引用
  9月の半ば頃、文芸春秋の記者から取材を受けました

文芸春秋・10月4日号に掲載されていました。

和歌山県では、紀伊大島と友ヶ島を取材するそうです。
 

古道にかぶさった大木

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2018年10月 2日(火)18時45分41秒
返信・引用
  台風24号の強風で倒れ、古道にかぶさったヤマモモの大木を、タッツンとツッチイーとで除去してきました。

6日の環境保全道普請ウオークの安全のための作業で、生木のうちに伐った方は処理しやすいからです。

清水峠でも、3本倒れていたそうです。

店の玄関横のブロックにかわいい動物がへばり付いて、眠っていました。
夜になったら飛んでいくでしょう。
そのままにしておきました。




 

グンバイヒルガオ流出

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2018年10月 1日(月)18時51分22秒
返信・引用
  台風一過の朝、グンバイヒルガオの様子を見に行ったところ、グンバイヒルガオの砂丘が全て流出していた。

ゴミ、ハマゴウの根っこなどがグチャグチャになった中に、弱ったグンバイヒルガオのツルを2株とりだすことが出来た。
さらに、ちぎれた根付きのツル2本を見つけ、安全な場所へ移植を試みた。
ヒロコチャンが助っ人してくれたので、手伝ってもらう。

2株残って処は、砂丘の高さにして60~70㎝も流出しているから、高さを確保しなければ、次回の台風で全滅するだろ。

協力頼みます。
 

アアー古道が

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2018年 9月29日(土)19時21分19秒
返信・引用
  タッツンから緊急を告げる・・・・・・電話が・・・・カメラを持って田子へ走りました。

ナンダ~~。

古道に小型ユンボがのって、古道を搔いているではないか~~~

事情を聞くと、避難路の整備だという。
「ここは、文化財指定されていないが、石畳みの上にセメントを張られているから世界遺産指定されなかっただけで、埋蔵文化財になる・・・」

県の文化財課の担当と話すと、「そこはまずいです。工事されるのだったら調査しなければならないところで、町の担当者に電話します」ということでした。

工事の方の話では、「石畳みは無かったです、セメントをはがすのはここまでです」とのこと。

2m先に明らかに石畳があり、あぶなかった。

残念なことに、町に大辺路の古道だという認識が欠如していた。


 

サマツ探しに見えた風景

 投稿者:狼おじさん  投稿日:2018年 9月24日(月)14時54分26秒
返信・引用
  サマツを探しに森へいってきました。
しかし、一週間前と違って、キノコがあまり生えていない。
残念、今年も、サマツは一本もゲットできなかった。
100本採っていた頃が、懐かしい。

でも、古座川の見たことの無い、風景をゲットできました。

オオオオットという風景も見られますよ、もうちょっと待ってね。
 

レンタル掲示板
/210